忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ホテルで朝食。

    hotel.JPGこの10年間。
    外食産業もデフレの影響を受け、単価がどんどん下がっているけど、一番値段が下がったモノと言えばホテルの宿泊料。
    …、じゃないかなぁ、って思ったりする。
    だってかつてビジネスホテルの単価は10000万円前後で安いとしたものだった。
    なのに今では7、8000円は当たり前。
    街によっては6000円前後で十分、泊まり心地の良いホテルを探し当てるコトができたりする状況。
    10年前の半額が今のデフォルト、デフレの象徴。
    その価格にてほどよきサイズのベッドにお風呂。
    LANが無料で使えるくらいは当たり前。
    ほとんどのホテルで朝食がその値段でついてくる。
    面白いのがネットで予約をすればどんどん、値段が安くなってくるトコ。
    予約の仕方で値段が変わる、定価があるのかないのかわからぬ不思議な世界。
    そのディスカウントのほとんどすべてが省力化にて実現されてる。
    つまりホテルはサービス業から、部屋売り業になっちゃった。
    お部屋を空にしておくよりも、安くったって人に泊まってもらった方がいいんじゃないの…、ってそんな考え。
    良くも悪くも、古き良き時代は遠くに、なりにけり。

    cb221a50.jpegそして今朝。
    さすがに昨日、夜中過ぎまでご飯を食べてた。
    しかも肉。
    まだお腹の中に何かがいるような、そんな気がしてそれでちょっと軽めにすます。
    昆布のおむすび。
    スクランブルエッグにボイルソーセージ。
    マカロニサラダにサラダ、それからスープというモノ。
    4種類のおむすびにおいなりさんやパン数種類。
    コーンフレークス、フルーツそれからダニッシュと結構豊富な品揃えにて、目移りはする。
    けれどほどよき分量でお代わりもなし。
    替わりにお水をタップリ飲んで、朝のお腹をスッキリさせる。

    ココのバフェ、メインはスープと言う趣向。
    具だくさんのミネストローネ。
    鳥の挽き肉をまとめたミートボールにジャガイモ、タマネギ、ニンジン、それから小さなシェル型マカロニ。
    これで十分、お腹いっぱいになりそうな体にやさしい感じがいいネ。
    朝食無料と言うことで、おそらくほとんどの人が朝をとりにくるんでしょう…、ロビーの横の喫食スペースはとてもにぎやか。
    タップリ朝からご飯食べる人、ラテンな人のようにエスプレッソだけをあおって返っていく人とそれぞれ、朝のスタイルがあるのがたのしい、おもしろい。

    5bbc780b.jpeg
    さてさて、移動。
    東京に向け、ビュワーンと新幹線の移動旅。
    2時間弱という快適にして迅速な旅。
    日帰りしようと思えば可能な街がどんどん、日本中に増えてゆく。
    今、県庁所在地で東京から日帰りできないところはほとんど無いんじゃないなぁ…。
    昔は和歌山が東京からはとても遠くて、片道4時間以上かかった。
    今では関空ができたことから、ほぼ2時間。
    便利になってく一方で、仕事を終えてちょっと一杯、地元の店で…、ってたのしみ減ってく、ちと残念。

    それにしてもペデストリアンデッキという奴。
    日本中の大きな街の駅前広場に出来がちなコレ。
    本来、人が歩くべき地上を車に明け渡し、人間様が遠慮しながら宙を行く。
    街が廃れる理由の一つ…、ってボクにはどうしても思えてしまう。
    目的地まで寄り道させず人を誘導させる柵。
    人の自由な行動と街の自由な活動が、デッキが大きく立派になればなるほど制限されるんじゃない?って、思ったりする。
    仙台の空中デッキは日本一。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私がスカイラークでアルバイトしていた30数年前は、一番安いメニューのハンバーグでも480円でした。人生で初めて食べたマクドナルドも、今と変わらない値段だったと思います。(40年近く前)
    サカキシンイチロウさま、これでよいのでしょうか?
    飲食店でもパック旅行でも、「どうやればこの値段になるんだろう?」って思えるコトが多いですね。
    薄利多売?赤字覚悟?
    それで良い仕事ができるのでしょうか?
    プライドを持った、真っ当な適正価格で勝負してほしいです。
    同世代さん / 2010/06/09(Wed) /
    適正
    > 同世代さん
    なんらかの理由で今、とりあえず安く出来る人たちがいるんですよね。
    彼らが調子にのって安くする。
    話題のために。
    ライバルを潰すために。
    それを「価格破壊」とかっていう名前をつけて煽るマスコミがいる。
    気づけば破壊されているのは価格ではなく産業ソノモノ。
    そしてボクらのかけがえのない日本だったりするのですよね。
    さみしい。
    かなしい。
    なんとかせねば、と思います。
    がんばります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/09(Wed) /
    無題
    コンフォートホテルにご宿泊ありがとうございます。以前に基礎講座やハワイゼミに参加させていただきました。ブログ毎日楽しみにしております。がんばってください。
    グリーンズさん / 2010/06/09(Wed) /
    おひさしぶりです
    > グリーンズさん
    おひさしぶりです。
    当時から、宿屋は宿屋とおっしゃりながら、付加価値作りにまい進する他のホテルチェーンとは違った道をまい進されてらっしゃった。
    それがこうして花開かれたのだなぁ…、と懐かしく思いました。
    なつかしい方からのコメントに、身が引き締まります。
    またステキなコメント、よろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/09(Wed) /
    家の近くです!
    もしかして、どこかですれ違ったかもしれませんね。
    ぺデストリアンデッキ。
    良く見ると、お年を召した方は余り歩いていらっしゃいません。
    人に優しくないシステムであることが少し悲しいと思うのです。
    かっちさん / 2010/06/10(Thu) /
    それはそれは
    > かっちさん
    派手な格好をしていたら気がついていただいていたかもしれませんなぁ(笑)。
    駅前という場所は、いろんな人が集まる場所。
    特に車を使えぬお年寄りや小さな子供が集まる場所あるはずで、そこが階段や段差ばかりではしょうがないと思うんですよね。
    もっとやさしい町造りを…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/10(Thu) /
    すみません
    >だってかつてビジネスホテルの単価は10000万円前後で安いとしたものだった。

    ものすごい値段設定になってますよー
    揚げ足取りでさん / 2010/06/10(Thu) /
    ご指摘ありがとうございます。
    > 揚げ足取りでさん
    本当だ、すんごい値段設定になってます。
    1億円の部屋代。
    うーん、恥ずかしいです。
    ご指摘どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/10(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    お多幸本店・とうめしの昼 HOME 仙台、仔虎でヨガフケル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]