忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    上野、御徒町にスゴイとんかつ専門店があるんですよ…、と、仕事の仲間に教えてもらい、たまたま御徒町経由で帰る今日に覗いてみようと思った。



    「山家」という店。これで「やまべ」というのがちょっと独特。
    御徒町の山手線の線路に沿って、立ち飲み居酒屋が建ち並ぶちょっと下世話な通りに面して、ここだけちょっと異質な雰囲気ただよう老舗な店構え。
    白いのれんに「とんかつ」の文字。それから店名。
    引き戸をガラリと開けて入ると、奥へ奥へと続くカウンター。中にはキッチン。
    夕食としては遅めの時間。にもかかわらずカウンターは満席で、しかも次から次へとお客様がやってくる。



    テキパキ料理が作られる、カウンターの中の作業をみながら待ちます。
    大きな鍋に油が沸いててそこに素材をそっと入れ、こんがり揚げたら引き上げしばらく休ませる。
    休ませるコトで芯までフックラおいしく仕上がる。そのタイミングを見極めるまでが揚げ手の仕事。そろそろ食べ頃と判断したら指示出しをして、女性スタッフが切り分けお皿に盛り付ける。揚げ手は揚げる作業に専念。熟練を必要とせぬ盛り付けは他の人が…、とこういう分業が自然にできる合理的なる仕組みにビックリ。



    それにしてもうつくしく磨き上げられた白木のカウンター。手を置くと、ピトッと吸い付くような食感。撫でるとスベスベ。ずっと手をおき味わっていたくなるのがステキな、おいしい先味。
    カウンターだけじゃなく壁のタイルにダクトを覆うステンレス。お店の隅々が磨き上げられ、そこで働く人たちの白い制服もパリッとしてる。
    このお店…、どことなく神保町の「いもや」のようで、そう思わせる要素のひとつがこの清潔ともひとつ値段。



    1000円以上の商品はなく、ボクがたのんだヒレかつはたった900円。しかもそれでご飯に汁に漬物がつくというアリガタサ。
    丸太ん棒状のヒレ肉をストンストンと筒切りにして、それをこんがり揚げて2枚。
    パン粉はかなりギッシリついてて、黄金色した揚がり加減。甘めに作った食パンを使って揚げているのでしょう。
    追加でとったエビフライはちょっと小さめ。けれど甘くてプチュンと弾ける食感。



    肉はおどろくほどにフックラしてて、サクッと歯切れてパン粉がカラリとちらかるおいしさ。
    塩と胡椒がしっかり肉にほどこされていて、ソースをつけずも食べられて肉の旨味や甘みを思う存分味わえる。
    ロースの肉は脂が甘くてなめらか。なによりお供にとったアジフライの大きく、身厚でフックラとしたことにはウットリ。
    ソースは辛口が一種類。それに醤油がカウンターの上に置かれているだけで、余計なモノは一切置かぬ。この値段ですからご勘弁という気風の良さがまたいい感じ。



    固めに炊けたご飯も、ココのフックラとしたとんかつにほどよき相性。しじみの汁にはイリコの出汁がしっかりきいてて、味わい深し。
    追加でとった「わさび昆布」が、ビリリと辛くてご飯がすすむ粋な相棒。
    ボクらが食べてる間もずっとひっきりなしにお客様がくる。
    肉や揚げ方にこだわった、唸るようにおいしいとんかつのお店はたくさんあるけれど、1000円超えぬ値段でお腹を満たせるとんかつ。そのためご飯のおかずに食べておいしいように、特にやわらかな噛みごたえに特化したほどよきおいしさに舌を巻きます。近所にあったらいいのになぁ…、って思ったお店。オキニイリ。


    関連ランキング:とんかつ | 御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    これは!
    なかなかすてきな

    カツ

    いいなあ
    ネコスタさん / 2015/06/02(Tue) /
    やまべ
    先日、ごく親しくしてもらっている女子に連れて行ってもらいました>山家

    私もサカキさんと同じ印象で、いもやさんと同じ空気感を感じました。
    私は、鯵フライが食べたくてミックスにしたんですが、これは美味!カツも分けてもらって食べましたが、一口毎にうなる美味しさ(^-^)

    私も1度行って、大ファンになりました!
    りょーさん / 2015/06/02(Tue) /
    追伸
    美味しそうに食べた私がオキニイリ(^-^)、と言ったときの女子の笑顔もとてもよかったです!

