忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて、神戸…、ランチタイムがはじまる時間に到着しまず腹ごしらえと街、歩く。

    mon.jpg三宮の街。
    飲食店がこれでもかとズラッと並ぶ商店街。
    全国チェーンの見慣れた看板がありもする。
    けれど、基本的に地元の人たちがやっているお店がメイン。
    関西圏はまだ地域の食が守られている。
    ときにかたくななほどの地域愛が、結果、ココにしかないモノを残す結果になっている。
    それにほどよく大きな市場があるのも幸いしているのでしょう。
    北関東や東海地方に行くと、いったいコレはどうしたことか?とうんざりするほどミニ東京な感じになってるコトがある。
    なんだかスゴくなやましい。

    実は先日、三宮でおいしいランチを食べられる場所はありますか?と、ブログで聞いた。
    ありがたいコトに、そのとき何軒ものサジェスチョンを頂いてその一軒をためしてみようとテクリテクリと歩いて探す。
    ちっちゃくって見過ごしちゃうかもしれませんけど…、と言われていたので目を皿のようにして探すとあった。
    商店街の外れというか、ひとつの商店街が終わって次の商店街が始まる狭間とでもいいますか。
    「欧風料理もん」という特徴的な看板に、ヨーロッパの田舎屋風の一軒家。
    レストランという看板がなければ昔ながらの喫茶店のような風情でニコリとなります。
    ドアをあけ、中に入るとほどよく小さな空間。
    一階部分は厨房、それからカウンター、テーブル席がいくつかあって、一人というとカウンターにどうぞを席を薦められます。

    98450dba.jpegカウンターの端にちょこんと座って奥をながめると一番奥に厨房がある。
    食材を切る人、鍋をふる人に盛りつける人と分業があるように見え、中に良く似た顔の人たちをみつけてもしや、家族でやってるお店なのかなぁ…、と。
    人が生み出す気配とか、ムードというのがおいしさの一番最初の手がかりでして。
    この店、なんだかのんびりしていて、いいんじゃないの…、と思ってニンマリ。
    テーブルの上に置かれたテーブルマットがモダンなデザイン。
    マッチの箱やカウンターの上に積まれたおみやげ用の箱もしっかりデザインされたオリジナル。
    かつてレストランという場所がアートが集まる場所だった、そんな時代に思いを馳せる、いい気持ち。

    メニューは全部で40種類ほど。
    とんかつ、ビフカツ、オムライス。
    スパゲティーやグラタンなどなど。
    典型的な洋食屋さんのメニューでけれど、値段が少々はりますか。
    ほどよくお腹いっぱいになろうと思うと2000円を超える値段で、けれどそれでもお店の中はとてもにぎやか。
    12時前というのに一階のテーブル席は満席で、後から来る人は二階へどうぞと案内されてた。
    神戸、大阪、京都という街。
    安いものは徹底的に安くするけど、安くなくてもいいモノはほどよき値段でお店もお客様も良しとする。
    大人な分別が活き活きしていてボクは好き。

    a1d8d1fc.jpegビフカツを食べようと思ってやってきて、けれどメニューにビフカツサンドというのを見つけて、それにしようと気持ちを決める。

    とんかつと違ってビフカツはあっという間に完成します。
    厨房の奥で揚げられたパン。
    それがカウンターの一番端に運ばれて、そこでパンと合体をする。
    まずはソースにトプリとつかり、そのままパンで挟まれてザクリザクリと切られてどうぞとやってくる。

    うーん、うつくしい。
    見事なるレア。
    ほどよき厚さの牛肉にコレ以上薄くすると衣としての役目を果たさなくなってしまうのじゃないかしら、と思うほどに薄いパン粉がシッカリ貼り付く。
    パンはトーストせずにそのまま。
    手づかみするとそのフックラとした感覚に身が震えます。

    噛むとサクッときれいに歯切れ、口の中へとソースの香りがやってくる。
    甘みよりも酸味が際立つスッキリとしたソースの味と風味が消えると、次に肉の香りがホワンとやってくる。
    ほどよく塾生のきいた肉。
    やわらか…、ムッチリ、歯にまとわりつく肉感的なその食感。
    それをフッカリしたパンが支えてなんとも見事なおいしさ。
    不思議なことに、ビフカツサンドという感覚が希薄なのです。
    ステーキサンド。
    しかもトーストしたパンで挟んだステーキサンドのような味わいがあり、つまり衣が極薄でそれがパンと一緒になってパンが焼けてるような感じになっている。
    食欲不振が一気にふっとぶ、極上の味にウットリしました…、正真正銘、ボクが知ってるビフカツサンドの最高峰と正直思った、出会えて本当にありがとう。



    関連ランキング:洋食 | 三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)旧居留地・大丸前駅



    みるみるさん、本当にありがとうございました。
    感激レベルのお店、これから贔屓にさせていただきます。
    それからかしこんさん…、最初はミントの芙美でだし巻き卵丼にしようと思っていたのですが気持ちがビフカツに動いてしまいまして次回は是非にと先送りにしてしまいました。
    tonamiさん、193さん、神戸のおいしいお店の底力にますますこの街が好きになってしまいそうです…、またの機会に皆さんのご意見、参考にさせていただきます!
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    懐かしい!
    こんにちはサカキさん。
    出張お疲れ様です。

    4年前にネットで知り合ったお友達と会った際に
    是非神戸の洋食が食べたいとお願いしましたら
    こちらにつれてきていただきました。
    グラタンがとても美味しかったです。
    ブフカツサンドも美味しそうですね♪
    sayaさん / 2012/03/07(Wed) /
    オムライスも
    > sayaさん
    隣のお客様がオムライスを食べていらっしゃった。
    おいしそうだったなぁ…、元気があったら絶対、あれもくださいって言っていたんじゃないかというくらいおいしく見えました。
    いいお店ですね。
    いぶし銀のような歴史を感じると同時に、これからも変わらずずっとこうして頑張っていくんだろうなぁ…、と思わせるステキ。
    ファンになっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    こちらこそ
    オススメしたお店に行っていただいてありがとうございます!

