忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして〆をと夜の街。
    おいしい皿うどんがあるんですよ、と「桃源」という店にくる。



    雑居ビルの奥にある小さな店で、連れて行かれなければ絶対、店を訪れることはないだろうって思えるほどに普通のお店。
    けれど厨房の中はピカピカ。掃除が行き届いていて、ひとつの料理を作り終えると鍋やお玉をいちいちキレイに磨き上げてる。いい店だなぁ…、とまず思う。
    チャーハンやちゃんぽん、太平燕などもあるのだけれど、ほとんどの人が皿うどんをたのむみたいで、その作り方をずっと見ていた。



    千切りキャベツをメインとした具材と麺を鍋に投入。普通ならばそれから鍋を振り上げて一気呵成に調理するとこ、スープや調味料を投入しながらお玉を2つ両手に持って、やさしくまぜてスープを麺に煮含めていく。
    鍋から出ていた湯気がなくなり、おそらくスープが全部、麺に染みこんでしまったのでしょう…、麺だけ取り出しお皿に移す。
    そこから強火で具材を宙に放り上げつつ、水気を飛ばして麺にのっける。なんだか不思議な作り方。



    さて出来栄えはと食べてみると、なんとおいしい。麺はシットリ。油やスープ、具材の旨味がすべて麺に染みこんで甘くて旨い。
    千切りキャベツの他には刻んだかまぼこ、人参、竹輪にゲソで、しかもそれらがほとんど食感なくすくらいまで小さくされてる。だから口が感じる食感のメインはあくまで麺だというのが、またオモシロイ。
    ウスターソースをかけて酸味をくわえて食べて、お供にコーラ。泡でジュワジュワ舌を洗って、パクパクバクバク、気づけばお皿がキレイに空っぽ。
    熊本の夜は危険でござる…、でもおいしいからしょうがない。


    関連ランキング:中華料理 | 花畑町駅熊本城・市役所前駅辛島町駅



    明日も元気で笑顔でがんばる…、そんな気持ちを作ってくれる動画を一本。

    High Five Camera from Andrew Maxwell-Parish on Vimeo.


    ハイファイブカメラって題名…、つまり、ハイタッチをして笑顔になる人をただただ撮り続けた動画なんだけど、人ってちょっとしたキッカケで元気になったり笑顔になったりするんだなぁ…、ってしんみり思う。
    明日もココロでハイタッチ!いい夢みましょう…、おやすみなさい、熊本の夜。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    熊本のお店
    サカキさん、こんばんは。
    熊本にいらっしゃっているのですね。
    瓢六や紅蘭亭と、満喫されていて何よりです。鶴屋のランマルシェもいいですよね〜!と思う私は実は熊本県民なのですが、下通りにある「月◯」(つきまる)というお店もオススメですよ。
    とにかくお刺身が美味しくて安く、うにチャーハンも絶品で、何より従業員の主要メンバーがずっと同じなのが頼もしい、なかなか気持ちのいいお店です。
    いつ行っても変わらない安心感と、だけど飽きさせない新鮮さに、もう何年も通っています。
    きっとサカキさんのお好みにも合うのではと思うのですが、もし機会がおありでしたら覗いてみて下さいね。
    紅野さん / 2014/04/17(Thu) /
    おいしい熊本
    > 紅野さん
    もともとご先祖様が熊本と鹿児島の県境界隈の出身であることもあってでしょうか…、熊本の料理は体にあいます。
    なので、行きたいお店がたくさんあって、うれしい悲鳴。
    ご紹介の月◯さん。
    読んでいるだけでもう行きたくってしょうがなくなっちゃいました。
    これからは頻繁に伺うコトになるんじゃないかとも思いますゆえ、是非にと思います。
    ありがとうございました。
    サカキシンイチロウさん / 2014/04/17(Thu) /
    熊本の朝 HOME 熊本おでん、瓢六の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]