忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を有楽町で食べる今朝。
    bcfad5df.jpeg有楽町のガード下にあるまんぷく食堂というお店。
    日比谷と銀座をつなぐトンネルみたいになった不思議なスペース…、そこにまるでトタンを貼って戦後ムードのお店を作って営業している。
    お店の反対側の壁にはずらりと昔の映画のポスターがあり、タイムトンネルみたいな雰囲気…、21世紀の日比谷からタイムトンネルを抜けると、再び21世紀の銀座にでてくるちょっと不思議なタイムトンネルではありますけれど、それもまたよし、またたのし。

    11e6d179.jpeg24時間ガンバルお店。
    だから当然、朝もずっと営業してて手軽な値段で朝食セットがあったりします。
    コロッケ定食。
    あるいはマグロの漬け丼で、漬け丼たのんで朝とする。

    ボクの向かい側ではジョッキに入れたウーロンハイをぐびぐび飲んでるおじさんがいる。
    つまみは串かつ。
    朝からお酒を飲めるシアワセな人なのか。
    それとも、今が彼にとっての今日一日の〆なのか。
    24時間活きてる東京。
    だから24時間あいてる店があっても決して不思議じゃなくて、朝が夜、夜が朝、昼が夜で、夜が昼ってそんな人達がいっぱいいるんだと思うとたのしい。
    多様なことはステキなことでございます。

    そして漬け丼。
    筋が若干入ってはいる。
    けれどキレイな赤身の色で軽く漬け込み、ネットリとした食感たのしく味わい深い。
    ゴマをタップリ。
    わさびをチョコンと乗っけて食べると、酸味にうま味、最後にわさびの辛味がビリッと鼻から抜けて目が覚める。
    薔薇の花のように盛りつけられたガリが美しく、青のり入った味噌汁にぬか漬け、マカロニサラダとどれもキチンと手作り、それで399円と言うのがなんともありがたい。



    関連ランキング:居酒屋 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅




    お腹をほどよく満たしたあと、銀座ウエストで打ち合わせ。

    034b94fc.jpeg台風一過の恐ろしいほど暑くて明るい昨日と打って変わって、今朝はどんより曇り空。
    雨がちらほら降るかもね…、って天気予報でもいっていた。
    銀座も朝から曇り空。
    いきなり秋になるのかなぁ。
    そう思って、お店の前についたら突然雲が途切れて青空見える。
    空が明るく影がクッキリ。
    コントラストの強い写真がパチリと撮れる。

    どんなに空が曇っていても、雲の向こうには青空がある。
    おひさまが頭の上にある限り、空の基本は青いんだよ…、って思ってニッコリ。
    なんだか元気がでてきます。
    9時からあいてるこのお店、さすがに開店とほぼ同時の時間は静かで今朝はボクたちだけでのびのびたのしく、打ち合わせ。

    アイスコーヒーたのんでコクリ。

    0d006d47.jpeg驚くほどに薄いグラス。
    上等なバーで水割りたのむと出てくるようなシンプルにしてうつくしきさま。
    キレイに磨きこまれてて、グラスの上にはここのお店のシンボルマーク。
    天使がひらりと金箔押しで舞っている。

    細いマドラー。
    そしてストローがお皿の上にのっている。
    けれどストロー使わず直接グラスに口つけ味わいたくなる。
    薄いグラスが唇につく。
    それは冷たく、ガラスのくせしてなめらかでカランと氷がグラスに当たる音が口を伝って頭の中に響いてすがすがしい。

