忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新静岡の駅の裏側…、今週できたばかりのスペイン料理のお店をのぞきます。
    51402af8.jpeg静岡の海を見渡す郊外立地で、知る人ぞ知るスペイン料理のお店をながらく経営していた友人が、満を持して作ったお店。
    ビル1Fを徹底的に改装しスペイン的な小さな家を建てた…、みたいな感じ。
    パティオがあって、厨房をみわたす20席を超えるカウンター席があり、隠れ家風の個室もあってと、いろんな使い勝手が考えられる居心地の良いステキな空間。
    ランチコースが2000円から。
    ディナーでお酒を楽しみながら、おいしいものに身をまかせると5000円とかかかってしまうお店だけれど、これが結構、繁盛してる。

    789d5462.jpegハンバーグを食べはしたけど、やっぱり美味しいモノをいただきましょうとそれで、試食をします。
    父と出張をするとボク。
    父の胃袋がわりになるので、たのしいったらありゃしない(笑)。

    東京のスペイン料理のお店ではあまり見かけぬニンジンさん。
    フランス料理的にいえばキャロットラペってなるのでしょうか。
    ただそれに比べて若干、太め。
    しかも繊維をこわさぬように切っているので、細い野菜スティックみたいな姿形に、そして食感。
    ニンニクと塩とオリーブオイルでしんなりするまで漬けて、食べるとバリボリ。
    食物繊維を口全体が感じる食感。
    ニンジンの甘みに香り、そこにオリーブオイルの風味がフワッとただよい、たしかにこれってフランス料理じゃなくてスペイン的だなぁ…、って。
    この店の一番最初に一緒に料理を作ってたスペイン人のシェフのおかぁさんの自慢料理のレシピを使ったモノなんだという…、素朴でやさしい味がする。

    92ee7fd6.jpegエビのカタラン。
    ここの自慢料理のひとつ。
    鮮度の高いプリプリのエビ。
    しっぽがついたそのままをオリーブオイルで軽く煮込んで、そこに伊勢海老の殻からとったおいしい出汁。
    エビの味噌をくわえて煮ていく。
    鍋をゆっくり揺すりながらオリーブオイルに空気を含ませ混ぜていく。
    するとタプンと粘り気が出て白濁しはじめ乳化する。
    フランス料理のアメリケーヌソースのようで、けれどクリームを使わずできてる。
    食べるとだから、エビの香りと味わいが素直に口に広がって、首から上がエビになったみたいな感じがしてくる贅沢。

    クリームの力にたよらずコクを出す。
    これがスペイン料理の特徴のひとつであって、だから体にやさしいレシピ。
    ソースをタップリ食べても体に負担にならない。
    ザックリとした空気をタップリ含んだパンを、トーストしてもらって鍋に投入。
    ソースをタップリ吸い込ませ、しかもスプーンでソースごととパンをすくって味わうシアワセ。
    現在、このソースにあうパスタを開発中で、近日、スペイン風のエビのパスタが登場予定…、あぁ、その試食には立ち会いたい!

    04dd02d3.jpegそれからチキンの料理をひとつ。
    鶏の手羽元。
    あるいは胸肉をオリーブオイルで煮た料理。
    有名な前菜料理のアヒージョなんてモノもそうだけど、油で煮るって言うのがこれまたスペイン的。

    油で煮る…、って言うとちょっとぎょっとする。
    けれど水で煮るのと違って、素材のうま味が水に溶けない。
    かつ新鮮な油を使えば素材にキレイに膜をはり、素材自体の持ち味まるでそこなわず中まで熱が入ってく。
    理にかなった料理であります。
    その油で、細かく刻んだニンニクと赤唐辛子を炒めたとこに鶏肉、それから切ったジャガイモ。
    ニンニクと塩の風味が素材に入り、鶏はしっとり。
    芋はホクホク…、表面揚がったように仕上がり、なのに素材はその食感を最大限に発揮する。

    食べたい料理は他にもたくさん。
    ここのパエリアはねっとりとしたご飯の粘りがおいしい、まるで濃厚もんじゃみたいな食感。
    クレマカタラーナも食べときたかった。
    でも残念。
    次の仕事に呼ばれてそれで、先を急いで席を立つ。
    ココのレシピ、あるいはお客様のたのしませ方をキレイにまとめて例えば東京、あるいは横浜みたいな街で勝負をしたいね…、って言ってお店をあとにした。

    残念ながらこのあたらしいお店の食べログページがまだありませず、本店のデータを貼っておきます…、ご勘弁。



    関連ランキング:スペイン料理 | 草薙

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おいし~!
    「我が家の台所」の自然派盛り合わせやローストビーフ、「サングリア」のエビのカタラン等等。おいし~!と叫びながら毎日拝読しています。お父様とご一緒の旅、楽しそうで、どうも有り難う御座いました!!
    ボルテイモアのおかずさん / 2012/04/06(Fri) /
    おひさしぶりです!
    > ボルテイモアのおかずさん
    お元気でしたか?
    ひさしぶりの「おいしーっ!」。
    ニッコリしました。
    今度の日曜日はひさしぶりに母とも一緒の会食。
    今からたのしみです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/06(Fri) /
    オヤツラーメン、懇親会 HOME 沼津の朝にさわやかな昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]