忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ディーンアンドデルーカで移動のお供を今日も買う。
    そろそろ暑くて湿気の強い季節に向かって、ジュワジュワ系の飲み物が何種類か提案されてる。アメリカ的なる季節感が、ココの飲み物にはあって好き。



    ピンクシトラススパークリングって、そんな飲み物のひとつを選ぶ。ピンクで、シトラス、しかもスーパークリングって、もう名前からして爽やか系。
    ピンクグレープフルーツを分厚く輪切ってカップに入れて、ソーダを注いでバナナシロップを足したモノ。
    グレープフルーツをよく潰してから飲んで下さい…、と言われてそうする。ストローの先でグレープフルーツをつついていると徐々にカップの中が濁ってピンクがかっていくのに喉がなります。
    飲むと苦味と細かな泡がまずは口を爽やかにさせ、最後にバナナの香りが鼻から抜けていく。グレープフルーツとバナナってこんなに相性がいいんだなぁ…、って不思議な気持ちにニッコリしました。汗がひきます…、オキニイリ。


    毎月一度の勉強会ののち、みんなでランチを回転寿司で。



    海鮮の国という古河市の郊外にあるお店。
    先月もたしかココでランチを食べた。ここの他にもこの会社が経営しているお店はたくさんあるのだけれど、ランチタイムの営業を終えると休憩。夕食どきまでお店がしまる。
    早めに会議を切り上げて…、と、思いもしたけど結局話がはずんでココしか営業してない時間になった。それでココ。



    日本全国郊外立地は、チェーンの安い回転寿司の草刈り場。価格競争に巻き込まれてしまうと、結局自分の首をしめちゃう。
    この店はそこをなんとか踏ん張って、安売りしなくてすむ商品。元気とサービスでがんばっている。つまり回転寿司らしからむ寿司が気軽にたのしめる店。
    だから結局ココになるのはウレシイことです…、アリガタイ。



    ちなみにこの店、「おかさと」という会社がやってて、それにちなんで「おかさと盛り」って商品がある。
    お=オニオン、か=カッパ巻き、さ=サーモン。最後の「と」はトロという言葉遊びの商品で、お皿の上にカッパを並べ、晒したオニオン。サーモン、トロをたっぷりのっけてマヨネーズ。醤油を少々垂らして箸でつまんで、のっけて、たのしむ趣向。

    汁が全部で4種類。アサリやカニ汁がある中に「とろろ昆布」というのがあってなんだか惹かれてそれにする。



    四国で生活していたときには、とろろ昆布が身近にあった。
    食事をしてて、ちょっと寂しいと思ったときには、食品棚からとろろ昆布を取り出して、お椀に入れて醤油にたっぷり鰹節。お湯を注げば汁が手軽にたのしめた。
    とろろうどんはとろろ昆布のうどんであって、山芋とろろじゃなかったコトもなつかしく、それで思わずとろろ昆布のお味噌汁。
    もともと出汁がしっかり効いて、味噌の風味もおいしいとこにとろろ昆布の旨味が混じる。なんたる贅沢。しかもトロリと喉を撫でつつ、一直線にお腹の中まであったかにする。食感たのしい、オキニイリ。



    寿司をあれこれ。中トロを炙ってもらってまずパクリ。
    それから季節の初鰹。サヨリのムッチリとして、なのにスベスベした不思議な食感たのしんで、それからシャコ。甘いツメをたっぷり塗って、パクリと食べる。玉子を抱いててそれがホロリと口に散らかるオゴチソウ。
    北海三種盛りという、あれこれ食べたい胃袋にウレシイ一皿。ズワイの足にいくらにウニと、どれも味わい深くて贅沢。
    おいしい出汁が口の中でとろける熱々茶碗蒸しにて、お腹に蓋して、さぁ、帰ろ。


    関連ランキング:寿司 | 古河駅野木駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おかさと
    サカキさん今日も、古河にいらしてたのですね。うれしいです。東京駅や上野駅で、ニアミスする事があるので。地元で、いつかバツタリ、サカキさんと遭遇しないかなといつも思うのですが。
    まさこさん / 2015/05/14(Thu) /
    古河
    > まさこさん
    古河は毎月、伺ってます。
    本当に、どこかでお目にかかれるとうれしいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/05/15(Fri) /
    カリーブルスト HOME パニーノジュストで朝のパニーノ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]