忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    板前寿司ってお店でランチ。

    ef93d03a.jpeg香港でスんゴク繁盛している寿司屋が日本に逆上陸したって話題になった店。
    毎年、築地の初競りでおどろくような値段でマグロを落札するので有名な店でもあったりします。
    中国というおおらかな国では、「ご祝儀相場」って言葉がいまだ健在なんでしょう。
    赤坂と銀座コリドー街にお店を出していて、前から来たくてやっと今日。

    このコリドー街っていう場所。
    日比谷と銀座を区切るように走る高速道路の下にズラッと店が並ぶ飲食店の激戦地。
    特にこの数年、次から次へとお店ができた。
    新興チェーンが大箱系のダイニングレストランをオープンさせて、新業態のショーケースみたいな言われ方をしたこともある。
    けれどどんな場所でも、生き残るのは本物だけ。
    今は閉店相次いて、つわものどもの夢の跡…、みたいな感じになっている。
    ずっと繁盛し続けているのは、年がら年中行列消えぬ「美登里寿司」。
    だからなおさら、新参者のすし屋としては、かなり厳しい場所であろうと思う。

    be6844d3.jpegけれどココ。
    開店するやかなりの繁盛。
    ほどよい値段でお腹いっぱいが売り物の、大衆的な路線が功を奏したんでしょう。
    そのため例えばロール寿司や炙った寿司に力をいれて、ネタの価格に左右されない商品作りに力を入れた。
    日本生まれの日本のすし屋が気づかなかったこうした工夫。
    香港というほどよく遠いところから、じっと見つめて考えたから思いついたコトなんでしょう。
    お店に入るとすし屋さんらしいカウンターと居心地の良い半個室的なテーブル席。
    カウンターの上にはネタケースがのっかっているのもわかりやすくていい感じ。
    最近、銀座で出来る気取ったすし屋はそのほとんどがネタケースをもたないお店。
    なんでココまでして自分でハードルをあげちゃうんだろう…、って不思議に思うことしきりですもの。
    若い女性のサービススタッフも笑顔でとても快活で、いい意味ですし屋らしくないのがステキ。

    d08b99bd.jpeg海鮮丼やちらし寿司なんかも含めて全部で10商品ほどのランチメニュー。
    中でも一番おすすめ、というのがカスタマイズ可能な握りの盛り合わせ。
    大間のマグロのにぎりや鉄火、全9貫のうち7貫までは、今日の仕入れのいいところをお任せで、残り2貫を20種類くらいのネタの中から自由に選んでたのめるという、ちょっとたのしい商品構成。
    いいんじゃないの…、とそれをたのんで、ボクは平貝と氷見の生鯖をえらぶことにした。
    日本の西に生まれたボクにとって、貝の柱と言えば平貝の柱を指した。
    ホタテの貝柱を生で食べたのって大人になってからのコト。
    シャキッとした平貝の柱の食感。
    噛んでたちまち口に広がる旨みと磯の香りは、いまだにボクのオキニイリ。
    鯖に穴子に車海老。
    白身にウニとどれも上等。
    中でもマグロの脂の濃厚なコト。
    鉄火までもが大間のマグロというのがなんだかめでたくて、人が喜ぶツボを知ってる…、って思ったりする。
    コストパフォーマンス抜群で、これならちょっと気合いを入れたランチ会食にも使えるかなぁ…、って。
    いい店一軒、発見なり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    コリドー街
    なつかしいです。
    ホームページ見てみたのですが、足しげく通っていた時の
    お店、どこが残っているのかよく分かりませんでした・・・
    板前寿司いいですね~。
    ランチならおんなひとり寿司も出来そう。

    ところでサカキさん、赤坂プリンス閉館なんですね!びっくりです。
    あーたさん / 2010/04/28(Wed) /
    女性も抵抗ない
    > あーたさん
    たしかにこのお店。
    女性も抵抗なく使えるおすし屋さんって思いました。
    ステキな寿司屋さんをなじみにする事ができるっていうのはとてもシアワセなコト。
    言いお店をみつけたって思います。

    赤プリ…、突然のニュースにビックリしました。
    まだ新しいのに建物が建て替えになるっていうのもまたビックリ。
    一体どうしたことなんでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/28(Wed) /
    寿司屋激戦区
    板前寿司のところのテナントは、今まで色んなテナント入ってたけど長持ちしなかっただけに、今後が楽しみですね。
    しかし、新橋駅前のアマンド跡地に某寿司屋が3店舗目を出店したのには正直驚きましたね~。
    日航ホテル裏のコージーコーナーも潰れ、はてはてどうやることやら…
    めるばさん / 2010/04/29(Thu) /
    銀座新橋
    > めるばさん
    銀座から新橋にかけてって、動いているというか、壊れているというか。
    ちょっと目を離すと、ガラッと町並みが変わっていたりしますよね。
    それにしてもすし屋さんが本当に最近ふえているなぁ…、って思います。
    果たしてこんなに必要なのかっても。
    流行ると思うとみんなが一斉にそちらの方に向かっていく日本。
    それが一番なやましいかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/29(Thu) /
    夜のご飯にニュースを二つ HOME 珈琲舎「BUN(バン)」で雨の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]