忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして夜を六本木。オステリア・ナカムラにやってくる。



    最近ちょっと元気が足りないなぁ…。
    と、ここしばらく思ってて、何が足りてないんだろう…、って考えてみたらオステリア・ナカムラが足りてなかった。
    今年に入ってまだ来てなくて、こりゃいかん!と、それでワザワザやってくる。
    六本木のミッドタウンのほど近く。路地を歩いて曲がって歩く。隠れ家風の場所にポツリと街灯があり、階段登るとほっこりとしたシアワセ空間に出会えるステキ。



    まずはシチリア産のワインをあけて、ドッシリとしたおいしさに、こりゃ儲けモンとニッコリしながら前菜たのしむ。
    イイダコをトマトソースで煮込んだモノで、大きな頭に太くたくましい足にソースがからむ。ムッチリとした歯ごたえとホロリとほぐれるやわらかさ。
    頭の中には玉子がビッシリ詰まってて、口の中でパラパラ踊る。アルデンテにした長粒米のような食感…、まさにイイダコ。



    それから牛モツのフィレンツェ風の煮込みをパクリ。
    内臓肉があれやこれやと。なのにどれを食べても同じやわらかさに仕上がっているその入念にウットリします。
    クニュクニュもある。ホロホロもある。ネットリもあり多彩な歯ごたえ、味わいは内蔵肉でなくては出せないおいしさで、噛みしめる度に滋養と元気がにじみだして体に染みこむ…、そんな感じのオゴチソウ。

    パスタをふたつ。



    オレキエッテって耳の形をしたショートパスタを赤いジェノバソースで仕上げた今日のおすすめ。クニュクニュ、口の中であばれる感じのパスタの食感たくましくトマトの酸味と旨味の中にバジルの香りが不思議に香るたのしい一品。
    それからイカスミを練り上げ作ったタリアテッレを、魚介のラグーで仕上げたの。
    口の中に海の旨味が広がっていく。
    ザクザク歯切れるパスタの食感、痛快でひと噛みごとに気持ちが晴れる。

    メインに肉をと黒板メニューをみていたら、最近、はじめたばかりなんですと「豚スネ肉のオレンジ煮」っていうのがあって、それをためした。



    ゼラチン質を抱いたすね肉。それをじっくり煮込んで繊維がホロリとほぐれるなめらか。刻んだオレンジの皮や果汁、豚の脂がまざりあってトロリと肉に絡みつく。
    食べると最初は肉の旨味。そこに酸味と甘みがのっかり、最後はオレンジピールの軽い渋味と香りでしめくくる。
    シシリアの伝統的な料理というコレ。そういやワインもシチリア産で今日の食事のよきしめくくり。
    ゴキゲンなご主人、マダムといろんな話で盛り上がる。ちょっとたのしい企みを一緒にしますか…、と約束をして、さぁ、帰る。


    関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    越後屋、お前も悪よのぅ(笑) HOME 昼の「の弥七」
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]