忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日泊まった大阪、堂島にあるホテルなのだけれど、古いビジネスホテルをリノベーションしたデザインホテル。
    見た目のデザインに溺れる事無く、使い勝手のよいレイアウトや寝心地のよいマットレスなど「機能をデザイン」しているトコロにかなり感心させられた。
    vista.jpgデザインホテルという存在。
    日本ではなかなかに難しい存在であるようで、つまりそれは「デザイン性に優れている、というコトに対してどのくらいの出費を上乗せできるか?」というコトに端を発していると思う。
    そもそも日本のホテルの世界。
    どんなにお洒落を気取っても、利用頻度の高い、つまりメインの顧客層はサラリーマンであるわけで、会社指定のホテルがあったり厳しい予算の縛りがあったり。
    デザインが自分の好みだからとそれが、ホテル選びの決め手にならぬコトが長く続いた。
    でも実は今。
    会社の出張と言えどもウェブサイトを使って自分でホテルを予約するコトが当たり前になりつつある中、デザインホテルにとってはチャンス。
    そう思う。
    こなれた値段で自宅でくつろぐような快適を手にするコトができる時代が、ちょっとステキと思ったりした。
    今日は早起き、もう仕事。

    6f9743e1.jpegところで昨夜、かやくご飯にやさしいおかずという大人なご飯を食べたあと、現地のビジネスパートナーと打ち合わせして、それでホテルに帰る途中。
    堂地下って地下街で、インデアンカレーに遭遇しちゃった。

    本当は、今日なんとか時間をつくってココの本店でカレーを食べよう…、と思ったのだけど、もしかしたらば忙しく、そんな時間はないかもしれない。
    しかもショーケースをながめてみると、本店にはない「カレースパゲティー」がココにはあるではないかいな。
    これを食べぬと後悔するな。
    そう思ったら、いても立ってもたまらずに店に駆け込む。
    閉店間際の滑り込み。

    東京の丸の内にも支店があって、何度か行ったコトがある。
    けれどワザワザいかなきゃいけない特別感とあまりに小さな空間のためちょっと息が詰まるような気がして、足が遠のいていた。
    自分の帰る場所の途中にひょっこりでてくるこの気軽さと、比較的大きなお店に明るい雰囲気。
    お店の人も明るく元気で、なるほどココはちょっとスペシャルなでも当たり前のカレースタンドでしかないんだなぁ…、ってそれがむしろウレシかったりする不思議。
    キャベツのピクルス、カリシャク食べてお水をゴクッと煽って飲んだ。
    するとすかさず、お冷やのお替わり注いでくれる。
    このサービスの良さが老舗の証しなんだなぁ…、って、ニッコリとなる。

    7a7d39d4.jpegさてカレースパ。
    なぜだかココのコレがたまらなく好きなのであります。
    甘くフルーティーなここのカレー。
    ご飯と一緒に食べると甘さばかりが際立つような気がする。
    お米は甘い食べ物ですから。
    ところがスパゲティー。
    太めの麺を二度茹でし、しかもそれを油で炒める。
    ムチムチとした麺の食感と油の風味が、カレーに負けぬ舞台を作る。
    そこにカレーがまとわりついて、クニュクニュ食べると徐々に辛さが姿を現す。
    舌が一瞬痛くなり、けれど麺がモチモチ舌をなでまわしその食感に気持ちが紛れてカレーの辛さが旨みに変わる。
    食べはじめると一気呵成です。
    夢中になって、パクパクしてると気づけばお皿は空っぽで、二度目の晩にお腹パンパン。
    エッチラコッチラ、ホテルに向かうとお腹の中のスパイスが活動しはじめ汗だくになる。
    涼しい夜にボクひとりだけ、汗だくになり帰る道のり…、それが旅。

    今朝は早起き、これから仕事に向かうのだけどお腹がすいてしょうがない。

    さて元気を出してがんばるために、インディアンつながりのこの一曲(笑)。
    リンリンランランの「恋するインディアン人形」、朝から元気になることウケあい…、さぁ、どうぞ!



