忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    浜松、勉強会、二日目の朝。
    hamahotel.jpg朝、目を覚ましカーテンを開け外を眺める。
    昨日の台風崩れの大雨の名残が空気に残ってるからなのでしょう…、景色がシットリ、潤んでみえる。
    昨日、チェックインして寝るまでバタバタしていたために気づかなかったベッドの上に飾られた額。
    几帳面にみんなわずかに右肩下がり。
    業績チャートがこんなだったら気持ちが滅入ってしょうがない。
    まっすぐに直しておこうか思ったけれど折角だからちょっと右肩上がりにしといた。

    f49705ba.jpegそしてホテルで朝ご飯。
    和食、洋食がほどよく揃う程よきバフェ。
    出汁巻き玉子と、スクランブルエッグ。
    卵料理はどちらにしようかと、ちょっと悩んで、ご飯の上にスクランブルエッグをのせて食べてみたくなる。
    玉子かけご飯は生卵がダメだから食べられない。
    でもトロトロに仕上がったスクランブルエッグと一緒にご飯をザブザブかきこんだらば、どんなにおいしく感じるだろう…、って。
    試してみたくて、それでそうする。
    ケチャップかけてザブッとやると、ご飯がスベスベ、なめらかになる。
    タンポポ風のオムライスをサッパリさせたみたいな感じ。
    体も朝からやわらかになる。

    おかずは健康的にする。
    豆腐にしらす、それからスライスレッドオニオン。
    醤油やドレッシングをつかわずに、しらすの塩味だけでたのしむ。
    海の旨みをたくわえたしらすの味が、豆腐の持ち味ひきたてて豆まめしさが際立ってくる。
    生のタマネギは血をサラサラにしてもらうため。
    体の重さを解消す。

    朝を終わって昨日の勉強会の成果発表をかねた会合。
    働くコトが好きな人に働いてほしい外食産業。
    けれどこのままだと、働くコトが好きな人から働く意欲を奪ってしまいかねない今の外食産業の状況を、どうすれば変えるコトができるんだろう…、って、みんなで話しあって散会。
    浜松駅の近所でお昼。

    tororoya.jpgとろろや」っていう店。

    山芋とろろをメインに、体にやさしい滋養豊かな野菜や魚を気軽にたべさせてくれる店。
    東海道を歩いて移動していた時代。
    疲れを癒し、明日の元気を保証する当時のスタミナ料理として、山芋とろろをふるまう宿場があったりした。
    静岡県というと海の幸をイメージしがち。
    けれど実は山に恵まれた場所でもあってジビエの宝庫だったりもする。
    つまり、海山両方。
    自然の幸に恵まれた場所。
    今日は山の元気を食べるコトとした。

    tororo.jpgお魚定食。
    すったとろろ芋と焼いた鯖。
    鯖が焼き上がるまで10分ほどお時間を頂戴しますが…、とそう言われてまって出てきた鯖の塩焼き。

    見目麗しく、皮がバリッと惚れ惚れするほどキレイに焼き上がっている。
    見事な焼き色…、皮が膨れて破裂して中から脂がにじみだしてくるのに食欲そそられる。
    身はガッシリ。
    箸をそれるとポロッとほぐれ、骨までしゃぶりたくなるおいしさ。
    筋肉質で旨み、風味もとっても強い。
    これで普通のご飯を食べても充分おいしく贅沢なお昼のご飯になろうもの。
    うれしいコトにトロロのご飯を合わせていただく趣向。
    不思議な程に、焼いた鯖ととろろのすりながしってあうんですね。
    白味噌と出汁で下味ついたとろろをトロンと麦飯にかけ、ザブッと食べる。
    サラサラやさしい喉越しで、スルンとお腹に入ってくる。
    とても食べやすくって食感やさしいクセして、土の香りとほんの少しの渋味を残し、野山の生命力を感じさせてくれる一品。
    元気がでます、日本のやさしいスタミナの味。
    サイドのひじきを煮たものや、味噌汁、お新香、どれをとっても丁寧な味。
    追加でとった鶏の唐揚げもガリッと揚がった上等なモノ。
    なによりお店の人の元気で親身なサービスが、いいお店って思ったりした。
    さて、東京。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    とろろや
    確かコチラは女性オーナーのお店だったと記憶してますが…
    ちょっとした縁で、お仕事させてもらえないかと動いたことがあったのですが頓挫したままになってました
    ちょっと懐かしいお店です
    koutagawaさん / 2010/09/09(Thu) / URL
    わかわかしい
    > koutagawaさん
    比較的あたらしく、若々しいお店でした。
    女性オーナーらしいやさしさが溢れていて、はじめて来てたちまち好きになりました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/09(Thu) /
    鯖塩
    ボクもお昼は鯖焼き定食。でもでも、西麻布権八の鯖は、あまりに小さく身もスッカスカでしたよ(泣)。日本のお客様は眼中にないのでしょうね、きっと。
    オレンジさん / 2010/09/09(Thu) /
    ゴンパチ
    > オレンジさん
    いまだにブッシュ大統領が食事をしたと言うコトが最大の売りである店。
    日本のお店という感じではなくなっちゃってますよね。
    小さすぎる鯖。
    あまりにさみしくなっちゃいますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/09(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    意外な場所のダイソンのコト HOME さわやかな夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]