忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で朝…、いつも泊まっている宿泊特化型のホテルで、ココをいつも使う理由は朝食。地元の料理をキッチリ食べさせてくれるのが好き。



    宿泊施設には「ホテル」と「宿屋」が存在していて、ホテルというのは「街」のモノ、宿屋というのは「旅人」のモノとボクは思っているのであります。
    大きなロビーにレストランなどが充実していて、街に住んでる人の誇りになるような社交場としてのホテルであるか、旅人のための寝心地の良いベッドと朝ごはんのおいしい食堂があればいい「宿」。
    日本にはどっちつかずの中途半端なホテルが多くて、特に昔からあるシティーホテルという場所はどうにもこうにも居心地悪い。



    ココの朝食は「羽釜で炊いた炊きたてご飯と地元の食材」で、目覚めることがたのしくなるような内容なのが、旅する人の胃袋にいい。
    羽釜の周りに作られたカウンターに並んだ料理をあれやこれやと。
    まずは昨日に続いて昆布の料理…、かまぼこに昆布をグルリと巻きつけ仕上げて富山独特のかまぼこに、脂ののった鮭にキャベツ。
    山芋とろろにしらすおろしに味噌汁、それからオムレツなどなど。



    ますのすしが一口分だけ、器に盛られてあるのがウレシク、これを食べると富山だなぁ…、ってやっぱり思う。
    氷見うどんがキリッと冷たくしめられて用意されてて、ネギをタップリ。
    冷たいタレをかけまわし、ズルンとすするとお腹の居場所がはっきりわかる。朝にこうして食べる麺類って、お腹を動かす原動力になってくれるような気がしてなんだかうれしい。
    オコゲご飯をお替わりをして、これから移動の準備万端、東京に向け出発です。

    雲の中を突き抜け水平飛行高度に期待は浮かぶ。



    目の覚めるような青空でした。
    どんなに雲が厚くても空の上はこんな青空…、それにしても、ノロノロ台風のお陰でしょうか、日本列島の上にはすっぽり厚い雲。
    週末の予定がなかなか決まらないのがちょっと厄介…、どうしよう。

    東京につき銀座近所で仕事があってそれで昼をその近所。「はしご」にしました。
    担々麺風のだんだん麺が名物の店。
    けれど今日はちょっと酒肴を変えて「酸紅麺」をたのんで食べる。



    酸紅麺と書いて「さんほんめん」と呼ぶ汁そばで、いつも気になりけれどなかなか試す機会がなかった料理。
    おいしいですよと勧められ、それで今日はたのんでみました。
    透き通った醤油スープに、真っ赤なタレが渦巻く表面…、さんほんめんの「ほん」の部分はこの赤いタレ。
    香りを嗅ぐとフワッと中国スパイスの香りがしてくる…、漢方っぽい少々ひねた香りが体に効きそうで、食べる前からニッコリします。



    ココ独特の極細の麺…、ストンとまっすぐ、ざっくり歯切れて歯ごたえがありスープの絡みも絶妙で、だからスープがたちまち口一杯をみたしてく。
    酸味鮮やかで後口スッキリしたスープ。
    これがさんほんめんの「さん」の部分で、ひと飲みごとにお腹がスキッとしてくるおいしさ…、しかも辛味がさわやかでスープのうま味を引き立てる。
    ホロホロ、箸で押しただけで崩れる豚肉、昆布を混ぜて漬けた千切りタクワンとご飯をお供にもりもりたべて、グイグイ元気になっていく。
    これ、夏に出会っておけばよかった…、だんだん麺のポッテリとした味わいも良くはあるけど、このスッキリとしたおいしさに感心しました、オキニイリ。


    関連ランキング:担々麺 | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    旅先の朝食
    普段以上に食べてしまいますよね、旅先の朝食は。
    普段の朝のリズムとは違うからなのでしょうか。
    やはり、その土地の空気や食材がそうさせるのか。

    炭水化物を控え目にされているサカキさんが、楽しくご飯をおかわりされていて私も嬉しくなりました。
    ごっちさん / 2013/10/24(Thu) /
    旅の胃袋
    > ごっちさん
    おそらくいつもの胃袋に旅の胃袋が一個余分にできるんでしょう。
    食欲旺盛をひさしぶりにたのしみました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/24(Thu) /
    思わずヒザを
    たたきたくなりました。
    そうなのです!
    酸紅麺は、夏バテ気味の体に美味しくカツを入れたいときに良く食べていました。
    元気が出ます!
    嗚呼はしご・・・。

    とはいえ、私は昨日札幌でおいしい担担麺屋さんに参りました。
    汁無しと汁有りが選べて、どちらも素敵においしかったです。
    (175°DENOというお店でした)

    しつこくプッシュして恐縮なのですが、練馬区の源烹輪にもぜひ一度おいでください。
    汁無し担担麺はじめ、季節の麺などどれも本当に美味しいです。
    http://genpourin.jp/branch.php
    tonamiさん / 2013/10/25(Fri) /
    ブックマーク
    > tonamiさん
    最近、としまえんに行かなくちゃいけない映画が公開されず、いつかいかなきゃと思いながらもまだ行けていません。
    四川料理好きとしては是非にと思っております。

    ガツンとくる汁無し坦々麺…、食べたいです!
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/25(Fri) /
    モノクルカフェとカレーそば HOME 富山の幸
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]