忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせを上野の近くで、一度、二度。



    まずは上野広小路交差点の一角にある「風月堂」にて。和菓子、洋菓子の売り場の隣に喫茶室がありそこでコーヒー。
    2階に本格的なパーラーがある。最初はそこでと思ってて、けれどそこにはたのまずにおられぬパフェやフルーツポンチが用意されてて、でも一階なら飲み物メニューしかないからと、大人分別で一階選ぶ。
    「和菓子とお茶のセットのご用意ならございますが」と薦められはしたけれど、聞かぬふりして打ち合わせ(笑)。


    関連ランキング:喫茶店 | 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅



    2度目の打ち合わせは上島珈琲店。



    甘くて冷たいモノをちょっと飲みたくて、それで黒糖アイスラテを飲む。
    真鍮製のカップでくるのがうれしくて、氷ギッシリ。ハンドル持って口にカップを近づけるとカラカラ、氷の音がする。唇にはりつくような冷たさが頭をキリリとスッキリさせる。
    黒糖の甘さやさしく、夏ならビッシリ、カップの表面に水滴はりつくとこなんだけど、さすがに今日は空気が乾燥してるのでしょう…、キラキラしていて目に眩し。

    そして今日の最後の仕上げ。上野の駅の商業施設の中にある「粋魚」なる立喰の寿司屋で寿司つまむ。



    ココに来たいという人がいて、それで一緒に寿司を粋につまむ人になる。
    時間は夕方7時過ぎ。
    厨房をグルリ囲むように15人ほどが立てるスペース。次々、お客様がやってきては15分ほどで寿司をつまんで立ち去っていく。お腹の具合。懐具合。そのときどきの気持ちで食べ方を加減できるのがとても良い。
    それにしても、寿司屋のお茶ってとても独特。粉が舞うような濃厚味で、寿司の風味に負けぬよう…、ってことなんでしょう。



    今日のネタが木札に書かれて、食べたい札をチャリンチャリンとカウンターの上に置かれたお皿においてく。
    それをみながら職人さんがテキパキ寿司をにぎってくれる。
    15人ほどのカウンターに対して職人さんがなんと4人。4人で1人の職人さんを独占できる贅沢さ。



    そのシステムをみれればいい、とそれでやってきたのだけれど、食べ始めると真剣に食べてしまうのが、寿司という料理の魅力でござろう。
    貝のおいしい季節でもあり、まずは貝をあれやこれやと。ホッキにつぶ貝、鳥貝そしてタイラガイ。天然エビの生のねっとり、甘みを味わい、蒸しエビ、子持ち昆布に炙った穴子にツメつけ食べる。
    あぁ、食べた。今日は本当に食べました。


    関連ランキング:寿司 | 上野駅京成上野駅稲荷町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    天金 HOME 武蔵野うどんの大財(おおたから)
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]