忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜はゴキゲンな仲間で一緒に千駄ヶ谷。



    「ボガマリクチーナマリナーラ」っていうオキニイリのイタリア料理のお店を選んだ。魚がおいしいイタリア料理で、なにしろキッチンの前に魚のショーケース。
    そこでお店のスタッフを、相談しながらメニューを決める。
    あの貝、この貝と好みのモノをいうとザルにそれを取り上げ、厨房の中に手渡しそれで料理が出きる。
    臨場感もさることながら、サービススタッフでありながら料理のコトにくわしく的確に食べ方教えてくれる知識に感心します。



    テーブルにつくとグリッシーニにフォカッチャ、それから小エビのフリット。
    塩がしっかり風味を引き立て、こりゃ、ワインだなぁ…、ってソワソワします。そこにすかさずソムリエールがやってきて、白にしますか?泡にしますか?と。
    泡をグラスでまずもらい、それを飲みつつワインリストを開いて次の一本たのんでゴキゲンな夜の準備ができる。

     

    選んだ素材を選んだ調理方法で作ってもらう間をつなぐ、とりあえず的料理が多彩に揃うところもありがたい。
    イワシの自家製マリネであったり、キノコのマリネ。
    イワシはスキッと酸味が強く、キノコはドッシリ、旨み芳醇。
    淡路産の生牡蠣をハーフシェルでもらって食べると、これがネットリ。海の滋養を感じる名品。
    泡を飲み干し、白いワインがグイグイすすむ。



    そして一品。今日のおいしい魚をメインのカルパッチョ。
    ハーブ野菜の上にドッサリ、キンメダイやらイサキにマテ貝。アオリイカにミズダコなどがにぎにぎしくも散らかっている。
    トマトにディル、ピンクペパーが彩りそえて、お皿の向こうの小さなボウルに、生のしらすがどっさり盛られる。
    味は塩とオリーブオイル。油にルッコラの風味がついてて、一口ごとに口がすっきりリセットされて、次の一口、ねだる美味しさ。みんなでとりわけ食べるのも、たのしく、ウレシク、テーブルの上がにぎやかになる。



    フランス産の白アスパラガスにトリュフを乗せると旨いんです…、って、進められて、そりゃ、旨いだろうってたのんだのがこれ。
    バターの中に玉子を落として半熟状態を壊してそのままソースのように仕上げたモノを、シャキッとグリルしたアスパラガスにとろりとかけた色っぽい皿。
    そこにトリュフをシャッシャと削って乗せてくれるのが、もうたまらない。
    出来損ないのマヨネーズのようなソースとアスパラガスの相性バツグン。玉子とトリュフの相性最高。だからおいしくないはずがない。
    ザクッと歯切れて、夏の苦味を吐き出す大人のゴチソウ味わい、またグビリ。



    それからパスタ。ワタリガニを一杯丸ごと使ったソースで、ショートパスタを煮込んだモノ。
    ワタリガニの身は丁寧にほぐしだし、ソースの中に混ぜられ仕上げる。パスタに蟹の味がキレイに染みこんで、ゴリゴリとした歯ごたえもいい。
    酒がおいしいテーブルに、ロングパスタがやってきちゃうとみんなそれをズルズル食べるのに必死。会話が途切れる、無粋な料理になっちゃうけれど、ショートパスタはユックリ食べても食感、味がそれほどかわらぬ。
    特に今日のこのパスタ。
    時間が経っても歯ごたえ変わらず、蟹の風味がたのしめる。



    そしてメインのアクアパッツァ。
    ここに貝がふんだんに使われてます。魚にマテ貝、蛤、あさりと貝の旨みを水に移しておいしく仕上げる。
    パスタがトマトの味のモノ。だからこれにはトマト控えめ。ドライトマトだけを使って、塩味にして仕上げてくれるところがうれしい。
    ハーブにケッパーでキリッと味をひきしめて、うやうやしくもとりわけどうぞとふるまうところもサービス精神旺盛でよい。



    結局、泡にワインを三本。白が2つにドライなロゼで気持ちよくなる。それらワインのセレクションの見事なるコトに、ソムリエールの知識、経験の的確感じる。
    食後にお酒はいかがですかと、アマーロ飲んでお腹スッキリ。
    ビリリと酸っぱいレモンパイ。ズコットもらってエスプレッソでお腹にたのしく蓋をする。
    よき夜でした。
    おいしい料理といいサービスに、語る話も夢見がち。いい夜でした。ありがとう。


    関連ランキング:イタリアン | 北参道駅代々木駅千駄ケ谷駅

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    こちらに決めました!
    久々にコメントさせていただきます。

    今月主人と上京するのですが、ディナーはこちらのお店を予約しようと思います。

    こちらのレストランをご利用された過去のブログも拝見しましたが、興奮してワクワクしてきました。笑

    上京が待ち遠しいです。
    kikoさん / 2015/06/05(Fri) /
    なるべく早めに
    > kikoさん
    大切な人をお連れするのにぴったりなお店。
    しかも自分もたのしめる。
    できればなるべく早く予約をされて、キッチン近くのテーブルをと予約をされるといいと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/05(Fri) /
    楽しいお店ですよね
    1ヶ月以上前に予約したら、キッチンの目の前のアリーナ席をもらうことができました。そこで興奮。
    もちろん美味しいのに興奮。
    偶然、誕生日だったお客様のために、お店の人がアコーディオンで祝っている場面に遭遇しました。そこで、大興奮。
    一緒にいた友人が新しい道に進むので、お会計時に早速パーティの予約をしました。
    美味しい料理と気持ちの良い接客、素敵なコンビネーションですよね。
    お気に入りのお店になりそうな予感です。
    江部さん / 2015/06/10(Wed) /
    アリーナ席
    > 江部さん
    ボクもはじめて行った時が厨房ど真ん前のアリーナ席。
    それですっかり、魂を奪われてしまいました。
    ここに来ると、素材も大切だけれど、その素材に対する知識と愛情こそがおいしい料理を作る鍵なんだなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/10(Wed) /
    ナショナルドーナツデイ HOME ミート屋
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]