忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    友人の妹君。
    深窓の令嬢系と勝手にボクは思い込んでいる、そのご令嬢と一緒に焼肉。
    別に焼肉でなくても…、って思いもしたけど実は彼女のリクエスト、それが焼肉。
    どこにしようかとかなり迷って、ココにしました。

    tendan.jpg東銀座の「天壇」という店。
    他に安くておいしい焼肉屋さんは、探さなくてもたくさんある。
    けれどもお洒落女子をお連れして、安心な店を探すとなると苦労する。
    自分でお肉を焼きながら、しかも煙が気にならない。
    お腹いっぱいよりもたのしさ。
    男子のお腹と女子のお腹の、どちらも満足させる自由なボリューム設定。
    おいしくもあり、しかも食後のたのしみ分の予算をひねり出せる程度の手軽な値段。
    それら全部の条件が、程良くそろっているお店。
    ここにしましょう…、とそれでここ。

    まだ真新しさが残ったビルの10階という場所。
    窓の大きな開放的な気持の良い空間で、女性がキレイに見える雰囲気。
    そうも思って、やってきました12時ちょうど。

    0d34e88d.jpegここに来るのは何年ぶりか?
    京都からやってきてココに開業した直後に数回、きてみてそれ以来。
    そのときはガラッとあまり混んでなかった。
    だから多分大丈夫だろうって思ってきたらばなんたるコト。
    エレベーターホールに溢れる待ちの人。
    聞けば30分ほどの待ちになるという。
    名前をリストに登録し、近所でお茶を飲みながら待つ。
    待ってた人は年齢問わぬカップル客に女性同士のグループと言う、上等な繁盛店の定石通りのお客様。
    名前を呼ばれてテーブルにつくとお店の中もニギニギしくて、まるで違ったおみせのように感じてしまう。
    お店の雰囲気の半分以上は、そこで食事するお客様の発する空気でできてる。
    そう思う。

    ココのランチにはすべておかずのバフェがついてる。
    サラダにキムチ、ナムルや韓国惣菜が全部で12、3種類くらいでしょうか。
    食べ放題でそれが多分、人気をよんでる。
    焼くための肉とご飯とスープは厨房のから運ばれてくる。
    韓国で料理をたのむと、何種類もの料理がズラッとテーブルの上にまず並ぶ。
    それを食べ食べ料理を待って、途中でそれがなくなるとどんどん補充をしてくれる。
    あのスタイルは考えてみればサービス付きで「料理の方からやってくるバフェ」みたいな感じ。
    それを本当のバフェにしたって思えば決して不思議じゃない。
    かなり自然ななりゆいきか…。

    660332e3.jpegレタスや貝割れ、サラダ野菜があれこれ何種か。
    それにモヤシやぜんまいのナムルが数種。
    チヂミに端肉や筋肉の煮込みにチャプチェ。
    どれもキチッと味が決まってて、特に牛すじ煮込みの旨いコト。
    これでご飯が一膳、おかわりできるほど。
    白菜と塩水の中で発酵させて作る水キムチが少々、浅いつかり具合でちょっと残念…、まぁ、しょうがない。

    メインの肉はカルビとロースをたのんで焼いた。
    カルビはそこそこ。
    ロースは脂と赤身のバランスがよく、これは絶品…、いい感じ。
    タレにしっかり漬け込んで、だからガスで焼いても香ばしい。
    ここではサラッとした出汁スープのようなつけダレが用意されてて、それにササッとくぐらせると脂がほどよくとれてさっぱり、食べられる。
    若干、分厚く切り分けられたカルビがムチッと歯ごたえたのしい。
    焼肉って、やっぱり人の気持ちを上げる。
    ジュウジュウ焼いて、パクパク食べて、ご飯とタップリお代わりし、会話をはずませお腹を満たす。
    あぁ、シアワセがやってくる。

    967dab34.jpegバフェの料理を2度ほどお代わり。
    ご飯を一回、お代わりしてきぱき焼いてたのしく食べて、それで大体1時間。
    肉を全部焼き終わったら、そのタイミングでホットコーヒーとプリンがきます。
    そろそろ帰りの準備をされてはいかが?ってそんなサービス、メッセージ。
    入り口付近にはまだ10組ほどのお客様がまっている。
    この1時間ほど、お客様が帰ったら次のお客様がやってきていて、ほば同じだけの待ち客がずっとホールにたまってた。
    このシステム。
    この商品。
    このプライスが多分、今の時代にピタッとはまったのでしょう。
    しばらくしたら、またきてみよう。
    そうして時代の空気を感じとらせてもらおう…、って思ったりした、ゴキゲンに。

    ところで韓国つながりとでもいいますか…、話題をひとつ。

    今、日本では韓国からやってきた「少女時代」がブレイクの兆しでござりますけど、少女時代と聞くとどうしても思い出してしまうグループが「少女隊」。
    1980年代の後半の女性3人のヴォーカルユニット。
    プロモーション費用を何十億円もかけながら、デビューしたけどいろんな事件に次々、見舞われブレーク出来ずに終わった不遇のグループで、その一番の理由が「少年隊」を擁するあの不機嫌なプロダクションの圧力だった…、って言われてる。
    結構、オモシロイ歌をうたっていたのに、勿体なかった。
    例えば、コノ歌。



    1988年にリリースされた「KOREA」って曲。
    この年に開催されたソウルオリンピックのイメージソング。
    好きでした…、コレ。
    洋楽のカバーというコトもあって、当時はやったAOR系の音がして好き。
    因みにこの年、東京ドームが完成し、六本木ではディスコの天井が落ちた年。
    バブル絶頂、どこか狂ったようなムードが日本中を覆ってた。
    動画の冒頭、昭和天皇の容体急変のテロップが流れているけど、この翌年に元号かわるそんな昭和の最後のあだ花…、そう思ったらなおさらなんだか、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさんにお店選びをお願いしたら間違いがない♪

    キョーコさん / 2010/10/10(Sun) / URL
    ありがとうございます。
    > キョーコさん
    その方のことがわかればわかるほど、いいお店選びをさせていただけるように感じます。
    一度目よりも二度目。
    ぜひ、次の機会をお待ちしております。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/10(Sun) /
    ひょっとして・・・
    ご令嬢との食事会
    ひょっとして、お見合いでした?(笑)
    koutagawaさん / 2010/10/10(Sun) / URL
    お見合い!
    > koutagawaさん
    あぁ、なんという懐かしい言葉の響き。
    しかもお見合いでいきなり焼肉なんて、すごいシチュエーションですよね。
    そんなのしてみたいなぁ…(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/10(Sun) /
    午後のお茶、スヌーピーに冷麦の夜 HOME メルトなツナと寝相占い
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]