忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    熊本から宮崎への移動の途中の都城…、ランチを「武蔵野」。



    宮崎で創業をして100年以上という老舗の蕎麦店。
    その店を若い世代が受け継いて、今の時代に合わせたお店にしようとそれで、気軽な値段でたのしめる、けれど品質には妥協をしないですむように、新しいサービススタイルの店にした。
    食券販売機で前払い。テーブルに付き、その食券をお店の人に手渡し料理を運んでもらう。お水やお茶はセルフサービス。合理的だけど、サービスをさせてもらおうという気持ちを忘れぬたのしいシステム。



    ぶっかけそばをたのんで食べます。
    バッサリとした歯切れよい、キレイな蕎麦に大根おろしに海苔、かつお節。かいわれ大根、天かすそれから温玉と、それらをグルグルかき混ぜ食べる。
    蕎麦も旨いが、タレがおいしくこれだけたくさんの具材を混ぜて食べているのにタレの風味が負けないステキ。
    ほどよくお腹を満たして再び移動としました、昼のコト。

    それから午後に勉強会。牧場視察とバーベキュー。盛り沢山な一日を終え、飲みに出る前にやっぱりうどんを食べたくなった。



    宮崎名物の釜あげうどん…、名店のひとつ「おだまき」にくる。
    町中のビルの一階。小さなお店で甘味処のような設え。そこに次々、飲んだあとのおじさんたちが吸い込まれていく。
    夜だけ営業。ピークタイムは10時前後という、まさに大人の〆レストラン。
    メニューは釜あげうどんだけ。座ると普通でいいですか?と。並盛り、大盛りの2種類があり、どちらか選べばそれでおしまい。専門店。



    手切りのうどんは稲庭うどんよりちょっと太めというとこですか。太さ不揃いなところが手作り感をかきたて目に美味しい。
    ツユはあったか。ネギと天かすがたっぷりはいって、そこにトプンとしっかりつけてズルンとたぐる。
    いやはやツユがなんとも旨い。かつお節の匂いがポワンと鼻から抜ける。醤油の風味は最小限で、ネギの香りと天かすの油の風味がコクを作って、ヌルヌルうどんの小麦の香りをひきたてる。
    噛む必要もなく喉越し味わうこの食感。お腹がやさしくあったまるこの温かさが確かに〆にピッタリだよね…、といいつつそのまま飲みに出る。


    関連ランキング:うどん | 宮崎駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    宮崎の朝、そして昼 HOME 尾崎牛
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]