忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅の近くでお昼。

    otako.jpgおでんの名店「お多幸」にやってくる。
    もともと銀座にあったこの店。
    数年前に日本橋に移ってこうして、店をはる。
    朝からの雨。
    お昼時にもパラパラしてて、開店前にお店の前に傘の花が咲く。
    お店の人が気をきかせ、どうぞ中にお入りくださいと、案内されて数人の人と一緒に入る。
    運良くおでんの鍋の前の席をもらって、なんだかワクワク。
    「とうめし下さい!」と、一言告げる。
    他の人たちも一様に、「とうめし」にしてと呪文の用に次々、いいます。
    ココの名物。
    おでん屋ならではのそれを待ちつつ、厨房の中に目をロックオン。

    11時20分という時間、開店までにはまだ10分。
    おでんの鍋の中には豆腐が浮かぶ。
    隣の鍋には玉子や大根、つみれに練り物とおでんのタネがプカプカしてる。
    それらに満遍なく味をしませて行き渡るよう箸で押さえて器用に上下をひっくり返す。
    何度も何度も丁寧に。
    みているだけでよだれが出てきて、お腹がなるよなおいしい景色。
    ただ一向にランチの定食が作られていく気配がなくて、どうしたことかとちょっと不安に思いつつ、それでもおでんが丁寧に煮上げられてく様子をみながらボンヤリしてた。

    ところが10分ほどして11時半になった途端、雰囲気一転。
    お店の前に暖簾が出され、いらっしゃいませ、お待たせしましたと一斉に声が上がって次々、料理が作られる。
    なるほど料理は開店時間の11時半になってから…、というコトなのでありましょう。
    ちょっとたのしい老舗のこだわり。

    41544a9e.jpegそしてコレ。
    とうめし定食、これで650円。
    おでんの鍋で煮込んだ豆腐をドサッと茶飯にのっける。
    そこにおでんの煮汁をかけて、ザブッと食べるという趣向。
    もともと、お店のまかない飯。
    それを常連の人たちが、噂を聞きつけ食べるようになり、いつしかおでんで酒を飲んだ〆の料理になってった。
    それがこうして、ランチの名物料理になった。
    厨房の中で出来た名物…、おもしろい。
    残り物で作ったような、情けないけどおいしい料理。
    お店の中の人が隠れて食べていたお行儀悪くて、でもおいしい、こうした料理が毎日食べても飽きぬ味。
    そのとうめしに、シジミの汁に大根サラダに煮込み大根。
    それでランチのひと揃え。

    3709c29c.jpeg豆腐を崩してご飯と一緒にハフッとします。
    醤油と出汁が濃厚な、ちょっとコッテリとしたここのおでんの汁をタップリ吸った豆腐の、まぁ、おいしいコト。
    すき焼きに入れた豆腐の味から、砂糖を少々、引いた味わい。
    スキッと辛くて、旨み濃厚。
    口の中にてジュワッとだし汁吐き出しながら、豆腐の風味や旨みはそのまま。
    硬めに炊かれた茶飯と混じると、パラパラ、フックラ、豆腐の食感が際立ちおいしい。
    ネギを散らして、シャキシャキとした食感くわえ、一味でスキッと辛味を足した。
    こりゃ、いくらでも入るおいしさ。

    一緒についてやってくる大根煮。
    おでんの大根を仕込んだときに出てくる端材を使って、おでんの汁で焚いたモノなんでしょう。
    形は不ぞろい。
    けれどシャクシャク、歯触り、歯ごたえ、味はそのまま。
    むしろ出汁をタップリ吸い込み、ご飯のおかずになんともおいしい。
    煮込みに煮込まれ、中の水分を吐き出して小さくなった煮玉子もムチッと旨みが凝縮されたおいしさひとしお。
    ひとかけ入った牛筋の、クニュッと歯ごたえなめらかなゼラチン質が、今日、唯一の動物的なる味わいのモノ。
    健康的なモノでお腹をみたしたお昼。
    なんだか体が軽くなった…、そんな気がした、さぁ、仕事。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    とうめし定食!?
    これは絶対に絶対に
    おいしいじゃありませんか・・・。
    キャー!
    tonamiさん / 2010/06/09(Wed) /
    間違いない味
    > tonamiさん
    おいしいです。
    間違いない味です。
    出汁のおいしさ、豆腐の食感、茶飯の歯触り。
    ご飯大盛りにするとほぼ二倍の山盛りご飯の上にチョコンと豆腐が乗っかる。
    ツユダクもお願いできて、いくらだってご飯が食べられちゃうゴチソウです。
    是非!
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/09(Wed) /
    うひゃあ
    美味しそうです!
    大盛につゆだくでがしがしかっくらいたいなぁ。
    まりおさん / 2010/06/09(Wed) /
    超大盛り
    > まりおさん
    ココの大盛りご飯は本当に大盛りです。
    仏様ご飯を巨大にしたみたいな大きさで、でも、不思議と食べられちゃいそうな感じがするんですよね。
    この豆腐とお供なら…、って。
    ただ、おでん鍋の前に座るとお酒を飲みたくなっちゃう。
    それが一番の悩みかもしれないです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/10(Thu) /
    これは美味しそうです
    これは圧倒的に美味しそうです。出汁を含んだ豆腐を崩しながら茶飯をかきこむ幸せを想像したら……お腹がすいてきました。
    Wordsworthさん / 2010/06/10(Thu) /
    日本のゴチソウ
    > Wordsworthさん
    けれん味の無いとても素直で自然なおいしさ。
    一口目から最後の一口まで、何も考えずただただその味を堪能することができました。
    さすがに老舗の味…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/10(Thu) /
    きゃ~
    写真だけで、想像しただけで身悶えしますぅ。
    でね、膨れたお腹さすりながら
    『せっかくだしさあ…』とか言い訳しながら
    コップ酒頼むのですよ。

    で、顔がぽっぽするねえ、といいながら
    フローズンヨーグルト屋さんへ。
    たばきちさん / 2010/06/10(Thu) /
    そうなんです。
    > たばきちさん
    この日はですね、このお昼ご飯で節約できたお金とカロリーをフローズンヨーグルトにぶつけたようなお昼でした。
    確かに、小ビール一杯分くらいは余裕があったかもしれないです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/10(Thu) /
    ゴールデンスプーンにおじさんなネタ HOME 仙台の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]