    ただ、普通に大盛ごはんなので、ソコだけ胃袋と相談ですね!
    りょーさん / 2015/06/02(Tue) /
    曙橋の
    「近所にあったらいいのになぁ…」で思い出しましたが
    先日、曙橋サンマルクの裏、スーパーの近くの
    もと とんかつ和幸があったところに
    「山さき」という
    器も、のれんも、清潔感も、お値段も、ソックリなお店があります。
    山家の系列だというブログもあり http://kamode.exblog.jp/23882305 
    いやただオーナー同士が知り合いなだけという説もあり http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13181579/dtlrvwlst/ ですが、
    いずれにせよ 私もそっちは行ってみました。
    店員さんが感じが良かったです。
    私は食べてないですが、わさび昆布もありましたー。
    しろはなげさん / 2015/06/02(Tue) /
    老舗とは違った
    > ネコスタさん
    初々しさがあります。
    なにより気軽な価格と清潔なお店。
    カツの写真を撮っていたら、断面をキレイに写してくださいよとかって一言添えてくれたりする。
    優しい店です。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/02(Tue) /
    ボクも小盛り
    > りょーさん
    周りの人たちが食べているご飯をみて、小盛りでお願いします…、っていいました。
    それでも十分、多めの一杯分。
    そういうところもサービス精神旺盛というコトなのでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/02(Tue) /
    そうなんです!
    > しろはなげさん
    曙橋の和幸があった跡地ですよね。
    Facebookでつながって頂いている方が教えてくれました。
    ラーメンの「家系」ならぬ、とんかつの「山系」。
    増えるのかもしれませんね。
    近々、行ってみようと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/02(Tue) /
    無題
    東北だと「山家」と書く「やんべ」さんが多いですよ。
    とおりすがりさん / 2015/06/02(Tue) /
    なるほど
    > とおりすがりさん
    東北にルーツをもつ方がやってらっしゃるんでしょうか…。
    なんだか興味が湧いてきます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/02(Tue) /
    暖簾とカウンター
    両国の「いちかつ」のオーナー山家さんが、御徒町で始めたお店だと聞きました
    …今は、御徒町に2店

    勝手にサカキサンの写真にたくさん写っている眼鏡の方がオーナーでないかと思っています
    …よく似た若い方が息子サン!?
    お肉の旨みが少し少ないですが、トンカツは衣もあるので値段を考えると嬉しいお店
    冬は冷凍ですが、美味しい牡蛎フライが食べられます
    何より、お店で働く人の姿がとっても素敵なお店です
    …これも味のうちですね

    私も「山家」に行って「いもや」を思い浮かべました
    「いもや」は天婦羅屋サンが先ですが

    「山さき」…暖簾が同じですね
    食べ物屋サンには珍しくひょろっとした字ですが、味があります
    …結構好み ^^)

    白木のカウンターというとニスがかかっていない「とんき」のカウンターのイメージで、ニスがちょっと気になります
    「とんき」は系列店!?と思われるお店が、山手線の駒込駅にあります
    Jamisさん / 2015/06/06(Sat) /
    やさしいお店
    > Jamisさん
    いもやさんもとんきさんも、そこで働く人を大切にするやさしいお店。
    けれど、それと同時に、お客様をもてなすということに対して、厳しく自らを律するお店でもあろうかと思います。
    その厳しさの象徴が白いカウンター。
    山家さんを見ていて、そう感じました。

    このご主人。
    ボクがカメラを構えていたら、とんかつをおいしそうに撮って下さいね…、って応援してくれました。
    うれしかった。ファンになりました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/06(Sat) /
    DD HOME チャンキチャチャンテン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]