忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを渋谷で…、野暮用ついでにヒカリエに来た。



    いやはや、スゴイ混雑でどこも長蛇の行列。来てみたかったのは「恵み」っていう回転寿司のお店がちょうど、お客様が入れ替わるタイミング。
    ちょうど朝から寿司が食べたく、それで少々、並んで入って食べる。
    カウンターとテーブル席に分かれていて、カウンターの前にはベルト。テーブル席にはタッチパネルのオーダー端末。それでたのむと新幹線が寿司を運んでくるというシステムで、このカウンター。ベルトさえなければ普通のたちの寿司屋のようでとても上等。背筋が伸びる。



    ランチセットや本日のメニューが豊富で、それらを乗せたメニューブックはまるでレストラン。そこから選んで、オーダー伝票に書いてお店の人に手渡し作ってもらう。できた料理は直接、職人さんが手渡すというこれもレストランと回転寿司のハイブリッド版。
    寿司以外の料理も充実してて、例えばコレ。
    帆立をたっぷりくわえたクリームコロッケは、サクッと歯切れてトロリと口をクリーミーにする、寿司にはない食感、味わいでウットリさせる。



    3貫盛り合わせという商品が充実しているのも特徴で、一人客への対応をしっかりしているというコトですか。
    いろんなモノをあれやこれや食べられるのもアリガタイ。
    しかもそれぞれ、3貫盛りにはテーマがあって特に「北海盛り」というのが今のイチオシのよう。ボタンエビにズワイガニ、それに生ダコとどれもが甘くて、ネットリとした食感ゆたかでたくましい。
    北の食材を軍艦にしたという盛り合わせ。ウニにイクラの醤油漬け、カニのほぐし身と味噌を一緒にのっけたものと、どれも味わいゆたかで旨い。



    もともとマグロの卸問屋がはじめたブランド。
    だからマグロに力がはいる。3貫盛りが多彩に用意されていて、炙りモノやら赤身だけのとか、どれを食べようか迷うほど。
    上3貫盛りっていうのをたのむと、赤身に中トロ、それから大トロ。同じマグロでありながら場所によってこれほど味や食感が、違うものかとたのしくなっちゃう。
    脂の甘みとヒヤッと唇、濡らして温度をさげてくトロに、酸味がおいしい赤身とそれぞれ、両極端な味をたのしみ、その真中の中トロのサックリ歯切れて、なのにとろける変幻自在にウットリします。オゴチソウ。



    焼いた穴子。一本穴子という、最近、上等な回転寿司のお店に行くと遭遇する機会が増えた上ネタで、ふっくら煮込んでしゃりを少々。
    オモシロイのがこの店。醤油の他に甘いツメ醤油をお客様側においてあり、自由にそれを使って食べることが出来るようになっている。
    そういえば、山梨県だったかなぁ…、マグロや他のネタにも甘いツメを塗って食べる習慣があるそうで、たしかにマグロの赤身の漬けがおいしいのは、少々甘めの味付けが酸味をいかしておいしくさせる。これもたのしい工夫かなぁ…、と思いもします。オモシロイ。



    シャリそのものがスッキリとした味わいで、ネタのおいしさも手伝って食が進んで次々たのむ。
    脂ののったカンパチもおいしかったけど、中でも貝が本当においしい。
    分厚い帆立のネットリ、奥歯をからめとるようななめらかさ。旨みも十分で海の力を堪能できる。サザエを刻んで軍艦にしたものはコリコリ。炙ったはまぐり、クニュクニュ、口の中で戯れ踊るような赤貝のみずみずしさにもうウットリ。
    ただ一番のゴチソウは分厚いつぶ貝。
    ゴリッと歯切れて、噛んでるうちにどんどんトロミがやってくる。甘みと軽い渋みをたのしみ、あぁ、シアワセと30分で席をたつ。


    関連ランキング:回転寿司 | 渋谷駅神泉駅表参道駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今日の一日 HOME
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]