忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    親父と一緒に飯を食う。

    susi.jpg場所は秋葉原。
    ユックリ落ち着いて食事ができる飲食店が絶望的に少ない街で、何にしようか…。
    しばらく思案。
    どちらともなく「寿司でも喰うか」と言い合い、クスッと笑いあう。
    おじさん同士の会食は寿司が一番。
    ボクもそんな歳になったというコトでしょう。
    JRの駅前のヨドバシカメラの一階にある寿司屋に入ると、あいにく、カウンターはもう一杯。
    テーブルに座って手っ取り早く盛り合わせをとる。
    程よいネタに程よい分量。
    中でもトロのおいしいコト。
    舌の温度で脂がトロンととろけて、散らかろうとするシャリにまったりまとわりついてくるゴチソウ感。
    ひさびさ堪能…、いい感じ。

    siru.jpgセットについてたアラ汁一杯。
    かなり沢山、魚のアラが入っていてお値打ち感がタップリのコレ。
    ただそのアラのほとんどが鮭のアラというのが、ここ最近の寿司屋の傾向、教えてくれる。
    昔、寿司屋でスモークサーモンとか鮭を握る店はほとんどなかった。
    あの脂っこさと不思議な匂い。
    醤油に合わぬその独特が、寿司にするにはクセがちょっとありすぎた。
    アメリカのスシバーに言って、サーモンロールを食べたときには余りの新鮮にビックリしたくらいですからして、こんなに一般的になるとは思わなかった。
    回転寿司で一番人気は、マグロの赤身で次がサーモン。
    特に若い人には絶大なる人気があるっていう事実。
    ボクはいまだに生のサーモンは抵抗がある。
    焼いたり、こうして汁になるのは全然平気なのだけど。

    仕事の話をしながら食事を軽くすませて父を別れる。
    電車にのって家の近くの駅につき、ちょっとお腹がモノ足りぬという。
    それでなか卯によって、すだちの小うどんを食べてしまった…、ちと、反省。

    sudati.JPG小さなシャリのお寿司でござった。
    父、曰く。
    アキバのクセして、これは銀座でホステスくどく寿司だわい…、と。
    もうそんな元気もないくせに。
    そう言ったらば、いやいや、あとふた花は咲かせなくちゃなって、不敵に笑う。
    男も女も色気をなくしちゃおしまいヨ!
    父にこうした元気がでたのが、何よりうれしい。

    それにしても今日の秋葉原のその寿司屋。
    場所柄というコトもあるんでしょうか…、お客様の3分の1程が中国系のお客様たち。
    カウンターに座ると注文に戸惑うのでしょう。
    みんなテーブル。
    一番高い盛り合わせに、追加でトロやウニ、イクラという高級ネタを次々たのむ。
    テーブルの上に乗らない程に料理をのっけて、当然、全部食べ切れるワケがなく、どうするんだろうって思って見てたら、ネタだけ食べてシャリを残して帰ってく。
    うーん。
    こんなコトをする人たちは嫌われるのに…、っていらぬ心配していまう。

    細く冷たいうどんにスダチをタップリかける。
    甘めのコッテリした醤油ダレをスッキリさせて、するするお腹の中にやさしくおさまっていく。
    明日は金曜、また明日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お寿司
    確かに大人の男性2人なら、お寿司やさんがしっくりくるように思います。
    お寿司屋さんって、やはり大人のお店だと思いますし、落ち着きますよね。
    しかしお父様。
    粋ですねえ。
    色気が無くなった男性って、確かに枯れすすき状態になっているのが傍からも見えて、魅力が目減りする気がします。
    私は生涯現役!な色気のある ショーン・コネリー様ファンなので、そう思うのかもしれませんが。

    お寿司のことですが、こうやって食べるんですよ・・・というようなことが書かれたガイドブックのようものが、かの地にはないのでしょうね。
    そこ、ビジネスチャーンス!って気がします。
    おいしく食べる方法、オーダーの仕方がわかったら、かの地のお客様も もっと日本を楽しめるはず。
    なだ万で働いていたとき、日本食はじめてなんだ・・・とおっしゃるお客様に、お好きなものや食べられないものを伺って、メニュー選びからお手伝いし、食べ方もお教えしていました。
    お店側がそういう手間をかけるか、写真も入った小冊子を用意したら、どうでしょうね?
    観光庁がやってもいい仕事でしょうけど。どうなんでしょ・・・。
    ねえねえさん / 2010/08/06(Fri) /
    世界の中心
    > ねえねえさん
    中国という国。
    中華思想って言葉があるように、自分たちこそが世界の中心であって、他の人たちからの教えを請わぬ…、と言う意固地さがあるようです。
    他の人たちが自分を見て、どのように思い感じているのか、というコトに対する感受性の低さはどうしようもないかもしれません。
    マナーに対する啓蒙ビジネス。
    オモシロイかもしれません。
    時間と手間がかかるのだろうとは思いますが…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/06(Fri) /
    無題
    寿司屋のアラ汁は美味しいですよね。私もたいていお願いします。

    お父様の言葉、素敵♪
    色気を身につけたいなぁ。
    キョーコさん / 2010/08/06(Fri) / URL
    色気
    > キョーコさん
    ギラギラした脂っこい色気じゃなくて、サラッと爽快なステキな色気。
    いいですよね。
    やっぱり人間はどんなときにもキラキラしてなくちゃ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/06(Fri) /
    文化
    美味しそう!お寿司が食べたくなりました。
    わたしも生サーモンがお寿司になるのは少し苦手です。

    先日北京に出張で行った時、向こうの会社の方が、いつも、明らかに
    食べきれない量のお料理を頼んでくださるのです。
    わたしたちは恐縮して、そしてもったいないなあ、と思って、
    なんとかその気持ちを伝えようと思ったのですがなかなか難しい。
    とにかく沢山頼むのがおもてなしのしるしなんですって。
    沢山頼まないとケチだと思われる、残すのがいいんです……、って。
    文化の違いなのでしょうが、「頼んだものを残してはいけません」って
    口を酸っぱくして言われて育ってきたわたしとしては、
    少しやるせなかったです。
    桃さん / 2010/08/06(Fri) /
    たしかに
    > 桃さん
    確かに中国の人たちは、全部、平らげられる程度のごちそうしか出せなかったと言うことが、恥ずかしいコトなんだっていいますね。
    郷に入っては郷に従え。
    なのかもしれません。
    日本の「勿体ない」という文化。
    ほんのちょっとだけ興味を持って欲しいなぁ…、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/06(Fri) /
    最後の二つを分けあった朝 HOME 焼売弁当食べながら…。
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]