忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で朝…、いつも泊まっている宿泊特化型のホテルで、ココをいつも使う理由は朝食。地元の料理をキッチリ食べさせてくれるのが好き。



    宿泊施設には「ホテル」と「宿屋」が存在していて、ホテルというのは「街」のモノ、宿屋というのは「旅人」のモノとボクは思っているのであります。
    大きなロビーにレストランなどが充実していて、街に住んでる人の誇りになるような社交場としてのホテルであるか、旅人のための寝心地の良いベッドと朝ごはんのおいしい食堂があればいい「宿」。
    日本にはどっちつかずの中途半端なホテルが多くて、特に昔からあるシティーホテルという場所はどうにもこうにも居心地悪い。



    ココの朝食は「羽釜で炊いた炊きたてご飯と地元の食材」で、目覚めることがたのしくなるような内容なのが、旅する人の胃袋にいい。
    羽釜の周りに作られたカウンターに並んだ料理をあれやこれやと。
    まずは昨日に続いて昆布の料理…、かまぼこに昆布をグルリと巻きつけ仕上げて富山独特のかまぼこに、脂ののった鮭にキャベツ。
    山芋とろろにしらすおろしに味噌汁、それからオムレツなどなど。



    ますのすしが一口分だけ、器に盛られてあるのがウレシク、これを食べると富山だなぁ…、ってやっぱり思う。
    氷見うどんがキリッと冷たくしめられて用意されてて、ネギをタップリ。
    冷たいタレをかけまわし、ズルンとすするとお腹の居場所がはっきりわかる。朝にこうして食べる麺類って、お腹を動かす原動力になってくれるような気がしてなんだかうれしい。
    オコゲご飯をお替わりをして、これから移動の準備万端、東京に向け出発です。

    雲の中を突き抜け水平飛行高度に期待は浮かぶ。



    目の覚めるような青空でした。
    どんなに雲が厚くても空の上はこんな青空…、それにしても、ノロノロ台風のお陰でしょうか、日本列島の上にはすっぽり厚い雲。
    週末の予定がなかなか決まらないのがちょっと厄介…、どうしよう。

    東京につき銀座近所で仕事があってそれで昼をその近所。「はしご」にしました。
    担々麺風のだんだん麺が名物の店。
    けれど今日はちょっと酒肴を変えて「酸紅麺」をたのんで食べる。



    酸紅麺と書いて「さんほんめん」と呼ぶ汁そばで、いつも気になりけれどなかなか試す機会がなかった料理。
    おいしいですよと勧められ、それで今日はたのんでみました。
    透き通った醤油スープに、真っ赤なタレが渦巻く表面…、さんほんめんの「ほん」の部分はこの赤いタレ。
    香りを嗅ぐとフワッと中国スパイスの香りがしてくる…、漢方っぽい少々ひねた香りが体に効きそうで、食べる前からニッコリします。



    ココ独特の極細の麺…、ストンとまっすぐ、ざっくり歯切れて歯ごたえがありスープの絡みも絶妙で、だからスープがたちまち口一杯をみたしてく。
    酸味鮮やかで後口スッキリしたスープ。
    これがさんほんめんの「さん」の部分で、ひと飲みごとにお腹がスキッとしてくるおいしさ…、しかも辛味がさわやかでスープのうま味を引き立てる。
    ホロホロ、箸で押しただけで崩れる豚肉、昆布を混ぜて漬けた千切りタクワンとご飯をお供にもりもりたべて、グイグイ元気になっていく。
    これ、夏に出会っておけばよかった…、だんだん麺のポッテリとした味わいも良くはあるけど、このスッキリとしたおいしさに感心しました、オキニイリ。


    関連ランキング:担々麺 | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

    拍手[3回]

    PR
    ちょっと勉強…、業界視察というモノをすることもあるワケでして。
    「そんなコトいって、ほとんど毎日業界視察のようなモノでしょ?」って言われると、たしかにそんなようでもあるにはあるのだけれど、自分の意思で食べる食事と意思に関係なく、食べなきゃいけないってコトはいささか趣き異なる。



    野菜をタップリ食べるコトができるラーメンを見たいんですけど…、というので来ました。「トナリ」という店、上野の駅のビルの中。
    時間帯によっては行列ができるのでしょう。
    お店の前にロープがジグザグに張られてて、ここに並んで下さいネ…、ってやる気満々の意思表示。
    カウンターだけの小さな店で、食券買ってると厨房の中から「ありがとうございます、お水もセルフサービスにさせていただいております」って元気な声が。
    しかもそれが若い女性の明るい声でビックリします…、女性スタッフが鍋を振ってるお店であります、オモシロイ。



