忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに千駄ヶ谷にあるステーキハウス「チャコあめみや」にやってくる。



    チャコっていうステーキハウス。六本木に本店があり、銀座や渋谷にも支店や暖簾分けのお店が沢山。けれど今では東京ではこの千駄ヶ谷の店一軒。
    チャコール…、つまり炭焼き用の炭を由来の店名で、その名の通り、お店の中に炭をおこした暖炉を置いて、そこで肉を焼いてふるまう。
    アメリカのステーキハウスのような雰囲気が濃厚で、いい店だったのに時代の波に流され次々なくなった。この店がある千駄ヶ谷ってそういう時代の流れに無縁な空気が流れるエリアでそれで、こうしてしっかり生き残ってくれたのでしょう。



    ステーキがアメリカの食べ物だった時代。憧れに満ちて贅沢だった時代のステーキハウスの風情がいまだに残って、ニッコリします。ありがたい。
    メインのメニューはステーキだけ。肉の種類がヒレにサーロイン、リブロースと三種類あり、好きなグラムに切ってもらってステーキとする。
    ステーキ以外の商品もスモークサーモン、シュリンプカクテル、スープにサラダ程度ですべてステーキのためにある。
    グリーンサラダをお願いするとシャキシャキ見事にクリスピー。レタスにトマトにドレッシングがフレンチ、サウザンアイランド。スタンダードでございます。



    普通のステーキもあるのだけれど、ココで食べておきたいステーキはブロックステーキ。
    ブロック状の塊肉を暖炉の炭火でそのまま焼く。
    焼くといっても表面だけをこんがり焼いて、中はレアのままの状態。それを固形燃料でほどよく温めた鉄板の上にドンとおく。
    ジューッと肉が焼ける音がして、脂の匂いが鼻をくすぐる。
    今日食べるのは、リブロース肉を1キログラム。これを2人で分けるシアワセ!

    塊肉をお店の人が大きなナイフで切り分ける。



    ここのお店のステキなところが、シェフがコックコートを着たままサービスしてくれるとこ。大人の男性、しかもこの道のプロと呼ばれる人がサービスしてくれるのがとてもうれしい。
    ナイフが入るたび、肉の内側。赤身の色が覗いて、そしてあらわになってく。色っぽいたらありゃしない。



    この切り分けてくれたお肉が一切れ180グラムくらいでありますからして、ゆうに普通のステーキ一人前ほどの量。
    ひとりひとりの前に置かれた鉄板の上に移して食べる。
    この鉄板…、正式には鋳物で出来てるお皿なんだけど、これが熱々にやけていて自分の好きな焼き加減で味わうことができるというモノ。



    鋳物のお皿の上には野菜…、キャロットグラッセにコーンにお豆、ベークドポテトがのっかっていて、うっすら煙を出している。
    テーブルの上にはタバスコ、塩に胡椒に醤油。練った芥子におろしニンニクなどがズラリと揃ってて、自分好みの味にととのえたのしむ趣向。
    野菜がどれもしっかり調味されていて、それに負けぬようおいしく食べてやろうと腕がなるのがうれしくもある。
    お店の人がすすめる味は「醤油味」。どんなに手間暇かけたソースより、この赤肉の旨味を一番ひきだすソースは醤油以外に考えられないって。器の上で焦げた醤油の香りも食欲誘い出す。



    レアの状態はネットリ歯茎にからみつくようななめらかさ。酸味があとをひく味わいで、よく焼けてくると旨味がドッシリしてくる。
    一人500gの肉がみるみる、お腹の中に収まっていく。おいしいものを征服していくような気持ちがたのしくて、あっという間にお皿は空っぽ。
    ガーリックトーストで、お皿の上に残った脂と、焦げた醤油を拭い取り、ワインをグビリと飲んでニッコリ。
    ゆずの風味のシャーベット、ビターなコーヒーでお腹に蓋して、また来なくちゃって誓って帰る。45分一本勝負のディナーでござった。オキニイリ。


    関連ランキング:ステーキ | 千駄ケ谷駅国立競技場駅北参道駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    雨の日の今日 HOME わさびみたいなバターで潤う昼の腹
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]