忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    えびの高原をあとにして、人吉、八代、それから宇土…、洋食亭というお店で試食をさせていただくこととする。

    youshoku.jpg幹線道路の路肩ような側道をゴトゴト走るとそこにある。
    こんなところに良く作ったなぁ…、ってビックリするような場所にポツリと。
    コックさんのカワイイ顔の看板に、カレー、それからオムライス。
    かつてはこの両方がメインの料理で、一世風靡したんだという。

    オムライスがゴチソウ料理だった時代がたしかにあった。
    洋食をファミリーレストランじゃなくて、喫茶店のようなお店で味わうコトが普通だった時代のコト。
    そんな時代のゴチソウの一つがオムライス。
    もうひとつがカレーという。
    だからこの店、今でもその2つが名物。
    しかもどちらも正真正銘手作りで、今でもそれを目当てにワザワザ来る人たちが多いんだという。
    とは言え時代に合わせた料理を作らなくちゃと、それで開発して今や、ココを代表する人気料理になったのがコレ。

    「グラタンオムライス」というモノで、その名の通りオムライスにソースやチーズをかけてオーブンでこんがり焼いたモノであります。
    グラタンのようで、ドリアのようで、しかもオムライスのようでもあるという、ボク的好物がひとつ器の中にギッシリ閉じ込められてる…、盆と正月とクリスマスが一度にやってきてしまったよう。
    43175145.jpegスプーンを入れると、最初はフルンとソースがスプーンを包み込み、次にフックラ、玉子にそれが当たって割れて弾ける。
    中からパラリとキレイに炒め上げられたケチャップライス。
    それを一緒に口に運ぶと、トロリフルリシットリパラリ…、口の中の情報量が一気に増えて口の中がにぎやかになる。
    食感だけでなくって味も、クリームチーズにホワイトソース、トマトソースにデミグラスとありとあらゆる味がひとつになったり個別にやってきたりとめまぐるしい。

    21f3f27c.jpegソースでオムライスを閉じ込めて、オーブンの中に入れる直前にパン粉をパラリ。
    それがカリカリ、揚がるように仕上がっていて、ポッテリとした食感を際立て香りもこうばしい。
    試食だから一口、二口で我慢しようと思ったんだけど、結局ほとんど一人で食べた。
    だって、おいしい、オキニイリ。

    それからこれから名物に育ててやろうと、新たにレシピを作った料理。
    ハンバーグ。
    和牛を使ったフックラパテをこんがり焼いてる。
    中にタップリ、ソテした玉ねぎが閉じ込められてて、それが甘みとジュワリ、ジュースを肉にくわえる。
    そこにこれまた自慢のソース。
    手作りデミグラソースをタップリかけて味わう。
    胡椒の辛味がピリリと舌をつねるおいしさ。
    コッテリとしたうま味がドシッと口に広がって、トマトの酸味がスキッと後味整える。
    これだけスプーンですくって食べると、ただそれだけでビーフシチューの味がするのがまたオゴチソウ。
    サイドにいろんな料理のスモールポーションをあわせるコトができるシステム。
    迷わずチキン南蛮をたのんで食べる。
    宮崎の本場の流儀にそったレシピで、チキンがクチュリとやさしく潰れてポッテリとした衣が吸い込む甘酸っぱくて香り爽やかなタレのうま味がなんとも旨い。
    トロンと緩めのタルタルソースがそれらの味をひとつにまとめて、白いご飯をねだるおいしさ…、仕事をしなくちゃいけないのにね…、なかなか気持ちが仕事に向かっていかないほどに、オキニイリなり、ありがたし。



    関連ランキング:オムライス | 宇土駅




    熊本市内にもこんなに暗い道があるのか?…、ってビックリしながら郊外へ向かって到着したお店「ラインガルテン」という不思議な魅力をもった焼肉レストラン。
    garten.jpg入り口部分に肉をメインにした食品マーケット…、ピカピカの肉、肉を加工したハムや食品、野菜にパンにデザートと、どれもしっかりした品揃え。
    その食品売り場を通り抜けるとレストランの入り口がある。
    そこをくぐると、おやまぁ、ビックリ。
    高い天井、木の柱、ゆったり配置されたテーブルに椅子、窓の向こうには庭園がという、こんなところによくもこんなお店を作ったモノだなぁ…、って呆れ半分、感心します。

    オーダーバイキング制のお店で、それらの中から今日は絶対食べるべき肉はこれです…、と持ってきてもらった肉は「ミスジ・カルビに馬の肉」。
    4525a6cb.jpegどれも脂がおいしくて、噛むと口の温度がヒヤッと下がってしまうほどにおいしいミスジにカルビ…、どちらも歯切れ感が絶妙、とろける感じを堪能できる。
    馬の肉はゴリゴリ噛みごたえが抜群で、しかも脂がスキッとさわやか。
    肉だけでなく、ハムもとドイツ風に仕上げたソーセージ・ハム。
    スライスオニオンの辛味と歯ごたえ、ニンジンピュレと香りと甘みを借りながら、食べはじめると止まらぬおいしさ…、これが東京で食べられたらなぁと思ってしまう…、オキニイリ。



    関連ランキング:焼肉 | 竜田口

     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    なんということでしょう
    グラタンオムライスっ!

    これは

    ヤバイな
    ネコスタさん / 2013/05/31(Fri) /
    アブナイです
    > ネコスタさん
    自分でも作ってみようかなんて思っています。
    アブナイです。
    サカキシンイチロウさん / 2013/05/31(Fri) /
    さよなら5月、ホテルバフェ HOME グッドモーニング、えびの高原
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]