忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに、パーラーはまの屋。

    30ebeda1.jpeg有楽町と丸の内のちょうど境目あたりと言えばいいのでしょうか。
    ドッシリとした三菱地所的オフィスビルの地下。
    丸ノ内線を通勤ラインに使うボクとしては、決して遠くなった訳じゃない。
    むしろ、かつてよりも使いやすくなった場所のはずなんだけど、何故だか気持ちが向かってなかった。
    それで今日。
    ぶらり途中下車な気分で朝を食べにやってくる。

    あいかわらずののどかな雰囲気。
    六本木系とも渋谷系ともまるで違った、昭和な雰囲気の大手町のサラリーマンが日経新聞を開いてくつろぐ。
    白いシャツに蝶ネクタイのいつものおじさんに、おひさしぶりネ…、って挨拶されて恐縮しながらいつもの椅子にちょこんと座る。

    8b188512.jpegハムと玉子の…、と言い始めると、すかさずおじさん。
    「トーストをしてサンドイッチね」って、ボクの注文を先回りする。
    コーヒーは?って、聞かれてブレンド。
    ホットでネって、最小限の言葉でなのにとても濃密なコミュニケーションができてしまうのがうれしいトコロ。

    厨房の中でタプタプ玉子を割って溶く音がする。
    タプタプタプタプ、白身と黄身がキレイにひとつに混じり合うまで丁寧に。
    シッカリ混ぜたら、今度はジャジャッと焼く音がする。
    しばらく待ちます。
    その待つ間にコーヒーがやってきて、そして最後に、サンドイッチが出来上がる。
    ハムとレタスのサンドイッチ。
    それから焼いた玉子のサンドイッチ。
    どちらも不思議なほどにシンプルで、そっけないほど普通の味。
    ハムとレタスはマヨネーズ味。
    焼いた玉子はほんの少しの砂糖と塩。
    ハムもレタスも玉子も多分、どこにでもある普通のモノで、なのに何故だか本当においしい。
    自分が作るサンドイッチもかなりの線をいっている…、って思っているけどココのサンドイッチは本当に旨い。
    弟子入りできるとしたらばここでこのサンドイッチの作り方を習ってみたいと思うほど。

    2f480128.jpegボクが2つに切るパンを、ここのお店では4切れに切る。
    しかもその4つに切ったサンドイッチを、立てて並べる。
    特別、ギュッとパンと具材を押し付けているわけではないのに、バラバラにならずスクッと立っている。
    互いに支え合って立っているのかと言うと決してそうじゃなく、最後の一切れまでがシッカと自立している。
    薄切りのパン。
    よく焼けカサカサ。
    なのにこの健気な姿がなぜ見られるの?って、いつも不思議に思って真似る。
    上手くできない…、おもしろい。

    ネルドリップで落としたコーヒー。
    一杯毎に手鍋にとって、熱々にしてコーヒーカップに注ぐタイプで本当に熱々。
    最初はフウフウしても唇焼いて飲めぬほど。
    酸味が強くて、苦味がスクッとたちあがるビターな出来栄え。
    だからフレッシュミルクを入れて飲むとおいしくなってくる。
    ポタッとクリームピッチャーから一滴落とすと、グルグル、白い渦をなしスプーンで混ぜることもないのに、ユックリ、ユックリ、混ざり合ってく。
    まるでマジック、ぬるくもなって飲みやすい。

    d21bd6fb.jpeg小さなお冷や用のかわいいグラス。
    樽型とでもいいますか。
    口と底がほぼおんなじ大きさで、真ん中に向かって膨らんでいく。
    両手でそっとくるんでやると、ちょうどキレイに隠れてしまう、そんな大きさ。

    あれ?まてよ…、ってちょっと考え、思い出す。
    これは銀座ウェストで使っているグラスとおんなじじゃない?
    あそこのグラスには天使のマークが入ってて、清楚で豪華に見えるけど、形はおんなじ。
    氷が溶ける前にお水を飲み干せる。
    今日みたいに蒸し暑い日は、座ってまずは一口煽ってなくなってしまう。
    つまりお替わりおねだりするよな、贅沢グラス。
    お店のおじさん。
    ボクがグビグビ飲むのを見かねて、ピッチャーもってボクの横にしばらく立ってた。
    お水は体にいいからねぇ…、ってニッコリしながらまるで椀子そばのような飲んでは注ぎ、また飲んで。
    グラスの表面ビッチリ埋める、冷たい水滴。
    夏のゴチソウ…、ありがたい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    嗚呼、はまの屋!
    おいしそうですね~。
    平日は難しいので、近いうちの土曜日に行かなくては・・・。

    ウエストの樽型のコップ、家にあります。
    お店のものと完全に同じかはわかりませんが、
    ウエストでプリンを買うと、あのコップに入っています。
    家でお水を飲むときは、もう少し大きなコップがいいですが、
    食器棚の中にちょこんと入っていると嬉しくなります。

    私は昨日ウエストの青山ガーデンに行きまして、
    ホットケーキを頂いてきました。
    まるでテンピュールのような、ふんわり弾力のある、
    空前絶後に美味しいホットケーキでした。
    (そしてとても大きくて、びっくり)
    同行者の頼んだトマトとモッツァレラのオムレツも美味しく・・・。
    次回行くときは、ホットスフレを食べるぞー!と、意気込んでおります。

    これじゃ、やせないなぁ・・・。
    tonamiさん / 2010/07/26(Mon) /
    青山ガーデン
    > tonamiさん
    青山ガーデンはまだ行けていないのですよ。
    あぁ、そのホットケーキ。
    今晩から夢に出てきそうです。

    はまの屋さんの土曜日のお昼間。
    とてものんびりとした雰囲気で空気もおいしい感じがします。
    是非。
    その際はバナナジュースをお召し上がりになるのを忘れぬように。
    シアワセを作ってくれる飲み物です。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/26(Mon) /
    オベント! HOME ヒルトヨル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]