忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    博多に着いて今日はうどんを食べる1日。



    まずは牧のうどんの本店目指す。福岡市内に何軒もお店があって、何度も行ってはいるのだけれど本店にはまだ行ったことがなくってそれで。
    車で飛行場から小一時間ほど走った畑の真ん中に大きな看板が立っていて、そこが麺の仕込み工場。
    ボクらがついた時間がちょうど、この本店の開店直後。それを目指して次々、配送トラックが駐車場へと飛び込んでくる。



    どうしたことかとお店の裏をみるとそこには出汁工場があるではないの。麺工場でできた麺に、ここでできたスープを積んで支店に配送するのでしょうネ。
    つまりココは出来立ての麺とスープをそのまま食べることができる場所なんですネ。
    もうそれだけで気持ちがあがる。

    ダダダダダダダと、麺を打ち切る音がして、座敷に座ってぼんやり待つと目当てのうどんがやってくる。



    ゴボ天うどんに丸天うどん。朝の時間は中硬、硬しかないですから…、って硬麺。
    角が立ってて芯の部分がまだ生っぽい。ムチムチしていてすいとんを食べてるみたいな食感で、それが徐々に熱が入ってトロンとしてくる。熱と一緒に出汁を吸い込み、どんどんおいしくなっていく。



    それにしてもスープがうまい。
    実はお店入った直後に、社長らしき人がやってきて、出汁を一口。「これでオッケー」と行ってお店を出てった。
    そのオッケーは見事なオッケー。
    どっしりとした旨みに風味。それを塩がキリッと輪郭あざやかにして、口に中を思う存分、満たしてくれる。



    チェーンの中でこの店でしか提供されない鴨うどん。鴨の脂が出汁に移ってどっしりとした味わい、強烈。その鴨の香りや味に負けぬ出汁や麺のどっしりした味わいに、したたか感服。
    地元の人が何気にたのんだワカメうどんの、どっさりワカメの乗ったとこ。しかもワカメの味が出汁に移って、まるで違った風味のうどんになってくところにまたまた感動。ビックリします。



    ヤカンに入った出汁を麺の上に注いで、どんどん膨れるうどんをお腹に収めつつ、うどんのお供の定番料理。
    かしわご飯も出汁と一緒にお腹に収める。
    お店を出る前、お土産にと置かれた昆布の分厚く上質なことになるほど、なるほど。昆布の旨みにが出汁の深みになってるんだろう。
    1時間をかけてきたのも納得の、見事でござった。オキニイリ。


    関連ランキング:うどん | 加布里駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    因幡・ウエスト・ロイヤルガーデン HOME 成田第三ターミナル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]