忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それから電車で西に向かって、阿佐ヶ谷に来る。



    JRの駅と丸ノ内線の駅をつなぐ長いアーケード商店街がある町で、しかもそこがにぎわっている。
    平日の昼というのに人があふれて、並ぶ商店にも活気があるのがいいなと思う。
    活気があるのはお店ひとつひとつが一生懸命、自分の個性をアピールしようと努力しているからなんでしょう。新陳代謝も活発で、ちょっと来ないとお店が変わっていたりする。今はストレッチ系のマッサージショップが続々できてて、時代を端っこ教えてくれる。



    そんな中でもずっと続いている繁盛店のひとつが「ミート屋」。
    ミートソースの専門店で、開店10分後くらいに撮った外観写真。誰もいない静かな景色に見えるけど、すでにお店の中は満席。
    ボクらは椅子に座って待ちます。
    路地に面した角地のお店。ワザワザバラック作りのように仕上げたまるで讃岐の製麺直売店のようなしつらえ。一番奥に入り口があり、食券買って食べたら手前の出口から出るという、一方通行の動線計画。よく出来ている。



    カウンターだけ。中にキッチン。突き出し式の生パスタ製造マシンが置かれて、それの並びに大釜。お湯がグラグラ湧いていて、そこでパスタを茹でたら大きなざるを取り上げチャッチャと湯切り。
    まるでうどん屋みたいな姿。
    寸胴鍋でミートソースがたかれてて、そのおいしい香りがお店の中から外に流れて食欲誘う。注文ごとに寸胴鍋から手鍋にとって、あたため麺の上にかけたら出来上がりという、シンプルながらよく考えた調理工程。感心します。
    一部始終をサラダを食べつつ、待つのがたのしい。サラダの上にはベーコンチップというのがたのしい気遣いでいい。



    メニューはシンプル。ミートソーススパゲティーだけ。
    並に大盛り、特盛りという麺の多さで3種類。揚げ茄子、納豆、モツァレラチーズと3種類のトッピングがあり、その組み合わせでメニューが決まる。
    まるでラーメン店のようなシステムがわかりやすいのがいいのでしょうね。
    パスタの店にして珍しく、おじさんたちがニコニコしながらやってくる。
    並盛り、納豆トッピングにてたのんで食べる。



    丼状の深めのボールにやってくるのが、まるで油そばを食べてみたい。ミートソースの上にポッテリ、よく混ぜ泡立てたひきわり納豆がのっかっている。
    まずはよく混ぜ、なじませる。
    混ぜると納豆の香りが一瞬、鼻をつくけどそれもたちまち収まって、あれはチーズの発酵臭か?と、頭がたのしく勘違い。ミートソースに納豆がコクと粘り気、なめらかさをくわえてくれて、スベスベ、口に心地よい。
    ミートソースにはゴロゴロ煮込んだ牛肉が入っているのがなんとも贅沢。
    途中で粉チーズとタバスコかけて味変えをして、あっとう間にズルンとお腹の中に収まり、腹、満ちる。



    ハリがあって歯ごたえたくましい自家製麺がおいしいのですネ。小麦の香りもミートソースの香りに負けず心地よく、生パスタにありがちのネトネトとした粘る感じがないのがウレシイ。

    カウンターにはうちのミートソーススパゲティーの楽しみ方が書いてあり、最後においしく食べる時間の目安は10分以内という一言に、ちょっと笑った。
    上品気取って時間をかけてパスタを食べて、結局、味を台無しにするおねぇさんたちが多いですもの。こういうコトを書かなきゃいけない不思議を感じる。
    ちなみにボクはほぼ3分で食べちゃいました。移動です。


    関連ランキング:パスタ | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    最近「旨くて上手くて上手い店」拝読の機会がありまして。現在前半~中盤を読ませていただいているのですが
    「今の自分と同い年のサカキ様はこのような視点で物事を考えられていたのか…」と
    「あぁ、この当時のトウキョウの飲食業はこんな時代の潮流の中を泳いでいたんだ」
    と読ませていただいております。
    2度、3度繰り返し読ませていただく時、自分はどんな視点でこの本を読むのだろうか。繰り返し本を読むことで色々な視点から読むのが好きなもので今から楽しみにしております。

    当時「東京駅から30分の地方都市」として、「わざわざそれを目標に訪れる街というよりは、仕事の帰りの寄り道が楽しい街」と教えていただいた阿佐ヶ谷。残念ながら未だ伺う機会が無かったのですが、今でもバードランドや希須林はあるのだろうか、ちょっとたゆたってみたくなりました。
    Wordsworthさん / 2015/06/07(Sun) /
    ありがとうございます。
    > Wordsworthさん
    まだまだ若造の頃に書いた本。ありがとうございます。
    先日行った阿佐ヶ谷は、時代の流れがゆるやかな部分と、滑り転げる部分の両方が混在した不思議な街になっていました。
    バードランドは今の健在。けれどご主人は銀座の行っていつしたそちらが本店のような顔をして、希須林さんはいつのまにか青山ブランドになっちゃいました。
    それも時代です。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/07(Sun) /
    ボガマリクチーナマリナーラ HOME 立ち食い二軒、白河そばに新宿更科
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]