忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    冷たい雨の降る、東京…、日本橋で昼をとります。

    47221b5e.jpeg実は、銀座三越で昼をとろうと思ってたのだけど、行ってみればおばさまたちでごった返しててとてもじゃないが落ち着いて、ユックリ食事ができぬ雰囲気。
    急きょ場所を変えてそれで日本橋。
    来たいお店があったのであります。

    モンタルチーノ」というお店。
    イタリアンレストランではあるのだけれど、イタリア料理だけでなく洋食メニューが結構そろう。
    特にランチは「鉄鍋料理」って言うのに力を入れてて、それを見たくてやってきた。
    鉄板焼きで有名な「紅花」が経営しているお店で、彼ら、鉄板焼き以外にいろんな料理に果敢に挑戦している。
    例えば「ココットカレー」っていうここの名物。
    陶器の壺の中にカレーを閉じこめて、そのまま蓋して加熱する。
    香り、風味が逃げずに仕上がる、その味わいが極上でこの近隣のサラリーマンの人気のランチ。
    ここでも昼のメインのひとつになっていて、テーブルの上には最初っから福神漬けとラッキョが置かれ、冷たいお水がタップリ用意されている。

    2166d91b.jpegヒーハー系のかなり極辛。
    食べるとたちまち頭のてっぺんから汗が噴き出るサラサラ系のスープカレーで、しかもハーブやスパイスの香りが強く「効きそうな味」。
    今日もみてるとお客様のほとんどが、カレーを食べてる。
    メニューすら見ず、座るといきなり「ココットカレー」って人さえもがいるくらい。
    ボクらもひとつカレーをとって分け合い食べる。
    お腹がぽかっとあったかになり、食べれば食べるだけお腹がすいてくるような味。

    すべての料理にまずはサラダがついてくる。
    緑の葉っぱだけのサラダで、シャクシャクパリパリ。
    ドレッシングも昔なつかしのフレンチ系で、カレーの辛みをやわらげてスキッとさせる。
    ラッキョも甘口。
    すべてがカレーの味を引き立て、おいしくなるよう最適化されているのがオモシロイ。

    2b34e4c1.jpeg目的の鉄鍋料理をふたつとる。
    一つはスパゲティー。
    もうひとつはハンバーグ。
    ストウブ社って会社のストウブ…、つまり鉄鍋。
    ズッシリ重く、蓋が凹状にくぼんでる。
    だからダッチオーブンのような使い方ができるお鍋で、これで煮込むと素材の水分をそのまま閉じこめフンワリ、シットリできるとてもすぐれた調理器具。
    保温性も当然高くて料理をずっと熱々状態で食べられる。

    例えばスパゲッティー。
    エビの風味がとけこんだアメリケーヌソースと生クリームでコッテリ味にととのえられたスパゲッティーを鍋に入れ、チーズをのせてオーブンで焼く。
    それをそのままさぁ、どうぞ…、という趣向にてなかなかおいしい。
    お鍋の中でどんどん熱が入ってくるので、完璧なアルデンテにはならないけれど、グラタンとスパゲッティーのいいとこどり的な味わいがある。
    このスタイルでナポリタンとかカルボナーラとか作って食べたらおいしいだろうなぁって食べるとイマジネーション膨らむところがたのしくていい。

    ハンバーグもフライパンで焼いたパテにソースをあわせ、チーズをかけてオーブンで。
    しかもチーズがゴルゴンゾーラで、コッテリとした風味がとっても大人味。
    そのままだったら立体感がでなかったのでしょう、エビフライを添えて見た目も贅沢でいい。
    昔ながらでオーソドックスなデミソース。
    合い挽き肉でフックラとしたこれまた昔ながらのパテがあいまって、ナツカシイ味が見た目を裏切り、オモシロイ。

    それぞれ堪能…、ちょっと近所でお茶飲みましょうと、それでイリーに移動する。

    3ee33dd4.jpeg日本橋の高島屋近くの「エスプレッサメンテイリー」のお店。
    この界隈に積極的に出店してて、東京駅にもお店がある。
    けれどココのこの店は、とても特別。
    広くてとても気持ちいい。
    もともと金融機関の支店があった場所を使ったお店でだから、天井高くて空間自体がかなり贅沢。
    天井や柱にクラシックなレリーフなんかが残ってる。
    ところが椅子やテーブル、エスプレッソのカウンターはメタリックな素材を使ったモダンな雰囲気。
    ミラノなんかに良くあるクラブのような雰囲気。
    DJ入れてミラーボールを回せばそのままダンスフロアーになりそうな、都会的な空間がなんともスペシャル。
    空間そのものが大きくて、しかもBGMがクラブな感じ。
    だから大きな声でおしゃべりしても周りがまるで気にならない。
    こんなお店が近所にあるといいだろうなぁ…。
    そう思いながらカプチーノを飲む。
    ドッシリ重たい泡の食感。
    トロンとなめらかなミルク混じりのエスプレッソがトロトロ喉をかけおりていく、そのやさしが喉のゴチソウ。
    ココ独特の華やかで明るい豆の香りが最後にフワッと残る。
    外はまだ雨、けれど気持ちは明るくあったか…、さてもう一仕事とまいりましょう。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    あらたな月のいつものはまの屋 HOME ひさしぶりのタマゴ付き
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]