    スッキリとしたやさしい味のコーヒーで酸味をほとんど感じぬやわらか。
    そのままゴクゴク、なにも使わず味わえる。
    しかもコレ。
    お替り自由なのであります。
    だから普通の喫茶店のアイスコーヒーの半分量ほどのグラスでやってくるのです。
    氷がとけてコーヒーが薄くなってしまう前に飲み干せ、いつもおいしいコーヒーを味わえる。
    しかもお替りがやってきたその瞬間に、すでに冷たくおいしい状態。
    お替り下さいなんて言わなくても、お店の人が近づいてきてお替りいかが?と聞いてくれる…、まるで泉のごとくアイスコーヒーが湧いてやってくる魔法のグラス。
    打ち合わせのアイディアもこのアイスコーヒーのごとく次々湧いてきてよき打ち合わせ。



    関連ランキング:喫茶店 | 銀座駅内幸町駅日比谷駅

     

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    懐かしいです。
    元気をもらいました。
    がんばろう。
    変わり者ミダさん / 2012/10/02(Tue) /
    テーブルクロス
    以前も書いたような気がしますが、銀座ウェスト。大好きです。
    テーブルややってくる小物がとても懐かしくて。
    pinさん / 2012/10/02(Tue) /
    私も大好き
    乃木坂もいいですが、やはり銀座のウエストは特別ですねえ。しかも朝一番なんてステキ。初めて行ったとき(わりと大人になってから)、憧れの喫茶店がここにあった!と思った。中原淳一の描く女性がいそうな感じです。
    イトーユキさん / 2012/10/02(Tue) /
    ここに来ると
    > 変わり者ミダさん
    このお店に来ると変わり者ミダさんのコトを思い出します。
    今日は絶対、ここに来てやろうと思いました。
    がんばりましょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/02(Tue) /
    ピカピカキラキラ
    > pinさん
    そうなんですよね。
    すべてがキラキラ輝いている。
    銀座のエレガンスがここにはまだあると思うと、ウットリします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/02(Tue) /
    たしかに
    > イトーユキさん
    乃木坂のお店は改築してキレイになりすぎたような気がします(笑)。
    銀座のお店の傾き具合が、どうにもこうにも好きで、通うのをやめられません。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/02(Tue) /
    大人になってから
    春頃、10歳の娘を連れて、素敵なお店があるんだよ、とおやつを頂きに入ったことがあります。
    お飲み物もケーキもとても美味しく、娘と2人で大喜び。
    クラシカルな雰囲気もとても良くて、私は大好きなお店なのですが、お店を出て少ししたら、喜んでるとばかり思っていた娘が「とっても美味しかったんだけど…なんか緊張した」と。

    もう少し大人になったらまた来てみたい、という娘の言葉を聞いて、今はこういうお店ってとても貴重なんじゃないか?と思ったのを覚えています。

    居酒屋でさえ、子連れで堂々と入るファミリー客が珍しくない現代。
    こどもが憧れるに値するエレガンスや格好良さ、良い意味での敷居の高さを感じられるお店って、ずいぶん少なくなった気がします。

    何年後かわかりませんが、娘が心から楽しめるようになるまでこのままで佇んでいてほしいお店です。
    Nimamepandaさん / 2012/10/02(Tue) /
    緊張をたのしむ
    > Nimamepandaさん
    世の中がどんどんカジュアルになって、ホテルのレストランまでもがまるでファミリーレストランみたいになっていく。
    そんな時代に、緊張をたのしむことができる大人のスペースがのこっていることってステキですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/02(Tue) /
    面接の朝
    6月で会社員を卒業しました。
    人材派遣会社の営業職でしたので、ウエスト様にもプライベート以外で、スタッフさんの面接に何度か同行しました。開店直後の時間を指定され伺うと、美味しいコーヒーをいただきながら話が弾みました。特にあのクリーム色の缶は、以前は配送途中に凹んでしまうことが多く、現在は改良されたそうです。コーヒーのお替りを注いでいただく頃には、採用されます。ホッ!
    うりさん / 2012/10/03(Wed) /
    見えぬ努力
    > うりさん
    名店と呼ばれるお店って、人知れず見えぬ努力をしているんですよね。
    ステキなエピソード。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/03(Wed) /
    だんだん麺 HOME ステーキせんごく
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]