忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    出張帰り、帰宅途中で打ち合わせがあり、飛行場でそれに先立ち腹ごしらえ。
    赤坂離宮が運営してる「広東家菜」という店でする。

    e295a690.jpeg広東風の家庭料理を提供する気軽なお店、というようなコンセプトなのでござりましょう。
    が…。
    揃う料理は麻婆豆腐にエビチリに、軽い麺飯とデパートの中の中華食堂みたいな感じ。
    家庭料理と言えばまず思い浮かぶのが菜っ葉炒めや豆腐の煮込み。
    和食で言えば玉子焼きとか煮付けみたいなモノになるんだろうと思う。
    とは言え、そんなモノでは商売にはならないのでしょう。
    結局、誰もがしってる料理になっちゃうんだろう。
    そう言えば羽田空港のターミナルって、百貨店の食堂街+デパ地下的なる雰囲気がある。
    不特定多数の人たちが、集まりそして散らばっていく。
    食事をするのが目的じゃなく、だから分かり易いのが一番なんでしょ。
    移動先でご飯にしても良かったんだけど、中途半端な時間になりそう。
    晩飯難民になるよりは…、ってそれで羽田で晩ご飯。

    c444e62c.jpeg五目汁そばとハーフ炒飯のセットがあって、それをたのんでお腹を作るコトにした。

    広東風のあんかけそばに、炒飯それから、デザートがつく。
    どれもさすがに、シッカリ丁寧な手際を感じる見事な料理。
    厨房の中でジャジャッジャジャッと鍋を煽って炒飯作る、音が聞こえてきたその直後にやってきたのがまたうれしい。

    パラパラっと口の中で転がり散らかるご飯粒。
    香港風の甘い叉焼。
    玉子にネギ、それから青菜というシンプルな具材でありつつ味わいゆたか。
    炒め油が最小限で、だからとっても軽やかな味。
    ハーフ炒飯と名乗るには、少々居心地悪そうな小さな茶わんにフンワリ軽く一杯分の量。
    これじゃぁ、ハーフじゃなくてミニだよな、って思ってしまう、なやましさ。
    上品を心がけた結果でしょうか?
    それとも飛行場のレストラン故、サーチャージ分が乗っかりこんな量になってしまったのか?…、って。
    あれこれ思ってたのしく食べる。

    9b264ad4.jpegなによりこの麺。
    香港式に細くて若干縮れをもったシコシコの麺。
    素麺のハリに、中華麺のぬめらかさ。
    ザクッと歯ごたえありながら、喉にヌルンとなめらかな麺が五目のトロミをまとって色っぽい。
    ラーメンの麺はお腹を満たすための麺。
    けれど香港風のこれは、口を満たしてたのしませ汁や具材の味をまとめて引き立てるモノ。
    醤油風味のとろみのあんに、白菜、小松菜、エビに豚。
    どれも熱々で、ハフハフ火傷をしてしまいそう。
    ラー油をかけて風味と辛味を足してやる。
    タップリ混じった小松菜の、勢いの良いシャキシャキ感と緑の香りがひときわおいしい。
    半分食べて、お酢を足す。
    するとスッキリ、油の匂いがどこかにいってゴクゴク飲むのがたのしいスープの出来上がり。
    今日のデザートはタピオカミルク。
    程よくお腹が一杯になる、さて、打ち合わせへと向かいましょう。

    broklen_bulp_lamp.jpg最近のボクの仕事。
    新しいモノや新しい店を作ることより、古くなってしまったモノに新たな命を吹き込む仕事がメインをなしてる。
    今日の仕事も、古いホテルに新たな機能を与えるコト。
    街の人の憩いの場所にできないだろうか?って言うのが課題。
    新しい立地や物件が残っていない時代でもある。
    その傍らには役目を終えて、次のステージを待っているあれやこれやが沢山あって、チャンスはそこに眠ってる。
    外にフロンティアがあるのでなくて、過去であったり、内側だったりに実はフロンティアがある時代。
    インナーフロンティアに向かって発想を転換させる必要がある、たのしい時代。

    そんな時代を象徴するようなたのしいアイディアのステキな画像。

    壊れてしまった電球を、そのまま使ってLEDのライトに変えてやる。
    壊れたコトが役に立たないコトでは決してないんだよ…、って。
    欠けたところや、付いた傷。
    それすら魅力に満ちた個性と誇れるような、そんな命をいろんな場所に吹き込みたいな。
    仕事をしましょう…、ニッコリと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    昨日、正直者がばかを見るってな心境になり、どよ~んと目覚めました。
    最後の1行、ガツンときました。
    好きなはずの仕事を、あやうく嫌々するところでした。

    ニッコリ仕事を始めます。
    ありがとうございました!
    yunさん / 2010/08/03(Tue) /
    仕事のたのしさ
    > yunさん
    仕事に裏切られるということの辛さ。
    簡単に堪えることができぬつらさと思います。
    でもそんなときには、もしかしたら「仕事に使われてた自分に対して、仕事が反乱をおこしたのかもしれないなぁ」と思うようにしています。
    仕事はするものであって、仕事をさせられる立場には絶対にならないぞ。
    そう思いながらも、ときおり立場が逆転してしまう。
    なやましくもあり、けれどそれでも仕事があるということに感謝しつつの毎日です。
    ニッコリとがんばりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/03(Tue) /
    いいお仕事ですね。
    古くなってしまったモノに新しい命を吹き込む仕事。
    素敵ですね。

    私も、子育てが一段落したら、そういうお仕事がしたいです。
    なかだんさん / 2010/08/04(Wed) /
    使い捨てのない世の中
    > なかだんさん
    だって成熟していくってステキなコトですもの。
    ありとあらゆるものが使い捨てられないやさしい世界。
    目指したいなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/04(Wed) /
    膨れて焼けたポップなモーニン HOME ジングストロー・Upception
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]