忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を今日も東京駅からはじめる1日。ちょっと気持ちを変えて、駅ナカを出て駅の近くで朝食をとる。



    丸の内側にある「oazo」っていう商業施設。
    何本もの超高層ビルがつながるように開発された再開発施設の入り口部分に作られていて、その1店舗。
    「パニーノジュスト」という店で、大きな吹き抜けに面して立地。日本離れしたダイナミックな空間にいつもワクワクさせられる。



    開店と同時に入るファーストゲスト。誰もいないお店をボクが独り占めという、なんたる贅沢。背筋が伸びる。
    お店の入り口部分はドッシリ重厚。イタリアの古いバルのような雰囲気があり、なのに奥に入ると壁面一面ガラス張り。丁寧に整えられた緑が見える。
    丸の内はこうしてみると緑豊かな街並みで、そんじょそこらのビジネス街とは格が違うぞ…、って言ってるみたいで、オモシロイ。



    パニーノたのんでエスプレッソをダブルでもらう。
    イタリア風のサンドイッチ。パンは共通。メインのハムが数種類。それに合わせる具材やソースの種類違いで50種類ほどもメニューがあって、どれにしようか迷うたのしさ。
    ここの自慢の熟成生ハムをメインに選び、ブリーチーズにトマトにルッコラ。白トリュフの香りソースで味整えた、タルトゥーフォっていうのを選んで食べてみる。
    コロンと大きなコッペパンのような姿で、パンはカリッと表面堅く、とはいえバゲットみたいにザックリしてないほどよい歯ごたえのモノ。
    テーブルの上にお皿が置かれた瞬間に、トリュフの香りで気持ちがあがる。



    手づかみにしてザクッと食べる。
    カリッとパンが軽く歯切れて、口の中へと具材がドサッとなだれ込む。バジルの香りとトリュフの香り。ねっとりとした生ハムが歯茎を撫でて、奥歯にからむ。
    塩の旨味と脂の風味。生ハムが独特のナッツの香りが広がって、そこにチーズのコクが混じって消えていく。なんたるシアワセ。オゴチソウ。
    しかも具材がたっぷりで、両手でつかんで食べてるうちにどんどんパンからはみ出してくる。ズボンの脇からはみ出す肉は恥ずかしいけど、パンからはみ出す具材はウレシイ(笑)。



    ちょっとパンをひっくり返すと、中はこんがり。キレイに焼けてる。
    オリーブオイルを塗ってグリドルで焼いているのでありましょう…、焼き目はなくてパン全体が見事に乾いてサクッとしてる。
    お供にもらったエスプレッソには砂糖の袋がふたつつく。
    ひとつひとつの砂糖の量が多い袋で、それを両方いれてカシャカシャ丁寧に混ぜ、飲むととろりとなめらかな味。
    頭のすみずみ、体のすみずみ行き渡る、おいしい栄養。さぁ、時間。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ピンクシトラススパークリング HOME 恵比寿餃子という餃子
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]