忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午後のお茶。

    mf.jpg銀座のマリアージュ・フレールでうやうやしくも、とりおこなった。
    驚くほどの紅茶が揃う専門店。
    茶葉や茶器、おいしくお茶をたのしむためのいろんな道具がそろったお店に併設された、ティールームにて。

    お茶をたのしむ場所としては、贅沢なほどのしつらえで何しろ純白の分厚いテーブルクロスにピカピカとしたナイフとフォーク。
    これだけ見たらまるでフランス料理のレストランに紛れ込んだみたいな風情。
    とはいえ緊張感がそこにあるか…、というと決してそんなコトはない。
    テーブルのお供は籐のカジュアルな椅子。
    ウェイターの制服は白い麻でできた上下で、プランテーション趣味とでも言いますか。
    南の島のリゾートホテルのメインダイニングみたいな雰囲気。
    紅茶という飲み物が、南からやってきたエキゾチックなモノであった時代の名残り。
    100種類をこえるフレーバーがそろった紅茶の分厚いメニューを眺めつつ、ウットリします。
    これでもうちょっとだけでも天井が高ければ、シンガポールのティフィンルームに来たような豪華な気持ちになっていたかも…、って思い出しつつでもゴキゲンに。

    1338c893.jpegカサブランカというお茶を飲む。
    英国式のブラックティにミントとベルガモットの香りをつけたフレーバーティー。
    ベルガモットの香りと言えばアールグレーの風味の基本。
    あの独特の薬臭さとミントの香りが喧嘩せぬかとおもいつつ、飲むとなんともこれがおいしい。
    口に含んだその瞬間は、軽いミントの香りがススッと鼻から抜けていく。
    けれど喉に紅茶が辿りついたときには、ミントの香りがもう終わってて、不思議なほどにサッパリとしたアールグレーの風味になってる。
    いつもここではラプサンスーチョンって言う同じベルガモット系でまるで正露丸みたいな香りのお茶を好んで飲んでいた。
    湿度が高いときには今日の、カサブランカの方がスッキリ、おいしくたのしめるかも。
    それにコレ。
    アイスにすると多分、おいしく飲めるだろうなぁ…。

    ココでアイスティーをたのむとポット一杯分を、大きなチューリップ型のグラスに入れて飲ませてくれる。
    次は絶対、それにするぞ…、って思ってそれでケーキを食べる。

    紅茶のババロア。
    中にはフランボワーズにイチゴに酸味を残して煮込んだルバブ。
    紅茶のホロッと苦い風味に、ベリーの酸味がとてもよく合う。
    フルっとやさしいババロアを舌の上にそっと置き、上顎使ってクシュッと潰す。
    トロンととろけて、みるみるうちになくなっていく、そのはかなさがオゴチソウ。

    お店をあとに家まで帰ろうと思った途中で、スヌーピーを見つけてしまう。

    snoopy.jpg数寄屋橋の交差点にある、ソニーのビルの一階の角。
    スヌーピーが出ている漫画「ピーナツ」が、今年60周年を迎えるコトを記念して24日までイベント中。
    どんなもんかと行ってみたらば、これが結構オモシロイ。
    ピーナツの3D映像を上映してたり、3D映像付きのデジタル一眼でキャラクターとの記念撮影。
    どれも結局、ソニー自慢のディバイスのプロモーションではあるのだけれど、なかなかこれが楽しくて時間つぶしにはぴったりかもネ。
    これからしばらく、銀座界隈での待ち合わせには、ソニービルの8階にある劇場でネ?って感じがちょっとお洒落かも。
    それにしても銀座の街は外人観光客が本当に多くてびっくり。
    特にココ…、ソニービルには欧米系の人がワンサカやってきて、憧れの目でテレビやカメラをながめて、触れてウットリしてる。
    残念ながらネットウォークマンの展示スペースには殆ど人がいなくて痛い、笑っちゃう。

    昼の食べ過ぎ是正するため、お腹にやさしく、体をぽかっと温めるモノ…、麺にします。

    kitune.jpg生の冷麦。
    茹でて冷やして水でしめ、再びお湯であっためて温麺にした。
    関西風に出汁と砂糖と白醤油にて味をつくった出汁に静めて、具材をはります。
    細かく刻んだ甘く煮込んだきつねさん。
    薄切りにした蒲鉾と、ネギとスダチでスッキリ、サッパリ、夜食風。

    生独特のムチムチとした冷麦の麺。
    冷たくしたまま食べるとこれがはりをもち、ツルンと喉をかけおりていく。
    硬い歯ごたえがたのしいのだけど、それを熱々にして食べる。
    すると一層、ムチムチ感がきわだって、口の隅々にまとわりついてくるようになる。
    汁をタップリ吸い上げて、口の中が出汁まみれになっていくのも楽しくて、小麦の麺のムワッと咽るような香りがこれまたおもしろい。
    甘辛醤油を吸い込んだ、刻みきつねが汁をすい麺と一緒にやってきて、噛むとジュワッと旨みを吐き出す。
    ツルツルとした薄切りかまぼこ。
    スダチを絞って酸味を足すと、出汁の甘みが引き立ってなのに喉がスキッとします。
    夜のお腹がポワンとあったか…、ほどよくお腹も満たされてよく眠れそう、グッドナイ!
    明日は祝日、けれどほとんど仕事で潰れる一日、なりそうな気がする今日の夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スヌーピー
    この前、会社のお昼休みにスヌーピーの話をしました。
    同僚が言うには、スヌーピーは最初の頃、二足歩行ではなく、普通の犬だったらしいです。
    只の犬のスヌーピーなんて想像出来ません。
    lovekuma69さん / 2010/10/10(Sun) /
    歩く犬
    > lovekuma69さん
    ピトピト歩きながら、シニカルに笑う犬だからこそ、スヌーピー。
    多分、いろんな事情で今のような形になったんでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/10(Sun) /
    無題
    ポットに映ったサカキサン、見っけ!
    チキンさん / 2010/10/13(Wed) /
    ふふふふ
    > チキンさん
    見つかっちゃいましたぁ!
    キラキラポットがまるで鏡のようですね。
    湾曲した鏡面なんで体のサイズがわからないのが嬉しいところでござります(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/13(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    多様であるコト、素晴らしきコト HOME 肉を焼く昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]