忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして熊本…、なべしまというお店で勉強。



    鹿児島に本社をもっている焼き肉専門チェーン。60軒を上回る数のお店があってなかでも熊本のお店は独特。
    本体の会社と別の経営で、肉の仕入れのこだわりも独自のモノとずっと聞いててけれど実際経験せずに今日がはじめて。
    料理というのは地域に根ざした味や習慣、食べ方に根ざしたものでなくては本物になっていかない。同じ九州でも鹿児島と熊本では当然味の傾向や値頃感も違ってだから、こうして独自の路線をそれぞれ発揮するのとは悪くない。



    サラダバーが充実していて、野菜が力強くておいしい。
    スゴいですね…、って言ったら、野菜の半分くらいは自分たちで育ててるんです。
    例えばマスタードグリーンなんて、九州ではなかなか流通しないのだけど、うちでは人気で作っていてもハリがある…、って。
    しかも畑仕事を店長自らするんだという。
    自分で作った素材だから、自信をもっておすすめできるって、当たり前のことではあるけどチェーンストアでそれをシッカリやり切ることってスゴいことです。
    感心します。



    最近の焼き肉店は肉の部位とか種類とかを増やしてお客様の選択肢を増やしていくのがひとつのブーム。
    たしかに専門店的なたのしさをそれで演出できる。
    ところがココでは肉の部位は最小限。全部で6種類から7種類ほどしかないんだという…、だからこそ、ひとつひとつの素材の吟味は的確に、管理がしやすくいい状態の肉をおいしく、手軽な値段で提供できる。
    これまたまことに理にかなっていて、けれどなかなかできることじゃない。
    ひとつのコトを何十年もこうしてずっとやり続けている…、だからお客様にも許してもらえる営業方針。ウラヤマシイと思って次のお店に向かう。

    熊本空港のほど近く、大津という小さな町にある焼き肉店、「味の大津屋」という店で再び肉の勉強。



    街を代表する老舗焼肉店だったんだけど、もっと多くのお客様に気軽においしい肉を楽しんでもらおうと、最近、オーダーバイキングの店にシステム変更。
    最初は試行錯誤で苦労しながら、今ではなんとかつての売上の3倍近い売上を実現することができな店。
    それが可能になったのは、もともと地元のお客様との関係がシッカリしていたことと肉に対する真摯な姿勢が評価されていたからなんでしょう。
    例えば、「一本漬け」というハラミに近い部分を一本、まるごとタレに漬け込んで塊のまま焼いてジョキジョキはさみで切って食べるという、この店ならではの肉の楽しみ方を提案してた。



    みんなで同じ肉の塊を分けあい食べる楽しさに、子どもたちも大喜びというココの名物…、今日もみんなでジョキジョキ切って、パクパク食べる。
    サシの入ったカルビの脂のおいしいことにビックリしつつも、一切れ食べるともう満足で、やっぱり肉は赤身だよね…、と肉を焼いてはみんなで話す。
    今日はずっと食べ続け…、それでも肉を目の前で焼くと自然と手が出て気づけば口をモグモグさせている。
    肉ってスゴい!って改めて思って次にさて移動。


    関連ランキング:焼肉 | 肥後大津駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ビアホール・マン HOME 牡蠣フライをラーメンにのせ、チャーハンを蒸す昼のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]