忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    イセタンのカフェ…、羽田空港の第一ターミナルのオキニイリ。



    ここって一体どういう場所なんだろう…、って思ったりする。
    こんなスペース、こんなお店が飛行場の中にあるのってあまりに不思議。
    ボクにとっては大好きな、新宿三丁目という街から引き剥がされたくない気持ちをそっと押し殺しつつ、しばしの別れをする場所かなぁ…。
    とにかく不思議な場所でござんす。
    そんな不思議のせいでしょうか…、いつもひっそり、カフェ、静か。



    アップルシナモントーストもらう。
    甘いモノではパンケーキなんかもあるのだけれど、ボクは甘いトーストが好き。
    ザックリ、空気をたっぷり含んで仕上がったイギリスパンをこんがり焼いたところにリンゴ。
    砂糖と一緒に煮込んで飴色になったののっけて、シナモンをふる。
    キャラメルソースをトロンと垂らして出来上がりという、下ごしらえと食材調達に手間はかかるけど仕上げはとてもシンプルなモノ。
    男スイーツって感じがするのが、おじさん的にはアリガタイ。



    パンがおいしい。ザックリ歯切れる食感も、口の中で散らかる感じも軽快で、塩の旨みがキリッと引き立つ。
    だからリンゴのクチュッと潰れるなめらかや、甘さがキリッとひきしまる。
    キャラメルソースの苦味を帯びた甘みもおいしく、甘いのだけど甘すぎず、けれど何か飲み物口に含みたくなる。
    そこにコーヒー。ビターで酸味の強いブレンドゴクリと飲んで、口もスッキリ。目も覚めました…、移動です。


    関連ランキング:カフェ | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅



    ところで昨日の夜のご飯…、家であれこれ作って食べる。



    まずは牛肉。すき焼き用のロースをザックリ、細切りにして胡麻油で脂をカリッとなるまで焼き上げる。
    塩と胡椒。日本酒パシャッと赤唐辛子。
    九条ねぎの茎の部分をザクザク切って、焦げ目が付くまで箸を動かし炒めてく。焼肉のたれを少々、それから醤油を入れて胡麻をタップリ散らして仕上げ。
    おいしい。
    ジュワッと肉の脂が口に広がる。ネギやレタスがクシュクシュ、シャクシャク、歯ごたえたのしく胡麻がプチプチよきアクセント。



    九条ねぎのやわらかい先の部分を松山あげと一緒に出汁で煮込んで食べる。
    松山名産の分厚いお揚げで、煮込むとトロリとふっくらなめらか。お揚げというよりお麩、あるいは湯葉のような食感で、出汁をたっぷり含んで旨い。
    茹でたエビに熟したアボカド。オリーブオイルにつけたトマトをお皿に盛って、バッファローチキン用のチリソースをマヨネーズで伸ばしたソースをチュチュっとかけてパクリと食べる。お腹がやさしく満たされた。

    出張の準備をしてたら夜更かしになる。作ってみたい夜食があって、チャチャッと作った。



    エビの風味をつけた乾麺。極細でがっしり固まり、卵のような形をしたのをたっぷりのお湯で、ほぐれて泳ぐようになるまで茹でて湯を切る。
    手鍋にたっぷりの粗微塵のネギを炒める。油は胡麻。煎った胡麻もサラサラ入れて、風味を出したところに麺。よく混ぜながらオイスターソースで味を整え、それで出来上がり。
    都合たった3分ほどで、ネギの香りと海の旨みがおいしい麺の出来上がり。重宝します、オキニイリ。

    ところで土曜日…、家で書物しながら一気に見ちゃった「坂道のアポロン」っていうアニメ。スゴく良かった。
    トレーラー的動画がなくて、それで本編からの切り出し動画を貼っておきます。



    ジャズに打ち込む高校生のココロの交流、自分の発見、恋愛感情などを通して成長していく様をとても丁寧に描いてる。
    30分で一話が終わる、その30分で必ず一度は泣かされる。
    青春っていいなぁ…、ってしんみり思って、いやいやまだまだ気持ちは青春とがんばる元気がもらえたりする。
    それにしてもこれを放映していた「ノイタミナ」っていうシリーズ枠。
    ANIMATIONを反対読みにすると「NOITAMINA=ノイタミナ」になる。そのセレクションのスバラシサと、そのスバラシサを気軽にたのしめるHuluというテレビいらずの環境に感謝をします。オキニイリ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    「坂道のアポロン」漫画読みました。面白いですよねー。作者の方が「60年代学ランファンタジー」と言ってました。アニメも観てみます。子供がWiiUを買ったのでHulu契約しました。初めてのお金払って観るテレビ! ミスマープルを観ています。でも見始めると止まらないのが困りもの。
    みやはらさん / 2015/06/21(Sun) /
    『坂道のアポロン』
    夜中のオンエア時、たまたま見かけて、その物語と何より丁寧な音創りに魅了され毎週楽しみに見ていたアニメです。
    音楽の菅野よう子さんがホントに素晴らしい!
    ななおさん / 2015/06/21(Sun) /
    Hulu
    > みやはらさん
    定額制とは言えお金を払ってテレビを観る。
    なんだか新鮮なたのしみですよね。
    定期的にプログラムが更新されるのがたのしみで、見すぎてしまう…、わかります。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/21(Sun) /
    臨場感
    > ななおさん
    音がスバラシいドラマってなかなか無いですよね。
    しかも絵がいい。
    ライブ感満点で、一気に見通してしまいました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/21(Sun) /
    無題
    まど☆マギに続き、また共通の感動が。うれしいです(笑)
    偶然ノイタミナで見てその瞬間はまり、コミックも全巻持ってます。音のないコミックも素晴らしいのですが、アニメの完成度の高さといったらもう。佐世保というロケーションも個人的にしびれました。コミックのスピンオフも最高です!
    なつ椿さん / 2015/06/21(Sun) /
    映像美
    > なつ椿さん
    坂道の街が持っている、どこか神秘めいたところ。よく生かされていました。
    なにより、舞台になった時代がボクの少年時代とほぼ同じ。だからいろんな意味で感情移入できました。
    ドラムを叩くバチさばきの映像表現。すばらしかったですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/21(Sun) /
    おなじみさん HOME サンドイッチに冷担々麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]