忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    都城の夜。おでんを食べる。



    「塩屋」っていう昔からある人気のお店。おでん居酒屋と看板にもあるようにおでんが名物。
    お店に入るとまずカウンター。中に厨房。厨房の主役を勤めるのがおでん鍋で、おいしい匂いがお店の中を満たしてる。
    カウンターの前に客席。奥には板張りの座敷があって、8人ほども座れる大きなテーブルが3つ置かれて、そのひとつではおじさんたちが宴会中。ボクらも負けじと酒をたのんで、まず刺し身。



    今日の仕入れのおいしいところを適当に盛り合わせて…、とお願いをして出来てきたのがこの一皿。
    おじさんたちはあれこれ悩むのが苦手な人種。
    だからこうして、「お任せするから適当に」ってお願いしたら、思った以上のものが出てくるお店が大好き。
    魚の切り身の角がキリッと立っている。つやつやキラキラ。口に入れる前からすでにおいしくて、イメージ以上に本当においしい。タコの甘さにココロとろけるオゴチソウ。

     

    間もなくおでんが参りますから…、とそのタイミングで人数分の小さな器。
    端にタップリ芥子がくっつき、中にはおでんの煮汁が入ってやってくる。
    器は熱々。
    煮汁も熱々。香り豊かで、ちょっと飲んだら魚系の旨味の中に、肉の旨みがまじり込みドッシリとした味わい深さ。これで煮込んだおでんがくるんだ…、と気持ちが否応なしに盛り上がる。



    そしてメインのおでんの盛り合わせ。これで4人分かというボリューム感。
    厚揚げ、練り物、玉子に大根。しいたけ、ジャガイモ、宝袋に糸蒟蒻。牛すじ、昆布に軟骨付きの豚バラ肉と種類も豊富。
    どのおでん種にもしっかり味がしみ込んで、大根なんて飴色に色が変わって、箸を当てるとほろりと崩れる。
    舌に乗っけた瞬間に、煮汁の味がやってきてクチャリと潰れて消えていく。



    一緒に野菜のおでんも来ます。煮汁でサッと湯がくようにして仕上げたモノで、レタスにネギにブロッコリー。かんぴょうで一括りにした豆もやしと、どれも野菜独自の食感は残ったままに、おでんの旨みが染みこむ見事。
    豚バラ肉の軟骨をムチュンと噛んで味わって、お酒をグビリ。
    おいしい料理は笑顔をくれる。話も明るく盛り上がり、明日も元気にがんばりましょうと握手しながら、ホテルに向かう。感謝なり。


    関連ランキング:レストラン(その他) | 西都城駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    朝のゴキゲン、小さな不機嫌 HOME Newly Open
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]