忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を有楽町ではじめる今日…、オキニイリのお店に行こうと丸ノ内線の銀座の駅からちと歩く。



    マリオンの大きな吹き抜けを通りぬけ、ちょっと歩くと山手線のガードが見える。
    ガード下にまた新たな商業施設ができるのでしょうか…、工事囲いができていていつもののどかな景色がちょっと、騒々しくてビックリします。
    国鉄がJRになってからというもの、開発意欲の旺盛なること。それもビックリ。
    ガードの向こうの交差点。
    ひときわ明るく、今日は涼しい風が人の気持ちを誘うよう。しかもいつも以上に人が多くて、街の動きを感じる朝。



    はまの屋パーラーにやってきました。
    一時期、創業したメンバーが年を取ったことを理由にお店が閉店されて、歴史が途切れそうになった店。
    それを若い人たちが引き継ぎ今に至っている。
    若い人たちなりに例えばホットケーキやバゲットを使ったピザトーストとか、新しい試みもしてはいるけど、基本、昔のままを守っているのがなんとも健気で応援したくなるお店。



    しかもかつてココのお店をやってた人たちが、ときおりやってきては手伝いながら昔の流儀を教えてる。
    時代を引き継ぐ学校みたいな、そんな雰囲気がまたウレシ。
    かつてのココの名物料理がサンドイッチ。
    中でもハムと玉子のサンドイッチ。パンをトーストして仕上げるのが一番人気でそれにする。
    たのむとカシャカシャ、玉子を割ってほぐしてジャジャっと焼く音がする。それに続いてパンが焼ける匂いがしてくる。それも昔の通りの先味。食パン一枚を4切れに切り、お皿にキレイに盛り付けるのもココの流儀で、それも健在。



    カサッと焼けたトーストブレッド。サックリ歯切れて、中の具材を受け止める。
    ハムはムチュンと歯ごたえがよく、レタスの葉っぱがシャキッと砕けて口をみずみずしくする。
    玉子はふっくら。若干、芯の部分がトロリとなめらかに仕上がっていて、これは昔の状態よりもおいしくできていたりする。
    薄切りのパン。しかも一枚を4つに切って細く仕上げる。だから口にすんなり入って、スパッと歯切れる。なんともステキなエレガンス。おいしい以上に食べることが楽しくなるような姿がゴチソウ。



    今日は温かいコーヒーをなんだか飲みたく、それをお供にして朝とした。
    いっぱい、一杯、ハンドドリップで落とすコーヒー。
    アメリカからきて、それを売り物にする店がある。けれどそんなコトなんてとうの昔に日本では当たり前にしているお店が沢山あって、何を今更…、って思ってしまう。
    軽い酸味が後味すっきりさせるコーヒー。頭のスッキリ、目が覚める。


    関連ランキング:喫茶店 | 有楽町駅日比谷駅銀座駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    気持ちの余裕とココロの富貴
    一杯いっぱい、自分のためにハンドドリップされたコーヒー。
    コーヒーメーカーで落とされたコーヒーと、豆は同じでもまるで違って感じるのは、ドリップする技術以上に、そこに気持ちの余裕があるからなのだと思います。

    以前サカキさんがほぼ日で「ココロの富豪」のお話を書かれていましたね(あのお話、大好きです)。本当の富豪でなくても、ココロの富豪は自分次第でいつでもなれる。
    日本の喫茶店が与えてくれる気持ちの余裕が、
    もっと見直されてほしいな、と思います。
    RHEIAさん / 2015/08/18(Tue) /
    痩せていくココロ
    > RHEIAさん
    今の時代。
    ぼんやりしていると、どんどんココロが痩せていきます。
    さまざまな世知辛さはまるで冷凍庫。冷凍庫の中に長らく放置された食材から水分がぬけて、どんどん痩せていくのと同じようなコト。
    だからココロを痩せさせないように、ゴキゲンを見つけてたのしむことを心がけたいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/08/19(Wed) /
    有楽町の慶楽で昼 HOME おなじみのとんかつ、ゆきずりのステーキ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]