    成人一日分の野菜が入っているというのが売りで、カウンターにもこんな貼り紙。
    カウンターの中でジャジャっと油がはぜる音がする。
    カシャカシャ、鍋肌くすぐる音に野菜が中で焼ける音…、そして焦げた油の甘いにおいがやってくる。
    ちょっと待ちます…、鍋で炒めるとひと作業のために若干、時間がかかる。
    だからピークタイムには行列になったりするんでしょうネ…、ラーメン店の繁盛請負の人がよく「行列の店にする方法は、熱いスープのラーメンを時間をかけて作ればいいんだ。提供するにも食べるにも時間がかかるから回転悪くなって自然と行列になる」って、恥知らずのコトを言ったりする。
    そういうワケで時間をかけてる店じゃないココ…、真面目で正直、悪くない。



    丼の上にドッサリ、炒めた野菜。
    とは言え、前にきたときよりもこんもり具合が足りないようで、迫力不足。
    シャキシャキとした野菜の食感、味わいは決して悪くないので残念…、豚骨系の軽いスープに炒め野菜の油の風味と野菜の旨味がにじんでおいしくなってく趣向。
    スープ自体を野菜の旨味をたよりに作る、「いわゆるタンメン」とは違ってスープはスープ、プラス野菜の風味という割り切りが、味を安定させてるんでしょう。
    おろした生姜をタップリのっけているのも風味を軽くするのに役立っている。
    太めの麺がゴジゴジ顎においしくて、結構、好きな味でござんす。

    それからココの売りモノが「タンギョウ」「タンカラ」ってセット売り…、餃子、唐揚げを選べてそれで餃子をたのむ。
    ガリッと表面焦げて焼けててちょっと笑った…、腹いっぱい。


    関連ランキング:ラーメン | 上野駅京成上野駅稲荷町駅



    ちなみにコレ…、アメリカ地図を各州を代表するブランドで表現したらっていうモノで、なるほどなぁって結構感心。



    カリフォルニア州がAppleさまで、ならばワシントン州はマイクロソフトかって言うとあっさりスターバックスに持ってかれてる。
    10年前なら違っただろうなぁ…。
    テキサスのドクターペッパーやフロリダのHOOTERSなんて、かなりマニアな感じでニッコリ、笑っちゃう。

    拍手[8回]

    田舎から父がでてきて、一緒に食事をしようというので帝国ホテルのパークサイドダイナーにくる。
    かつてサイクルという伝説的なコーヒーショップがあって、そのときは本当によく通ってた…、キャピトル東急のオリガミかココのサイクル。
    ロイヤルホストの人たちは、そのサイクルのようになりたく一生懸命通って勉強したほどだった。



    そこがユーレカっていうモダンなコンチネンタル料理を売るダイニングレストランのようになって、しばらく足が遠のいていた。
    新しい料理に挑戦するのはいいのだけれど、居心地悪くてしかもいつも食べてた普通だけれど安心できる料理の影が薄くなってしまったから。
    それが数年前に改装、コンセプトも変え今のお店になったんだけど、サイクル時代の料理が戻って使い勝手のいいコーヒーショップとして戻ってきた。
    外国人のコンサルタントが大きな顔をするとブランドイメージ台無しにする…、鶴丸捨てた一時期の日本航空とおんなじような感じでしょうか。
    変わらぬコトを願うお客様と、何か変えないと不安でしょうがないと思ってる経営者との間のギャップがときとして不幸なコトを起こしちゃう。



    夕食には早めの時間帯にもかかわらずお店はほとんど満席で、みんな食事をしてるというのにちょっとビックリ。
    そもそも「世界の時計で動く」というのがインターナショナルなホテルの宿命。
    だから朝から夜までずっと食事ができるお店の一つもないような場所は「宿屋」であって「ホテル」じゃないんだ、と思ったりする。
    ココは立派なホテルでござる。

    シーザーサラダをとってまずはお腹を満たす準備をします。
    ハーフサイズで充分タップリの分量で、しかもレタスがバリバリシャキシャキ新鮮で噛むと甘くてそれそのもので充分おいしい。
    パルミジャーノと油と塩、そしてビネガーで丁寧な葉っぱをドレスする。
    ベーコンチップにクルトンをタップリかけて食感にぎやか、オゴチソウ。



