忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿駅から始まる出張。朝ご飯を「天金」にする。



    いつもこの店を使う時間のちょっと前。
    通勤時間の真っ只中だからでしょう。いつもはのどかなこの店も今日はにぎやか。いつも座るテーブルが使われていてその反対側のテーブルもらう。
    いつもはあそこで食べているんだ…、と自分の姿をみるような、不思議な朝にニッコリします。
    お店の人も大忙しで、それでもお馴染みさんがやってくると注文する前に、その人がいつもたのむ注文を確認しながら先回りして 厨房にいう。



    忙しくてもサービスの基準が保てる。むしろ忙しいほうが実力を発揮しやすいお店はステキ。自らの実力を知って営業しているんだというコトでしょう。
    そしていつもの定食たのむ。
    シャケの塩焼きに冷奴を追加でもらう。ご飯は控え目、半ライス。
    昨日の過食の反動でしょう…、朝ものすごくお腹が空いて、けれどこういう空腹は悪魔が仕組んだニセの空腹。
    だからちょっと控えめにと、それで大人の半ライス(笑)。



    蒸気をあてて焼いたシャケ。脂が落ちてバッサリしてはいるけれど、朝のお腹にはこれもよし。なにより皮がペロンと剥けてくれるので、皮が苦手なボクにはむしろありがたかったりするのであります。
    豆腐の角がちょっと欠けてて、この時間帯の厨房の中のアタフタ加減を告げてるよう。とは言えこれで怪我した人はいないだろうな…、とちょっと安堵でニッコリします。しっとりとしてみずみずしい、しらすおろしをざぶざぶ食べて、朝のたのしいひと揃え。



    焼きおきのシャケ。それをご飯の上にのっけて、しばらく置くと香りがフワッと蘇る。そして海苔。甘い味付け海苔が袋に入ってやってくるんだけど、夏にはこれがたちまち湿ってくっついてくる。ところが今は冬でござんす。
    かなり長くほったらかしてもずっと乾いてパリッとしてる。
    ご飯の上でそれがしんなりしてくるところが、いとおしくってご飯をくるんでパクリと食べる。パリッと歯切れて磯の香りが鼻から抜ける。きのこの味噌汁、ズズッとすすり、朝のお腹が満たされる。



    それにしても二人用のテーブルを二つ並べて一組とする。
    その一組のテーブル同士がほんのちょっとだけ離されている。しかもそこに箸が入った箱と調味料の入った器。それからメニューが置かれて、テーブル同士を隔ててる。
    隔ててるとはいえ、よそよそしくなく、二つで一組というコトがわかる程度の距離感が、大人だなぁって思ったりする。
    こういうことを誰が考え、そういうふうにしようと決めてこうなったのか。
    やさしい知恵ってステキだなぁ…、って思いもします。さぁ、移動。


    関連ランキング:定食・食堂 | 新宿西口駅新宿駅新宿三丁目駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チョコをお供に古河にゆく HOME コーヒー、コーヒー、そして寿司
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]