忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅から東に向かっていく用事。

    bakuro.jpgあんまりない。
    ボクにとっての東京はせいぜい築地、月島どまりでそれでそこから先に行くことはない。
    今日は千葉に向かっていくことがあり、それで久々。
    馬喰町にやってくる。
    前の会社の移転先を探していたとき、馬喰町に物件がありそれで何度か来たことがある。
    繊維問屋さんが元気な街で、東京駅からたった2駅でこんなにのどかでユッタリとした街があるんだ…、ってビックリしました。
    それにしても総武線。
    快速電車が東京駅で横須賀線と昔ひとつにつながったとき、便利になりはしたけどちょっと複雑だった。
    横須賀線を使ってたボクにとり東京駅は終点であり始発の駅で、朝の電車で眠りこけても駅員さんに起こしてもらえる。
    夜はかならず座れた電車が、ただただ駅を通過する普通の電車になっちゃった。
    便利だけれど、さみしい気持ち。
    ホームを飾る路線図もちょっと違和感、今でもある。

    フクモリっていうお店に来ます。

    fukumori.jpg東京のカフェ好きの人には有名な店。
    お洒落な飲食店がまず立地としては選ばぬであろう小さな路地。
    倉庫を改装したような、そっけない箱。
    けれどとても居心地がよく、お店の奥にある螺旋階段が「うちは普通の飲食店じゃございません」的静かな主張を発してる。
    ときおりコンサートさえ開かれるという。
    飲食店というより「街の人たちに開かれたコミュニティーの寄り合い所」。
    そんな感じのお店なんだ…、って知ってる人は口々に言う。

    twitterのフォロアーにボクはなってて、毎日毎日、決まった時間に配信される、今日のランチのおすすめメニューに、行ってみたいなぁ…、ってずっと思ってた。
    温かいといいますか。
    ただ義務的に、あるいは販売促進だからと割りきって配信される企業tweetとは一味違ったやさしさに、どんなお店なんだろう…、って今日はちょっとうきうきしながらやってきた。

    70b4f055.jpegたしかにいい店。
    引き戸をガラガラ開けて入るというとこが、なんだか昔の民家な感じでまずは良い。
    合理的で実用的なインテリア。
    背筋の伸びる大テーブルに、座り心地の良さそうなソファにベンチと空いた時間なら、自分の気持ちにあわせて場所を選べる。
    何百軒と飲食店を作った人でも作れない。
    飲食店のコトを知れば知るほどこうしたお店を作るのが怖くなる。

    建築的に個性的でないことを誇るような、匿名的でやさしい空間。
    だってお店は建築家のためでなく、お客様のためにあるべきだから…、ってそんな主張をやさしく感じる。

    今日のランチの肉料理。
    ロールステーキと言うコトで、それをたのんで食べてみる。
    夜は山形牛がおいしく食べるコトができるというこの店の、これは賢い昼のお料理。
    薄切り肉をクルクル巻いて筒状にして焼きあげる。
    だからこなれた値段で提供できる。
    その上、どこを食べても同じ歯ごたえ、脂ののりにうま味に味わい。
    うなぎの蒲焼きのタレのような甘辛醤油で風味をつけた、ご飯のおかずにピッタリ。
    サイドをつとめる青い葉っぱもおいしいねぇ…、パリパリ元気でみずみずしくて、脂で疲れた口をスキッとリセットさせる。

    29a24e6f.jpegほんの少しだけ、オペレーションが崩れていますか…。
    ボクがお店に入った時間は、12時前でもうその時点で満タン、満席。
    ウェイティングがかかりはじめてる。
    にも関わらず料理がなかなか出てこない。
    メニューが沢山あるわけでなく、もうちょっとだけ手際をよくすれば待たせることもないだろうに…、と思いつつ。

    いやいや、この店。
    急ぐ人なんてこない店。
    プロの手順より、素人的な丁寧と誠心誠意をお客様は好いてくる。
    だからこれでもいいのかも…、って思ったりする。
    そうだとしたら、悪くない。

    料理上手でもてなし好きな若い人が、おかぁさんのレシピをしっかり守りつつ、一生懸命作ってる。
    そんな感じの料理の中で、こりゃいいなぁ…、って感心したのが汁と小鉢。
    こっくりとした田舎の味噌に、魚のあらと里芋、大根。
    フウフウしながらコクリと飲むと、体の中に滋養が走る。
    豆やレンコン、切り昆布とこれまた田舎仕立ての煮物が、甘くてしかもシッカリ味で気持ちをホロッとさせてくれる。
    奥様、おばさま、おじ様それからおねぇさまと、顧客の種類を問わぬ魅力がこんなところにあるんだろうなぁ…、って思ったりした。
    オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ぼくは、フクモリの入っているビルのオーナーとご近所づきあいがあるのですが、オフィスを貸す条件として、1階をみんなが集まれるようなカフェスペースにする、ということが条件でできたお店なのです。
    なので、できてしばらく経つ今も、なんとなくな素人くささが抜けない、でもそこが憎めないお店です。
    今度、ぜひ、ディナータイムにご一緒しましょう!
    あや~んさん / 2010/11/17(Wed) /
    無題
    フクモリが大好きなので、こちらにもコメントしちゃいます。
    本当にフクモリの大ファンで、同じフクモリファンの友達と行くと、3~4時間はいます。
    居心地が良くて料理も美味しい、最高です(笑)
    サカキさんと一緒に、フクモリでまったりしたいなぁ(o^^o)
    lovekuma69さん / 2010/11/17(Wed) /
    なるほどぉ
    > あや~んさん
    ボクはこんな場所にオフィスを持てればいいだろうなぁ…。
    ボクがオフィスを作るとしたらこんな感じになるのかなぁ…、なんて思いながら今日は食事をしました。
    ぜひ、ご一緒しましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/17(Wed) /
    まったり
    > lovekuma69さん
    ここでのんびりしてると、住み着いちゃいそうな気がします。
    それほど心地いいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/17(Wed) /
    インペリアルトレジャーヌードルズ HOME ご報告
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]