    昔からあるココの名物料理をメインにします。
    牛フィレ肉のステーキとフォアグラ使った洋風丼…、甘めの照り焼きソースで炒めたキノコがタップリご飯の上を覆ってて、小さいながらも分厚いヒレをミディアムレアに焼いたのを一口大に切り分けのせる。
    そのステーキの半分くらいの大きさの、これまた分厚いフォアグラをソテしてのっけて味わう趣向。
    ネットリと歯茎を撫でるフィレの食感…、ほのかな酸味と強い旨みにウットリしつつ、フォアグラ食べるとトロンと口に旨みと風味が広がっていく。
    あぁ、ゴチソウだ…、ボリューム以上の満足感を頭とココロが味わうゴチソウ。

    そして食後にパンケーキ…、イチゴがサイドに添えたモノが今のおすすめなんですけれど、と言われたんだけどプレインもらう。



    かつてここがサイクルだった頃のパンケーキは、日本で一番おいしいパンケーキって言われていたモノ…、それがこれ。
    ほどよき厚さに仕上がった本当に普通のパンケーキで、これがおいしい。
    ロイヤルホストもこのパンケーキが作りたくって、シェフをココに派遣して勉強させてもらっていたほど。
    フォークの背中でポンッと叩くと、軽くそれを弾く弾力。
    ナイフで切るとちょっと粘って抵抗するけど、その断面はスパッとキレイ…、粉がキレイに焼き切れている証拠の断面。
    ホイップバターをタップリのっけてメイプルシロップ注いで食べる。
    ほどよき甘さと焦げた小麦の香りと風味…、父と半分わけあったけど一人でやっぱり一人前を食べるべきだと後悔します。
    香り鮮やかなドリップコーヒーをゴクリと飲んで、今日のお腹をよろこばす。


    関連ランキング:洋食 | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

    拍手[4回]

    今日は銀座をメインに仕事をする日…、それで銀座8丁目にあるホテルコムズのメインダイニング、キャッツアンドドッグで朝食にする。
    野菜が主役の朝食バフェに昔、行ったコトがある。
    1e6abd70.jpeg2年近くも前のコトかなぁ…、これからは野菜が食の世界では差別化のいいキッカケになるに違いないよねって話をしてたら、ココの朝食はスゴく勉強になるからって連れて行ってもらったのです。
    たしかにそれは素晴らしく、今でもあいかわらずかなぁ、と思ってきたら、なんとビックリ…、入り口のところでシェフに出会ったら「おひさしぶりです、二度目でらっしゃる、コンサルをやってらっしゃる方でしたよね」と挨拶される。
    そのとき、こういうバフェをしたい方がいらっしゃったらご紹介いただけませんか?ってちょっと盛り上がったりしたのだけれど、昔の話…、それを覚えているとはスゴい。

    4487845b.jpeg毎朝、こうしてお店に出て野菜の話をお客様とするのがたのしいと言うシェフでそのシェフが日本全国飛び回って探して来た野菜たちが、圧倒的で魅力的。
    種類がスゴいだけでなく、生でそのまま。
    あるいは煮付け、グリルしたりといろんな料理にしてくれている。
    人参なんて、生で食べると甘みと渋みがバランスとれてて、しかもゴリッと噛むごと香りが鼻から抜ける。
    グリルをするとしっとりとして甘みが強く、煮るとふっくら、歯ざわりなめらか。

    野菜以外にもわかめやヒジキ、高野豆腐に車麩と野菜と一緒に煮付けておいしいモノがあれこれ。
    どれもやさしい味付けで、まずはご飯をとらず、ただただ野菜の料理を味わう。
    体の中に野菜の力が入ってくるようなすがすがしくて、爽快な味。
    煮物、焼き物、生のままとかなりの量をとったんだけど、すんなりお腹の中におさまっていく。
    しかもお腹が重たくなりはしないのですネ…、野菜の方でお腹の隙間をみつけて、自発的におさまっていってくれるような不思議な感覚。
    生のままでもそれぞれ味わい、香りに食感がまるで違っているのがたのしく、だから飽きずに食べられる。
    中でも感心したのが豆…、大豆をペペロンチーノ味に炒め煮したもの。
    それがコツコツ、奥歯を叩く食感楽しく、砕けて甘くなっていく…、滋養が体の中に染み入り自分で元気を作り出す、そんな力をもらったようで顔が思わずほころんでいく。
    0e0d2f5d.jpeg野菜のしゃぶしゃぶってコーナーがあり、まん丸に実った大きなズッキーニ、空芯菜やオカヒジキ、金時草と季節の野菜を鶏のスープの中でちょっと泳がせ食べる。
    金時草の苦味に体をふるわせながら、インゲン豆やズッキーニの甘みで、ホッとしたりする…、細胞がその味わいに揺り動かされて体が芯から目覚める感じにウットリします。
    〆にほんの少しのご飯、それにシラスをたっぷりのせて、刻んだネギをどっさり入れた味噌汁とヒジキ煮、らっきょうをおかずにパクリ。
    テーブルの上に美味しい醤油や塩や油が用意されてはいたのだけれど、調味料を一切使わずそれでもおいしく味わえた…、自然の力に感謝するような朝のご飯でありました。



