忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それから食べる仕事を神戸で。日本料理のお店の料理をならべてあれこれ。



    料理というのは味がおいしいのは当たり前。料理でもてなすという発想がなければいい商品とは思ってもらえぬ。
    例えばこれをどんな気持ちでお客様が食べるんだろうか?
    そう考えると、改善しなくちゃいけないところが見えてきたりするのがたのしい。作り手が料理に込めたメッセージが伝わるようにサービス係が心配りをすることもおいしい料理作りのひとつの仕事だったりもするワケでもある。
    飲食店は人が主役で作られる場所…、そんなコトを思ったりする、よき仕事。

    そして再び大阪にもどって軽く打ち合わせ。



    喫茶店を場所に選びます。しかも場所が再び新梅田食道街…、どんだけココが好きなんだって言われそうだけど、実は打ち合わせの相手が選んだ場所がココ。
    ウレシイったらありゃしない。
    お店の名前はドリアード。ストローの包装紙をみたら「テイルームドリアード」となっていた。ティールームじゃなくてテイルームというのが時代を感じさせ、ずっしり重い灰皿も、独自のデザインがほどこされているオリジナル。
    喫茶店が文化を語っていた時代の名残を感じる…、オキニイリ。



    ミックストーストっていうサンドイッチをもらって食べる。
    イギリスパンをほどよき薄さに切ったトースト。こんがり焼けて、見事な焦げ色にもうウットリ。
    しかも具材が焼いた玉子にトマトにきゅうり、それからレタスと多彩でたっぷり。なにより甘めでフックラ焼けた玉子がなんともおいしく、ボクの好みのサンドイッチは東京よりも大阪に、こうして普通にあるんだなぁ…、って思うとなんだか悔しくなった。サンドイッチのためだけに移住してもいいかもしれない(笑)。



    片手で持つにはずっしり重たく、上手に食べぬと反対側から中身がデロンと飛び出てしまう。それほどサービス精神旺盛なサンドイッチにもうウットリ。
    話も忘れてひたすら食べる(笑)。
    苦みがキリッとひきしまるアイスコーヒーも味わい深く、このサンドイッチと飲み物がセットになって通常価格が600円。
    今日はたまたまこの組み合わせがサービス品で、割引価格550円というもったいなきかな、ありがたさ。
    打ち合わせもあっという間に終わってそれからよもやま話で盛り上がる。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    イカ焼き HOME おおさかぐりる
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]