忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    銀座にて昼の会食。
    落ち着いて打ち合わせできそうなお店でランチをしよう…、ということで、街外れにある「はいやく」という店。

    haykaku.jpg韓国風の薬膳料理。
    それを夜はコース仕立てで食べられる…、という、お行儀の良い店。
    このお店ができたとき、かなり話題になって通った。
    「韓国料理=辛くてエネルギッシュ」って、そんな勝手な先入観をあっさり拭い去ってくれる繊細な料理の数々。
    体の奥底を癒してくれる、静かな味の迫力に、これもいいんじゃないかと思った。
    開業当初。
    お店にやってくる男性客はほぼ業界人。
    それ以外は背筋の伸びた女性ばかりで、まさに「韓流女子の店」にてその賑々しさに圧倒された記憶がある。
    さてさて、今はどんな感じ?…、ってお店を覗く。
    韓流女子的は今の健在。
    おしゃれ外食は女性の支持でもっている。

    薬膳ランチ「一汁九菜」って、ここの名物ランチをもらう。

    8ed4d2eb.jpeg汁は、おぼろ豆腐を使ったチゲで、それがメイン。
    ホロホロとした豆腐の食感。
    口に入るとスルンと舌をすべって撫でて、熱々のまま喉の入り口をノックする。
    その温度感にビックリします。
    交感神経が刺激され、一気にお腹が空く感じ。
    辛口にしてもらったスープは濃厚。
    ドッシリとした牛コツスープに、スキッと切れのいい貝の味わい。
    野菜の旨みや漢方風のスパイスが渾然一体とまじりあう。
    辛さよりも旨みが先に舌にのり、それがドッシリ、ずっと居座り他の味わい、差配する。
    お腹の中からじんわりしみ込み、その栄養を体の隅々、ゆきわたらせる。
    はっきりとした味の輪郭、最後にスキッと荏胡麻が香る。
    ご馳走です。

    18d12562.jpeg野菜が主役の料理があれこれ。
    わらびのナムルに、シャキシャキとした小松菜キムチ。
    エビに卵をまとわせてふんわり焼いたジョンに、イカの韓国風の刺身やチャプチェ。
    甘いもの。
    塩辛いもの、苦いもの。
    酸っぱいものと味のバランス絶妙で、ひとつひとつの量はホントに少ないけれど分量以上の存在感と満足感を与えてくれる。
    ひとつひとつの料理が飛び上がるほどおいしいわけではないけれど、ほどよい量がたくさん種類やってくるのがウレシいところ。
    しかも料理の味がキッチリしてる。
    特にニンニクと唐辛子の使い方は容赦なく、おしゃれな場所のおしゃれな店ではあるけれど、シッカリにんにくを使ったガッチリした味が韓国的でいい感じ。
    中でもチャプチェ。
    春雨、葉野菜、根菜、シイタケ、お肉と素材ひとつひとつにそれぞれ独自の下味をつけ、それを和えて一つにしていく。
    とても丁寧。
    噛みしめながらたのしむ料理と、ホツホツとした雑穀ご飯と一緒に味わい程よくお腹を一杯にする。

    048bc723.jpegシャーベットにてランチのお腹に蓋をする。
    薬膳っていうと、やさしくたよりない料理をイメージしてしまう。
    けれどココのは食べてるうちに、どんどん食欲が湧いてくるようなそんな薬膳。
    「食欲増進」「滋養強壮」もたしかに薬に要求される、とても大事な効能でここのこうした薬膳ならば男の口にもありがたい。
    なにより、いろんな種類の料理が飾る、目に鮮やかで豊かな食卓。
    久しぶり…、って思ったりした。
    今日はいい昼、いい気持ち。

    それにしても歩行者天国の中央通りに溢れるほどの人の数。
    街と街とが戦う東京。
    今の銀座は見事に勝ち組、大人のたのしい街になったということなのかもしれません。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホタテと和えメン、香港風 HOME モヤシドッグにイリタマドッグ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]