    実はコメントした後で、「ビフカツサンドも有名って書けば良かったな~」と思っていたのです。

    サカキさんはやっぱり美味しいものを見抜く目をお持ちですね!



    他の方がオススメされていたお店も行ってみたいです…。ミント神戸の芙美さんは知っているのですが入ったことはなくて、背中を押してもらったような気分です。

    みるみるさん / 2012/03/07(Wed) /
    感謝してます!
    > みるみるさん
    本当にみなさんに感謝してます。
    こうしたお店に出会えるコト。
    なんてシアワセなんだろう…、って。
    ぜひ、神戸でオフ会なんてしてみたいですネ。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    びっくり!
    初めて書き込みさせて頂きます。
    いつもサカキさんのブログ楽しみにしています。
    まさか神戸にいらして、しかも私のいきつけのお店、もんに行かれるとは…!
    びっくりしすぎて思わずコメントしてしまいました。
    もん はお座敷で頂くスキヤキも美味ですよ。

    サカキさんの文章を見るといつもお腹がすきます。
    週末にでもまたビフカツサンドをテイクアウトしようかな…。
    これからも素敵なブログ、楽しみにしています。
    ろっこたんさん / 2012/03/07(Wed) /
    無題
    来月、神戸に行く予定があるのですが、
    私も是非食べに行こうと思います♪
    キョーコさん / 2012/03/07(Wed) /
    はじめまして
    > ろっこたんさん
    テイクアウト用のパッケージがあまりに可愛らしくて、思わずテイクアウトをお替りしてしまいそうでした。
    すばらしいお店。
    神戸の豊かで連続性をもった食文化をひしひしと感じさせて頂きました。
    これからもよろしくお願いいたします。
    またステキなコメント、お待ち申し上げております。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    ぜひ腹ぺこで
    > キョーコさん
    絶対のおすすめです。
    腹ぺこでお越しになって、まずはオムライス。
    そしてテイクアウトでビフカツサンド。
    完璧です!
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    美味しそう・・・
    素敵なお店ですね~!
    ますます神戸に行きたくなります・・・。
    tonamiさん / 2012/03/07(Wed) /
    歩ける街
    > tonamiさん
    日本の大都会の中でも、コンパクトにまとまっていて歩く楽しみのある神戸。
    ステキな街です。
    街全体がおいしそうな空気をまとっている。
    ボクもまた行きたくなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    無題
    サカキさま
    出張おつかれさまです。

    芙美さんはランチタイムに関係なくいつでも定食や丼物が食べられますので、次回は、是非!
    貝汁のスープもレモンの皮らしきものが入っているような、不思議な清涼感なのです。

    ですのでみるみるさんさま、私は「女子お一人様」で何度か伺っていますが、お店の方の態度はとても優しくておだやかです。おかみさんはキップがよいです。居心地いいです。
    最初は「そんなに込んでないかなぁ」という感じのときが狙い目ですよ。是非、いつか。
    かしこんさん / 2012/03/08(Thu) / URL
    懐かしい…
    懐かしい…
    社会人になりたての頃、当時付き合っていた年上の彼氏に連れてってもらったお店です。
    ほんっとに、美味しかった。
    あの時以来行っていませんが、神戸に行ったらまた行きたい、と、今もずーっと思い続けています。
    あぁ、行きたい~
    ちょびさん / 2012/03/08(Thu) /
    なるほど
    > かしこんさん
    夜も丼モノが食べられる。
    これはますます行かなくてはです。
    関西独特の人懐っこさ…、サービス精神旺盛なお店ってステキだなぁと思います。
    次回は必ず。
    どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/08(Thu) /
    誰かを連れて行きたくなるお店
    > ちょびさん
    いいお店の条件の一つとして、「誰かを連れて行きたくてしょうがなくなるお店」っていうのがありますよね。
    まさにそんな条件にあうお店。
    ボクも誰かを連れて行きたくなる。
    そしてその人の喜ぶ顔を見たくなる。
    いいお店でした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/08(Thu) /
    おいしそう
    サカキさんのブログを拝読し、いつもあれこれ妄想しています。
    私にとって「もん」は、ちょっとだけ贅沢なお店の位置づけですが、次回はビフカツを注文してみたいと思います。
    ほぼ日のお話も楽しみにしております♪ 美味しいお話、優しい物語、いつもありがとうございます。
    yukaさん / 2012/03/09(Fri) /
    手に届く贅沢
    > yukaさん
    手に届く贅沢って大切にしたいですよね。
    ここのお店の料理。
    どれも食べてみたい魅力的なモノ。
    通わなくちゃ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/09(Fri) /
    神戸ジュースにイエヨルゴハン HOME ホットドッグに思うコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]