忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それにしても湘南新宿ラインだとか、上野東京ラインだとかができて北関東は便利になった。今日も古河から電車にのって、ちょっと仕事をしている間にススッと新宿。ついさっきまで茨城県にいたのにネ…、って不思議な感じ。



    新宿につき、待ち合わせのためセガフレード・ザネッティに来た。
    なんだか今日の新宿は、人が多くてざわついている。特に中国系の人たちかなぁ。街のそこここにショッピングバッグを積み上げて、ボンヤリ仲間を待っている。
    このお店もテーブル席はほとんど一杯。どうせ時間をかけるわけじゃない。だからたったまんまでマキアートを飲む。
    ポッテリとしたミルクの泡と、風味豊かなエスプレッソが口の中でまざりあい、コツコツ、頭をノックする。キリッとしました…、オキニイリ。


    関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    ついさっきまで寿司を食べてて、お腹がそれほど空いてはなくて、それでもちょっと見たい店がある。



    新宿駅から歌舞伎町の方に向かうと、靖国通りという結界みたいな大通りがある。
    ココの手前はビックロだとか伊勢丹だとかがある、いわゆる新宿の表の顔。靖国通りを渡るとそこには、歌舞伎町という新宿という街の裏側みたいな場所がある。
    隣り合わせの2つの街を、隔てる大きな川のごとき大通り。
    そこをワラワラ、渡る人たち。ボクもそんな輩のひとり(笑)。
    飲食店ばかりが入ったビルの6階に「ツムビアホフ」ってドイツ風のビアホール。



    昭和スピードのエレベーターでゴトゴト運ばれ、扉をあけると大きな空間。
    10人ほども座れそうな木のテーブルが整然と並ぶ景色は学校の食堂みたいで、知らぬ同士が相席しながら、にぎにぎしくもココでビールを飲むのでしょう。
    陽気な若いスタッフたちが、キビキビ明るく働いている。
    決して贅沢な造りじゃないけど、壁や天井のペイントが上手なんでしょう。写真で撮ると驚くほどに立派に見えてビックリします。オモシロイ。



    ドイツビールが多彩にそろい、いろんな味をためしてみようと、小さなグラスであれこれたのむ。
    スパイシーなのとかビターなのとか。酸味が強いものがあったり、香り華やかで甘さを感じるモノがあったり。こういうビールを飲んでると、日本のビールはメーカーが違ってもほぼおんなじでつまらない。個性なきことが美徳のごとき、日本のさみしさ思い知る。
    ちなみにボクはミュンヘナーヴァイスヴルストっていうキリッと引きしまった苦味がおいしいビールが一番のオキニイリ。



    今日ここに来たかったのが実は「カレーブルスト」が食べたかったから。
    焼いたソーセージにカレーケチャップやカレー粉かけてハフハフ味わう、ドイツの屋台料理のひとつ。
    焼けたフライパンの中には揚げたポテトとドイツソーセージ。このソーセージが空気をタップリ含んでふっくら。皮はカリッと揚がったように仕上がっていて、甘くて酸っぱいケチャップと、カレーの風味と辛味が旨い。
    一口ごとにビールのお替わりねだるおいしさ。笑顔になります。



    野菜も食べなきゃと、まずはサラダを。
    ドイツサラダというネーミングで、野菜の上にドイツハムがタップリのっているだけのモノ。シンプルだけど、いろんな種類のハムがそれぞれ独自の風味と味わいをもち、食べるところが味が違って感じるところがオモシロイ。
    ホワイトアスパラガスを茹でた料理には、刻んだピクルスと玉ねぎをマスタードマヨネーズで和えたモノがたっぷり添えられ酸味がやはりビールをねだる。
    ほどよく酔って、ほどよく食べて、たくさん笑った…、さぁ、帰る。


    関連ランキング:居酒屋 | 新宿西口駅新宿三丁目駅西武新宿駅



    ちなみにカレーブルストの作り方のビデオがあった。



    ドイツ娘って感じのおねぇさんが、やる気があるのかないのかわからないほどの自然体で、雑に作ってみせてくれるところがまさにある意味ドイツ風。
    調味料を紹介するシーンの演出の脱力っぷりは見事なモノ。
    それにしてもこのビデオで出てくる白いソーセージ。おいしそうで喉がなる。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    上野東京ラインが出来てますます便利になりました。でも、上野始発が減ってしまったのが難点でしょうか。
    新宿の面と裏の感覚良くわかります。
    それにしても、サカキさん、いろんなお店ご存知ですよね。
    いつか行ってみたいなと思う店ばかりです。
    まさこさん / 2015/05/15(Fri) /
    無題
    国産ビールは利きビール大会をやってみればわかりますね。
    自分の好きだと思っていた銘柄と嫌いだと思っていた銘柄を間違えたり
    パッケージや印象でずいぶん変わることを思い知らされるのですが
    そこにハイネケンやバドワイザーを入れるともう間違えようのない味。
    ギネスなんてそもそもゲームが成立しない目をつぶっても香りでわかりますから。

    国産ビールの利酒でワイワイやるのも楽しいですがそれは裏を返せば
    没個性という事で寂しい限りです。
    れきさん / 2015/05/15(Fri) /
    上野
    > まさこさん
    たしかに上野の液から外に出る機会がめっきり減りました。
    ステキなお店が沢山ある街。
    ひさしぶりに、上野探索もいいなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/05/15(Fri) /
    日本のビール
    > れきさん
    昔、日本のビールメーカー各社の営業担当の人を集めて、利ビール大会をやってみようかと言ったコトがありました。
    勘弁して下さい。
    絶対に、わかりませんからと言われて大笑いしたことがあります。

    ビール離れを価格や酒離れのせいにする人ばかりですが、個性的でないものが売れる時代ではないのだろうとボクは思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/05/15(Fri) /
    ブックカフェでトースト食べる朝の今日 HOME ピンクシトラススパークリング
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]