    関連ランキング:ダイニングバー | 新橋駅内幸町駅銀座駅



    ちなみにホテルのホームページにPDFで貼りこまれていたバフェのレイアウトを貼っておきます.
    9b442218.jpegよく描けているイラストで圧倒的な品揃えとかが上手に説明されてるけれど、実際みると圧倒されるほどにスゴくて、全部食べたくてしょうがなくなる。
    野菜の聖地…、昔は仕事の流れでみたこのバフェも、野菜を食べると人としてみると一層感動させられる、またこなくちゃって思いもします、オキニイリ。
     

    拍手[11回]

    銀座でちょっと打ち合わせ…、喫茶店でお茶でも飲みつつとそれで「カフェーパウリスタ」を選んできました。
    dd2a888f.jpeg銀座8丁目の長崎センタービルの1F。
    明治44年開業、日本ではじめてのカフェがこの店という由緒あるお店であります…、当時は銀座6丁目にて昭和になってから今の場所へと移転再会。
    おそらくこの店を参考にして日本中に今の喫茶店が広まっていったのでしょう。
    特別変わったところはないけど、おいしいコーヒーがたのしく飲める。
    しかもお店の人のサービス的確…、おなじみさんの顔をシッカリ覚えて、声を明るくかける、飲食店っていいよなぁってウットリします、オキニイリ。
    ちなみにこの店、正式名称「銀座カフェーパウリスタ」、住所も銀座8丁目なのに食べログのページでは「新橋」に分類されてる…、なんて理不尽、かわいそう。



    関連ランキング:カフェ | 新橋駅銀座駅東銀座駅



    それから家に帰ろうと、有楽町の駅に向かう途中で前から気になってた店。
    273c1969.jpeg日比谷通りをまたぐ山手線のガード下…、日比谷と銀座をつなぐタイムマシンのような通路があってそこに昭和風情の飲食店が一軒ある。
    朝早くから深夜まで営業している元気な店で、そういやココの漬け丼朝食はワンコインで旨いんだった…、長い間来てないなぁと思いながらも今日の目的はその隣にある店。
    「慶屋」という名前の蕎麦とうどんのお店で中でも、カレーうどんが旨いという。

    bdcdaf90.jpegのれんたなびく、一見すると立ち食い蕎麦屋のように見える。
    こういう気軽な風情の店でも、はじめて入るときにはいささか緊張するモノ。
    のれんをパラッとめくって中に。
    壁に小さな貼り紙がある。

    当店は立ち食いの店ではございません。
    手打ちの麺を使っています。
    だから少々、お時間頂戴いたします…、と。

    たしかに注文してから10分近くかかりましたか。
    麺を茹で、ザブザブ洗ってキリッと〆て、再び温め、その傍らでカレー・スープを手鍋で作る。
    お待たせしました、と出てきた料理がなんともステキ。
    湯気と一緒にカレーと出汁の香りがホワリ。
    うどんは細めで、ツルンと表面なめらかだけど歯ごたえのある独特の麺。
    しかも塩の味がシッカリのっていて、うどん自体がそもそも旨い。
    スープは辛味が控えめで、出汁の旨味とカレーの風味がとても鮮やか…、やさしい辛味が最後にどっしり舌に残って体をあたたかくする。
    玉ねぎ、豚肉、そしてネギと具材は最小限にしてけれど麺とスープが旨いんだからそれで十分…、ご飯がついてたった550円という値段が申し訳なくなるほどの出来。
    うどんを全部食べ終えて、カレースープをおかずにご飯を味わうと、見事、茶碗の中も丼の中も何も残らずお腹の中に収まった。

    おごちそうさんとお店をでると、思わず笑顔になっていた!…、銀座界隈で飲んだらココで〆にしなくちゃモッタイナイ、って思ったりした、オキニイリ。



    関連ランキング:カレーうどん | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

     

    拍手[2回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]