忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の午後。久しぶりに暑い一日。それでシャリッと冷たいものをランチの後にとドトールコーヒー。



    フローズンマンゴーヨーグルトを飲みに来る。
    フローズンドリンクだけだと体が冷え過ぎそうで、アイスコーヒーとミルクレープをお供にします。
    シャリシャリとしたシャーベット状ののどごしと、スッキリとした酸味にやさしい甘みがおいしい。アメリカ的なる甘さ爆裂のフラペチーノとは違ったやさしが、日本の夏にありがたい。
    最初は不思議とそれほど冷たく感じない。ポッテリしていて喉に少しずつしかやってこないからなんでしょう。ちょっと溶け始めた頃が危険で、ズルンと飛び込み頭をキーンっと鳴らしてズキンとさせる。ミルクレープでなだめます。

    韓国から友人がきて、日本の人が「鮭」をどうやって食べているのか体験してみたいという。こりゃこまったぞと、ちょっと思案で「ユック」を選んだ。



    北海道料理の専門店で、個室があってサービスもしっかりしている。それでココ。
    考えてみれば、鮭というのは日本料理の世界にあって、ちょっと異端で専門料理のお店がほとんどないのが現状。
    脂臭くて日本料理にそぐわないからかもしれません。
    回転寿司や洋食の店にいけばサーモンがあふれているのに、日本料理で…、と言われるとちょっと困ったこういうお店。まず、季節の素材をキレイによそおった前菜料理が用意され、それで次々北海の幸。



    鮭のトロミや炙りが入った刺身の盛り合わせに、鮭のハラスを焼いたのが出てきたんだけど、日本における鮭の流通や、加工の現状を説明しながら食べてたら、写真を撮るのを忘れてしまった(笑)。
    やっぱり日本料理の素材としては、主張が過ぎてただ焼いただけなのに洋風料理のように感じるオモシロさ。
    タラバの足を湯通しし、表面チリリとさせたのをキリッと冷やした刺身にイクラ。北の素材の強い旨みと力強い食感にウットリしながら、お酒が進む。



    そして今日のメインディッシュのちゃんちゃん焼き。
    蓋付きの陶板の上に軽く炒めたキャベツと玉ねぎ。鮭の切り身と味噌。そこにチーズとスイートコーンをたっぷり散らして、蓋して蒸し焼き。
    「韓国の方はチーズをのせるとよろこばれますので」とお店の人の粋な気遣い。北海道の料理を食べたいと、やってこられるお客様が徐々に増えているんですって。
    テレビドラマの「北の国から」以来、韓国の人にとっての憧れの場所のひとつでもある北海道。オモシロイなぁ…、って思ったりする。



    ちなみにこの料理。韓国の友人たちもかなりご満悦。
    熱を通して蓋をあけた途端、チゲ鍋みたいな…、と歓声があがったほどでござりました。
    〆に茶そばをズルリとたぐり、日本酒であったまったお腹をやさしくなだめてニッコリ。じゃぁ、ビールでも飲みに行きますか…、と、近所のパブに移動した。


    関連ランキング:郷土料理(その他) | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    メグミノスシ HOME ひさしぶりなり、キッチンたかで肉喰らう
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]