忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    高松に来て、ランチを食べる時間があるとよりたくなる店。



    瓦町という市電の駅のターミナルビルの近くにあって、ランチタイムには行列もできる人気の洋食店。
    「おなじみ」という名前の通り、おなじみさんが次々やってくる店で、ボクもいつかおなじにさんになれればいいなぁ…、なんて思ってやってくる。
    今日は早めの夕食時間。
    にも関わらず、お店の中はニギヤカで食事を終えたおなじみさんは、みんな一言ふた言、世間話をして帰る。あったかくってニッコリとなる。



    ランチを食べる。
    夜でもランチ。ランチというのが料理の名前で、ココの名物料理が3つ。
    ポークチャップにエビフライ、それからオムレツが大きなお皿にギッシリ肩を寄せ合いやってくるのがウレシイ。
    ハンバーグじゃなくポークチャップというのが独特で、分厚い豚のロースをガッシリ、重石をしながら焼き上げて酸味の強いデミグラスソースを流して味わい趣向。
    噛みしめると肉の旨味がジワリとにじむ。肉を食べてるって感じがステキ。



    オムレツ用のフライパンで、トントン手首を叩きながら仕上げたオムレツ。トロトロじゃなくふっくら熱が入って仕上がる、ボク好み。

    そうそう、赤だし追加でもらいました。
    イリコのきいた出汁に酸っぱい八丁味噌。そこに玉子を割り落とす。
    白身はチリっと熱が入って黄身は半熟。箸で黄身をちょっとつついて中身を出すと、熱々の汁に漂いユックリ固まっていく。そこがトロリとなめらかで、ご飯のおかずになったりもする。



    ラード混じりの油でカリッと揚がったフライ。小さいながら身がしっかりとしまったエビが3本も。ポッテリとした自家製マヨネーズをタップリのっけて食べると油の風味が旨い。エビも甘くてオゴチソウ。
    ポークチャップのお供にケチャップ和えのスパゲティー。ムチムチしててネットリ味わい、昭和な感じ。
    シットリとしたジャガイモサラダ。ハムに千切りキャベツとご飯が足りないほどのサービス精神旺盛に、お腹もよろこぶ。また来ます。


    関連ランキング:洋食 | 瓦町駅今橋駅、片原町駅(高松)


    昔の写真を整理していたら、なつかしいのが出てきたのよ…、と、母がいろんな写真をもってきてくれる。



    父と母が生まれて初めて、2人でアメリカにいったときの写真がなんだか格好良くて、この時代の日本の人ってなんだかいいムードをもっているなぁ…。
    海外旅行がハレのイベントだったから…、ってコトもあるんでしょう。ちょっと気合の入ったおしゃれもかっこいい。
    こんなメガネを持っていたっけ?って、母に聞いたら、キャサリン・ヘップバーンになりたかったのよ…、この時はって言って笑った。かっこいい。



    それからボクの愛犬、バロン。
    ほどよく長生きしてくれたけど、最後はフィラリアで死んじゃった。この時代は犬に首輪と鎖をつけるのが当たり前で、今ならもっと違った飼い方をしてやれたのにって、写真をみるたび悔しく思う。
    いつかボクのところに戻っておいでね…、って今日も思った。がんばろう。



    ちなみにボクの写真をいくつか。一番左はボクがまだ大学生の頃かなぁ…、だとしたら隣の母はまだ40そこそこ。
    二枚目は父の従順なアシスタントをしていた頃で、おそらく30になるかならぬかの頃でしょう。この後、たちまちボクは膨れて100キロオーバーの巨体に育ってしまうのでした(笑)。
    自我に目覚めて髭のおっさんになってしまった30半ば以降は、だいたい右の写真のような感じ。でもこの頃は髪もふさふさ、髭も真っ黒。ナツカシイ。

    拍手[17回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさん、だんだんお父さまの佇まいに近づいてこられたような。
    遺伝子って、すごいな。
    という私も母親のコピーになる日も近いのかしら。
    はるのにがみさん / 2015/06/22(Mon) /
    無題
    サカキさん、こんにちは!
    おなじみ、素敵ですねぇ。
    高松に帰省した時は是非行きたいお店です。

    バロン!横顔が可愛いですね
    時代とともに犬との暮し方も変わりますが
    幸せな気持ちは変わらないなと思います。
    お母様のおみ足の美しいこと!
    女性らしい自信が装いの仕上げかしら。ガンバロウ♪
    おすぎさん / 2015/06/22(Mon) /
    無題
    サカキさん、こんばんは。
    国内旅行をしてふと気づいたのですが、
    ある年齢以上の皆さんは、写真を撮るとき
    カメラに対して正体しないというか、
    ちょっと斜めに立つんですよね。 
    ご夫婦二人でポーズをつけて立っているのを見ると
    なんだか微笑ましく、ついつい
    撮りましょうか?なんて声をかけてしまうのです。

    masさん / 2015/06/22(Mon) /
    お写真
    読者にはお宝写真です、特にお母様ファンとしては!
    う~んお母様、やっぱり昔から素敵でいらっしゃるんだ。ドレスや靴のデザインも良くお似合い、懐かしい感じですね。
    サカキさんのお写真を見て、男性のイメージも変わられるのね、って。仕事の貫禄が積み重なる感じですよね。
    御家族だけでなく背景からも、時代の流れを感じて懐かしいです。見せて頂いて、どうも有難う御座います。
    ボルテイモアのおかずさん / 2015/06/22(Mon) /
    若い頃は
    > はるのにがみさん
    中学生くらいまでは母親似って言われていましたのに、どんどん父に似てくる。
    手がそっくり…、ってこの前、父をよく知る人に言われて、遺伝子って強いんだなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/22(Mon) /
    美男子バロン
    > おすぎさん
    体つきも顔つきも、イングリッシュブルドッグの典型のような男前でした。
    最期はフィラリアでした。
    家の中で飼っていればもっと長生きできたんだろうなぁ…、と思いもしますが、それも思い出。
    いつか戻ってくると思っています。

    母の足。
    お褒めの言葉頂戴したよと言っておきます。多分、小躍りすると思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/22(Mon) /
    確かに
    > masさん
    ポーズを取りますよね。今、中国の人たちがポーズをとっているように…。
    多分、ピースマークが写真を撮る時のポーズになった頃からじゃないでしょうか…、正面を向いて写真を撮るようになったのって。
    ちょっと斜に構えたおしゃまさんなポーズ。写真を撮るということが特別なコトだった証なんでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/22(Mon) /
    男も変わりますネ!
    > ボルテイモアのおかず
    自分では変わったつもりはないのです。
    でも、変わっていますネ。
    自分のなりたいようには変われないのが悔しくはあり、でも今の自分が嫌いかというと、それはそれで可愛らしかったりするんですよね。
    自己肯定で前向きな考え方は両親から正しく受け継いだモノと思います(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/22(Mon) /
    たかしまコーヒー、森珈琲 HOME イセタンカフェのアップルシナモントーストの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]