    時代です。
    外国人の双子に、かわいらしい振り付けで踊らせながら、ちょっと切ない恋をたのしく歌わせる。
    今の韓流歌手にコレをやれ…、って誰がやるか!って叱られそうに思いますけど案外、この路線、イケたりするかもしれないですよん、ボク、みたいもん。
    1974年発売っていいますから、ボクが14歳のときのコト。
    時代です。
    これをみていたのは田舎でのコト。
    この3年後に東京にボクら家族が移り住み、最初にビックリしたのがテレビでこのリンリンランランが「龍園」って言う芝公園の中国料理屋さんのコマーシャルをテレビでやっていたコトだった。
    東京ってスゴイところだなぁ…、って思うと同時に、かつてのスターがこんなコトもしなきゃいけなくなったんだなぁ…、って大人の事情に切なくなった。
    高校生の冬の出来事でございます。

    さてさて、これからでかけます…、インディアン人形歌いつつ!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カレースパ
    わたしも大好きです、カレースパ。甘くて、辛くて、他ではあまり食べられない味。なんなんでしょうあの魅力。途中でフォークを置けなくて、夢中になって食べてしまいます。

    秋晴れの空の下、お気をつけていってらっしゃいませ!
    桃さん / 2010/09/29(Wed) /
    無題
    おはようございます。
    早速僕の愛するインデアンカレーに寄っていただきありがとうございます。(笑)
    なんか店の人みたいに喜んでますが・・・・。
    お忙しいのにありがとうございました。
    でも東京のサカキさんが大黒をご存知なのはビックリしました。
    さすが食の世界でお仕事されてる方だな~って改めて思ったり。
    また美味しいお店のお話楽しみにしています。
    ハラミ一筋さん / 2010/09/29(Wed) /
    龍園・・・
    リンリンランラン。
    私は当時小学生でした。
    CMを見るたびに「龍園って行ってみたいなー」と思ったのを鮮明に覚えています。
    銀座の泰明小学校のお隣にあった東京飯店のオーナーが父のお友達で、いつもそこに連れて行ってもらっていたのですが、まだモノの価値がわからなかった私は「龍園に行きたい・・・。」と言って、親にあきれられましたよー、ってくらい 憧れの龍園でした。
    東京飯店、美味しかったし大好きだったんですけどね。
    ハトヤと龍園は行ってみたかったです・・・。
    CMに踊らされる子供でした。

    素敵なホテルですね。
    落ち着いた雰囲気で、居心地が良さそうに見えます。
    インテリアの色合いもいいなあ。

    カレースパゲティ、おいしそうですね。
    こういう工夫料理?って、日本だなあってうれしくなります。
    リンリンランランの映像も、なつかしー!!
    YouTubeってスゴイですね。
    ありがたいです。

    どうぞよい一日を!
    ねえねえさん / 2010/09/29(Wed) /
    無題
    りんりんらんらんりゅうえん♪
    りんりんらんらんりゅうえん♪
    rie24さん / 2010/09/29(Wed) /
    留園
    リンリン・ランランがあのCFに出てたのは「留園」のオーナーさんと懇意だったからだそうで、まだ、かなり売れてる頃から出てましたよ。
    オーナーさんと父が友人で、子供の頃、芝の本店と赤坂東急のお店によく連れて行かれました。デザートに出てくる甘いもち米とドライフルーツの蒸したヤツが見た目は綺麗なんですが苦手でしたねぇ。懐かしいなぁ。
    波留さん / 2010/09/29(Wed) /
    あ、ビスタプレミオですね!
    私の最近の大阪出張の際の出没範囲も堂島及びドーチカ周辺です。
    あのあたりはホテルが多いので、あちこち泊まり歩いています。
    最近のお気に入りはちょっと歩きますがモントレ大阪。
    お部屋がロマンチックなのと、
    朝食が結婚披露宴会場にもなる天井の高い大宴会場なのが
    気持ちよくて。

