忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて、ひさしぶりにモスご飯。

    21bcf13e.jpegスパイシーチリドッグを食べに来ました。
    ムッチリ感がたまらぬやわらかソーセージ。
    フッカリ感がたまらぬふっくらロールブレッド。
    パンもソーセージも渾然一体となったマクドナルドのホットドッグと違った食感。
    コリッと歯ごたえあるソーセージがあくまで主役の、フレッシュネスのホットドッグとも違った歯ざわり。
    ヨーロッパ的なるカッシリとしたパンの歯ごたえたのしむドトールのジャーマンドッグとも違ったやさしさ。
    ファストフードのホットドッグとしてはかなりの古顔で、いまだに魅力が褪せないところがスゴいなぁ…、って思う名品。
    今日は特にパンがカリッと焼きあがりスパッと切り目の入ったところがサクサク、乾いた感じになってる。
    そのカサカサと、プチュンと弾けるソーセージ。
    そしてトロンと風合いリッチなチリソース。
    それらすべてのバランスがよく、互いに互いをひきたておいしさ競う。
    そこにハラペニョ。
    ほのかに酸っぱくみずみずしくて、クチュっと潰れてヒリッと唇つねりあげるような鋭い辛さを発するたのしいアクセント。
    すべてが正しい状態で用意されてるこうした料理に出会うとウレシイ。
    お腹も気持ちもひとしく癒され、たのしくなってくステキなゴチソウ。

    一緒にクラムチャウダー、食べます。
    季節限定…、冬のお料理、いつまでこれを今シーズンも食べることができるだろうか?って、思うとちょっといとしくなった。

    c1e228d7.jpegここのクラムチャウダーは、いつもちょっと灰色がかった色をしている。
    スープ自体は白味を帯びた明るいクリーム色なんだけど、多分、アサリの鉄分が意地悪しちゃうのでしょうね。
    乳タンパクが化学変化を起こしてしまう。
    それだけアサリのうま味がタップリ、溶け込んでいる証拠なんだと思えばそれもおいしく感じる。

    ツルツルクシャッと奥歯でつぶれる玉ねぎとタップリ入った角切りジャガイモ。
    ずっと煮込んでいると崩れて、形をなくす。
    それがとろみに貢献するのだけれどファストフードのお店なんかでは嫌われる。
    品質が安定しない悪者だ…、って言われるのです。
    だからサブウェイなんかではポテトの代わりにとうもろこしを使ったコーンチャウダーを売る。
    けれどココ。
    現場で煮込み続けるのじゃなく、あらかじめ煮こまれたモノを温めなおして出しているだけ。
    科学の力でおいしくするのでありまして、だから多分、コストもかかる。
    けれどコストをおそれず美味しいモノをおいしいままでという姿勢…、悪くないなとボクはいつも思って食べる。
    分厚いマグもあたたかく、具材をスプーンですくいつつマグに口付け、ツルンとすすってとろみスープを口の中へと流しこむ。
    手も口も、喉もお腹もあたたかになる冬のゴチソウ…、朝のコト。

    それから移動…、今日は神戸に向かって日帰り出張。

    575d3834.jpeg東京駅で新幹線を待つ前に、お腹をやさしく癒します。
    ディーン&デルーカの季節のジュース。
    フレッシュストロベリージュースっていうのがあって、それをゴクリと。

    タップリの真っ赤なイチゴ。
    お水に氷。
    それからほんの少々の練乳を入れブレンダーでジャジャっと作る、シンプル。
    けれどイチゴの味を素直にたのしむコトができるステキなジュース。
    なにより濃厚。
    ストローを挿すとスクッと倒れず自立するほどポッテリ。
    それがトロンと口に入って、ユックリ静かにとろけて消える。
    プチプチ、種が爆ぜるところに「命を飲んでる!」って感じてニッコリ、アリガタイ。

    売り場をみると、色とりどりのウーピーパイや、マカロン並んで飲み物なんかもイチゴにオレンジ。
    アメリカっぽい春を感じる。

    そうそう、現在連載中のほぼ日コラム。
    ホットドッグをテーマに書いてて、あのニューヨークのホットドッグに、一番近いホットドッグを日本で食べるとしたらどこなんだろう…、って。
    ちょっと思って思案する。
    全体的には今朝食べたモスのホットドッグが近いのだけど、やっぱり違う。
    大きさ的にはマクドナルドのホットドッグ。
    パンの食感はフレッシュネスで、ソーセージの状態、味は原宿にあるレムソンズのが近いのかなぁ、なんて思った、電車に乗って、さぁ、寝よう(笑)。
     

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホットドック・・・
    コストコやイケアで食べられる、100円のホットドッグが近いのではないでしょうか・・・。
    tonamiさん / 2012/03/07(Wed) /
    たしかに
    > tonamiさん
    ただ、イケアのものはパンがフッカリしすぎ、コストコはモサモサしすぎとちょっとづつ違和感を感じます。
    多分、調理法が変わればもっと近づくかもなんて思いました。
    やっぱり、行くしかないです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/07(Wed) /
    欧風料理もん HOME 栄養補給に水分補給
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]