忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    宮崎から車で1時間ほど走った小林…、のどかで小さな町にある「慶民」という店で試食の仕事をします。



    昨日、宮崎市内で行った「勝水」っていうラーメン店の兄弟店。
    同じ食材、同じレシピを基本にしつつ、向こうは町中、ココは郊外立地という場所や市場にあわせて、独自の料理を作り出してる。
    もともとこの店が兄貴分で、店主の変幻自在の遊び心と、ここにしかないラーメンでお客様に喜んでもらおうというアイディア、意欲がたのしいお店。



    昨日の勝水でも出てきた餃子、そこに大根おろしとヘベスをあわせて食べるというそのやり方も、ココでは茹でたモヤシを枕にやってくる。
    シャキシャキとした豆もやし、シットリとした大根と、プルンとなめらかな餃子の生地の相性たのしく、なにより野菜を食べているって実感あるのが、野菜不足なボクのお腹にうれしいもてなし。
    鶏の唐揚げはとんかつ屋さんでよく使われる、網をのっけたお皿にのってやってくる…、目にゴチソウでしかも熱々、味がシッカリ染み込んでいてサクッと歯切れて肉汁ジュワリと味わい深い。

    季節の素材を使った「冬のラーメン」作ってみましたと、やってきたのがなんと牡蠣フライとのっけたちゃんぽん。



    たしかにラーメン店で季節感を出すのはとても難しく、でもいくらなんでも牡蠣フライをのっけちゃうのは安直じゃない?と思って食べると、これがおいしい。
    カラッと揚がったパン粉衣がちゃんぽん麺のスープを吸って、プルンと中の牡蠣の風味やうま味と混じって見事においしい。
    考えてみればちゃんぽんって海のうま味をタップリ含んだ料理だから、牡蠣フライとあわせても決して変ではないんだなぁ…、と。しかもとんかつソースをちょっとかけるとスープ自体の味がふくらみ、味に立体感がでてくるのです。



    ちゃんぽんだとか皿うどんにはウスターソースをかけるモノ。
    だから別にとんかつソースでもいいんじゃないのと、これも実際、経験するとなるほどなぁ…、と思うんだけど、なかなか実際商品化は普通の人はしないモノ。
    冒険心に頭がさがる。
    鮭チャーハンを蒸籠にいれて蒸した「蒸籠チャーハン」も余分な油が蒸気でキレイに落ちてスッキリ。
    最近、増えたシニアなお客様がチャーハンは食べたいんだけど、油がお腹にたまる感じがするんだよねという、意見を聞いて作ってみたらこれが人気で売れるんですと…、食べればなるほど、ボクも普通のチャーハンよりもこれが好きかもって思って笑う。お腹も満たして次の街へと移動する。


    関連ランキング:ラーメン | 小林駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    はしご焼き肉 HOME 宮崎の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]