    あとは新しくできたエルセラーン大阪。
    紫や真紅のビロードやサテンを多用した部屋で、
    ややロココ調の椅子なんかがありまして、
    よく言えばマダムっぽい内装のホテルです。
    ハナシの種になります(笑)。
    (部屋が広くて清潔でアメニティも良いです。念のため)

    ビスタプレミオも改めてみるとやはりきれいですね。
    次回はここにしましょうかしら・・・。
    tonamiさん / 2010/09/29(Wed) /
    スパ
    > 桃さん
    インデアンカレーの数あるお店の中、全店にあるという訳ではない商品のようですね…、カレースパ。
    昨日はたまたま通りがかったお店にあったというこのシアワセ。
    ひさしぶりに堪能いたしました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    昨日で良かったです
    > ハラミ一筋さん
    今日は目の回るほど忙しくて、結局、時間がありませんでした。
    昨夜、行っておいてよかったなぁ…、って思いました。
    このお店はもっと評価されていいお店だよなぁ…、って大阪のお店にきて再認識です。

    大黒は昔、大阪で一緒に仕事をしていた人に教えてもらったお店なのです。
    若い頃にはわからなかった本当の良さが、しみじみ最近、わかるようになったと昨日はとてもうれしく感じました。
    また大阪にこなくては。
    その時には、是非、お目文字できますように。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    留園
    > ねえねえさん
    昔はみるからに中国っぽいお店だったのが、今は普通のビルになっちゃいました。
    それが残念。
    リンリンランランって、今、何をしているんだろう…、って思ったりしました。
    たしかにYouTubeの世界って、スゴイですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    りうえん
    > rie24さん
    このCMソングはいまだに忘れることが出来ぬステキな歌ですよね。
    だって、「リウエンイッテ、シアワセ食べよ」ですもの。
    シアワセが食べられるレストラン…、天国ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    ボクは結局
    > 波留さん
    実は、留園はまだ行っていないのです。
    ボクにとっては憧れの場所でそのまんまにしておきたいような、そんな感じ。
    赤坂東急の中にもあったのですね…、知りませんでした。

    リンリンランランが全盛の頃からでていた…、っていうのを教えていただいて、なんだか気持ちがスッキリしました。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    そうです!
    > tonamiさん
    実は以前、このホテルの一階でボクの友人がレストランをやっていたものですから、その頃からお世話になっていたホテルなんです。
    微妙な場所ではありますが、気持ち良いホテル。
    重宝します。
    エルセラーン大阪は、この界隈でも異色のビルの中に入っているホテルですよね。
    ちょっと泊まってみたくもあったのですが、今朝の移動が北新地駅から朝早くだったものですから、そこから一番近いこのホテルがピッタリだなぁ…、と決めた次第。
    堂島界隈のちょっとクセあるホテルをこれから攻略していこうか、と楽しみです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    残念ながら…
    既に元々の留園は廃業してしまって無いのです。今でも「留園」という名前の中華料理のお店は何軒か有るようですが、以前、修行されていた方が名前をお使いになってるのかもしれませんが、その辺りは不勉強で判りません。
    芝のお店のインテリアは中国に持って行って、何処かに寄贈するとオーナーさんから伺いましたので、何処かに残っているのかもしれませんね。
    それから、ちょっと調べたら、譚彦彬さんは留園にいらした事が有るのですね。ですから、譚彦彬さんのお料理を召し上がっているのなら、留園のエッセンスは召し上がられているのではないでしょうか。
    波留さん / 2010/09/29(Wed) /
    なるほど
    > 波留さん
    憧れは憧れのままで、と言うことですね。
    それにしても譚さんがいらっしゃったとは。
    さぞかし上等な味わいの料理を作ってらっしゃったんだろうなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/29(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    長い一日、楽しい仕事 HOME かやくご飯のなんば「大黒」
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]