忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    数日前、すばらしい野菜を味わえるスゴいサラダがニューオータニホテルにはあるんですヨ…、っていうコメントをいただき、それで今日。
    SATSUKIまでくる。

    satsuki.jpg健康野菜サラダ「極」という料理。

    海老原ファームという、栃木にある農園で甘やかされずたくましく育てられた野菜だけを使ったサラダ。

    そもそも畑ではなく野に生きる草や実や根はうつくしい。
    目に鮮やかで、緑は緑、赤は赤。
    自然はモノをうつくしく生む。
    もしかしたらそのうつくしさを損なっているのは、ボクら人間のあんなこととか、こんなこととかなのかなぁ…、って思ったりする。

    少々、お時間を頂戴します…、と。
    生の野菜を切って並べるだけじゃない、手間のかかった料理としてのご馳走サラダ。
    ワクワクしながら、しばらく待つ。
    待つ時間もご馳走です。

    そして目の前にやってくる、このサラダのうつくしきこと。

    aa5823df.jpeg野の如し。
    しかも野菜ひとつひとつが独自の味を発揮する。
    スクワッシュやズッキーニのポクポクとしてみずみずしいこと。
    葉っぱはどれもバリバリッと力強い。
    苦い、甘い、酸っぱくもある。
    そもそも自然は多様な味をボクらに用意してくれていて、それをそのまま活かせばこんなにたのしい料理が出来上がる。

    ソラマメ、にんじん。
    火を通すべきモノはひとつひとつ的確に、調理した上、シャキッと冷やして、食感、温度。
    どれもそれぞれ野菜の独自の旨みを最大限に引き出してから、お皿に乗せる。
    見事なりぃ。

    野菜をすりおろして作ったというドレッシングも、やさしい味わい。
    生の野菜はデリケート。
    ドレッシングのドレスを着せてあげないと、生の野菜が生々しくて顔を赤らめ恥ずかしがっちゃう。
    といってドレッシングの主張がすぎると、野菜がへそを曲げてしまう。
    チラリズム程度のおいしさを発揮するため、同じ野菜の風味と旨みを借りてくる。
    上手いなぁ…。
    旨い料理を作ってやった!と、腕組をしてふんぞり返るシェフじゃなく、ステキな料理を作らせてもらいましたって、にっこり笑う料理人の姿が見える。
    感心す。

    エビフライをメインに選ぶ。

    b5278750.jpeg細かく砕いたアーモンドをパン粉の代わりに衣に選んだ端正な顔立ちのもの。
    衣は本当に最小限で、ザクッと切るとほぼ完全にエビ。
    贅肉がほとんどついていない筋肉質な、でも肉厚のまるでアマチュアレスリングの選手のような体つきの、エビフライ。
    それそのもので十分おいしい。
    ナッツの甘みと風味が、エビのプチュンを引き立てる。
    濃厚ソース。
    たまねぎタップリのタルタルソースに、すりおろし野菜がタップリ入ったフレンチドレッシングと、ソースの類もとても丁寧。
    思わず、ご飯を口に運ぶのを忘れてしまうほどのご馳走。
    エビの尻尾までキッチリ食べて、お皿の上には搾り終ったレモンの残骸、だけが残った。
    大満足。

    考えてみれば、こうしたホテルのコーヒーショップ。
    それが街場に飛び出したのが、日本のファミリーレストランの原型のひとつでもあったはず。
    ここにはまだまだ、人を喜ばせるために生まれてきた料理があって、その一方で、満腹だけを作る料理が幅を利かせる。
    それはそれでよいかも知れず、仕方ないかもしれぬコト。

    心の贅沢、ごちそうさん。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホテルでごはん
    ホテルの中のレストランで食事、って確かに特別で、心躍るものでした。
    昔はデニーズに行くのにも、どきどきわくわくしたものです。いつの間にか、自宅の茶の間の延長になっちゃったけれど。
    でも、ファミレス大好き。
    ホテルのレストランのよそ行きの高揚感と、お行儀のいい手のかかったお料理も大好きです。
    エビフライ。ずいぶん食べていません。
    いつかまた食べられるかなあ。
    すっかり気弱になって、気力がなくなっている私には、おいしいものすら今はちょっと効果が薄いかも。
    日本にいっそ、帰っちゃいたいなーと思います。そしたらエビフライ、食べられるのになー。
    サカキさん、おいしいお野菜とエビフライの写真、素敵です。ありがとうございます。
    Sumiさん / 2009/06/12(Fri) / URL
    また食べたい。。。
    うらやましいっ!

    サカキさんのブログを読んでまた、あのニンジンやレタスに逢いに四ッ谷まで出かけたくなります。

    実は私、海老原さんの野菜を毎月、お取り寄せしているんですが、自分で料理しても、もちろんビックリするけど、にっこり笑うシェフの手にかかると、こんなケミストリーが起こるのかっ!とホントに感心します。

    前回は海老フライにたどり着けなかったので、きっと次はメインまで。
    生ハーブティも、それはそれは強烈なので思い切って、贅沢しちゃうつもりです。
    ラッコの毛さん / 2009/06/12(Fri) / URL
    元気なご飯
    > Sumiさん
    ここ数日は、気持ちがちょっともやもやした数日間でもありました。
    なんかたのしくなかったんですね。
    睡眠不足でもありましたし。
    そんなときの思い切ったホテルご飯。
    気持ちがスッキリ、晴れるような気がしました。
    そこで出会った、当たり前のモノが当たり前においしいという料理の数々。
    ちょっと元気になりました。
    気持ちが弱ったときには、無理に元気をふりしぼろうとしないこともいいことかなぁ…、って思います。
    ゆったり自然体、っていうのもいいことですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/12(Fri) /
    いい経験をいたしました!
    > ラッコの毛さん
    いやぁ、本当にたのしかった。
    通販でも取り寄せられるんだなぁ…、と思いながらも、まずはSATSUKIで、とやってきて、うーん、やっぱり「真摯な生産者」と「真剣な調理人」が出会うって、すごいことなんだなぁ…、って感慨を新たにして帰ってきました。
    おいしかった、というよりも、いい経験をした…、って感じですね。
    どうもありがとうございます。

    それにしても、このサラダ。
    メニューの裏表紙に掲載されてて、まるで「知らない人は注文するなよ」って言っているような感じでした。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/12(Fri) /
    おいしそう・・・
    最近野菜と言えば軽く蒸すことが多いのですが、久しぶりに生野菜食べたくなりました。
    海老原ファームさんのお野菜の通販してみたいのですが、
    どこで出来るかご存知ですか?
    差し支えなければ教えていただけるとうれしいです。
    あーたさん / 2009/06/13(Sat) /
    ココカラ
    > あーたさん
    海老原さんちのやんちゃな野菜。
    本当に元気いっぱいでおいしい野菜でした。

    http://koko-kara.jp/kokokara/kokokara10_04.htm

    ココカラっていうサイトで取り寄せることができますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/13(Sat) /
    ありがとうございました
    さっそくお試ししてみます。
    ありがとうございました。
    SATSUKIも行ってみます。
    あーたさん / 2009/06/15(Mon) /
    おいしい野菜を!
    > あーたさん
    安心して食べることができる体のご褒美。
    おいしい野菜って本当にステキな存在ですよね。
    心行くまで楽しんであげてください。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/15(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    焼き鮭食べる弁天庵な朝 HOME 80年代のロイホのなぞり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]