忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    目白にちょっと用事があって、それでついでにつけ麺食べる。
    前からかなり気になってた店…、「丸長」ってお店で、麺がおいしいと麺好きさんの間で結構、話題のところ。
    目白という街にはあまり縁がなくってそれで、今日のついでに、これ幸いと。

    ff74cfd8.jpeg目黒駅から商店街をダラダラ5分。
    風情豊かな昔ながらの街路樹沿いの道を歩いてやってきたらば、あれあれ、ビックリ。
    11時から開店って聞いてて11時ちょっと前に着いたらおやまぁ、ズラッと行列。
    それも20人ほども並ぶと言う本格的な行列で、仕方ないから後ろについた。
    おもしろいのがいわゆる次郎系き並ぶ人たちと違った行列。
    年齢層高め…、女性連れとか、家族連れとかのお客様も混じったゴキゲン行列。
    待ってる間も次々、人がやってきて30分ほど待って中に入る頃には、同じく20人ほどの行列の先頭にボクらがなってた。
    スゴいコト。

    さすがにラーメン、つけ麺と言うメニューのお店。
    お客様の回転はよく、次々暖簾をくぐって人が表に出てくる。
    なぜなんだろう…。
    おいしかったって表情の人があまりいない。
    中にひとりだけ、顔をタオルで押さえながらニコニコしながら表に出てきて、一緒にきていた友達に、「おいしかったネ」って大きな声でいった女性のステキな笑顔。
    外で待ってたみんなの姿勢がシャキッとなった。
    ボクがお店の人だったらば、後ろ姿を拝むだろうなぁ…。
    ちょっとおいしい助け合い。

    お店に入ると思った以上に小さくて、6席ほどのカウンターにテーブル3つ。
    店の半分ほどの大きな厨房の中に、父さん、母さん、娘さん。
    みんなニコニコ、気持ちいい。

    f9b71bca.jpegまずは普通のつけそばにする。

    茹でて冷たく〆た麺。
    それを浸して食べる汁…、麺さえできれば、あらかじめ仕込んだ具材を丼に入れ、そこにスープを満たしてやれば出来上がりというスピードメニューで、呆気ないほどスタッと出ます。
    特に今日みたいな忙しい日には、麺はずっと茹でっぱなし。
    だから座るとあっという間にたのんだ料理がやってくる。
    しかも正真正銘できたてという、不思議がとてもありがたい。

    小さな丼にタップリと汁。
    具材もタップリ。
    刻んだナルトにメンマにチャーシュー。
    どれも味がシッカリついてて、スープはスッキリ…、具材の味と混じり合って味が完成するようになっている。
    スープ自体の味は独特。
    コンソメスープのようなうま味に、焦げた香りにほのかな酸味。
    醤油味でも、塩味でもなくいろんな味が渾然一体となったうま味の集大成。
    ちょっと辛みをピリッと感じる。
    一口ごとに味の印象が変わっていくのが不思議で楽しく、ハマってしまう。
    麺をトプッとスープにつけて、それと一緒に刻んだ具材や野菜を口に運んでやると、これまた味の印象が変わってたのしい。

    acec8ff1.jpegメンマは甘辛。
    醤油の風味がドッシリしてて北陸地方のラーメン食べてる気持ちになっちゃう。
    なるとは塩味。
    それと魚の風味をスープにくれて、江戸前支那そばみたいな風合いになっていく。

    特に味の印象がかわってスゴいのが、ココのチャーシュー。
    豚を醤油で煮込んだモノを刻んだちょっとブレーク状になったもの。
    脂の甘味や肉のホロホロしや食感が麺にシッカリこびりつき、かなり濃厚な味になる。
    つきあってくれた人がたのんだチャーシュー野菜のつけそばのタレ。
    肉がどっさりかなりのボリューム。
    最初は具材が一杯すぎて、麺を浸す場所もないほど。
    だから具材と麺を一緒につまみ上げ、具材の味をたよりで食べる。
    のだけどそれがまたおいしくて、炒め野菜に麺が混じったみたいな食感、そして味わい。

    47a6f532.jpegそれにしてもここの麺のおいしいこと。
    よじれて、歯応えおどろくほどにしっかりしてる。
    奥歯を叩き上げるほどの力強さで、筋肉質な引き締まった麺。
    粘りけがなく、噛んでも噛んでも歯応えなくさず、そのうちスルンと喉にハイってツルンとお腹に収まっていく。

    決して太くはないのです。
    スープの絡みが良いように、つけ麺用の麺としては、むしろ細めに出来ている。
    けれど口の中に入れると、太い麺が暴れまわっているような、存在感。
    分量以上の充実感とでもいいますか。
    コシにハリ、そのなめらかさとすべてが見事でウットリします。
    考えてみればココのつけダレ…、温度、味わい、香りに風味。
    すべてがおだやか、しかし独特。
    なにもかもが麺の食感をひきたてるため、食べて納得、オキニイリ。

    4ac3dae2.jpeg残ったつけタレにスープを入れて〆にする。
    普通のつけそばのスープ割りは酸味がスッキリ。
    酸味が際だち飲みやすい。
    一方、野菜チャーシューのタレをスープで割ると甘くて、コッテリ濃厚。
    チャーシューを煮た煮汁の甘味と野菜の脂。
    それにキラッと脂の甘味がくわわって、トロンと飲み口なめらかになる。
    同じスープを足しただけ。
    なのにこんなに味が変わってしまうというのビックリします。
    おなじみさんはそこのところをよく知っているようで例えば後から隣にやってきた、人が野菜にメンマって注文してた。
    メニューにはない組み合わせ。
    気軽な値段でたのしめる店。
    だから何度も何度もやってきて、いろんな具材と量の組み合わせ、自分にピッタリする組み合わせを発見したくなるお店。
    おなじみさんになりたくなるようなたのしい商品、オモシロイ。

    ところでコノ店。
    今月一杯でいったん休業。
    老朽化した店舗を建て替えるため1年ほどお店を閉めてしまうんだという…、そのギリギリにこうしてやってこれたこと。
    なんだか運命感じる出来事…、機会があればまた来よう!



    関連ランキング:つけ麺 | 目白駅椎名町駅下落合駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    高カロリー食 万歳
    こんばんは

    ちょっとご無沙汰しちゃってますが、ブログは毎日拝見しております
    そこで思うこと、最近の食事はかなりカロリーが高いものばかりのようなのですが、何かありましたか?
    今度お会いする時には、かなり大きくなったお姿が見られるのでは・・・ と楽しみにしております
    koutagawaさん / 2011/07/02(Sat) / URL
    いえいえ
    > koutagawaさん
    夜はかなり控えめに…、と野菜をメインにしております。
    たしかに一時期食欲がなかったときのコトを取り返そうか…、というモティベーションもあったのですが、お医者様からもちょっと体重減らしなさい…、って言われております。
    お互い様でございましょう(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/02(Sat) /
    メジロデコオリ HOME 西に東に、ビックリニュース
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]