忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    自宅の近所のホテルで朝。
    バフェにする。

    ea8768cc.jpegホテルの朝のバフェに来るたび、昨日はどんなお客様が泊まってたのかなぁ…、って思う。
    稼働率はどうだったんだろう?
    国内のビジネスマンがおおいのかなぁ…。
    それとも海外からの旅行客が多いんだろうか?…、って考えながらバフェのラインを眺めると、いろんなイマジネーションが膨らんでくる。

    ベーコンが日本人好みにシットリのとこはたしかに朝からスーツ姿のビジネスマンが目立ってたりする。
    そうじゃなくて、カリカリのクリスピーに焼きあがってるところに出会うと、ああ、ここは欧米系の人がおおいのかなぁ…、って。
    東三河のとあるホテルでは朝のソーセージのバリエーションが充実してて、聞けばドイツ系の自動車会社の営業支社がその街にあるからなんだ…、って言われて妙に納得したり。
    その土地、その土地の地方性も垣間見られる。
    けれど、そこに泊まりがちな人の嗜好が反映された、そのさまざまがたのしかったりするのであります。
    さて、ここは?

    e561051a.jpeg日本のビジネスマンがやっぱり多い?
    ご飯におかゆ、お味噌汁。
    梅干、漬物、佃煮、納豆とおかずそのものよりも「ご飯のあて」が充実してる。
    二日酔いの翌日の朝にききそうなものがたくさんそろっているのが、なんだかたのしい。
    カッチリとした木綿豆腐の冷奴。
    ご飯に梅干でおなかを作る。
    それにしても白い被写体ばかりだと、写真を撮るのに難儀する。

    とはいえご飯コーナー以外のところを見れば結構、海外からのお客様が多いのかなぁ…、っても思いもします。
    手掛かりは。
    玉子料理の種類が豊富なところ。
    ベーコンもちょっとカリカリ目の焼き上がり。
    パンの種類も盛りだくさんで、バゲット使ったフレンチトーストが焼けてたりする。
    コーンフレークスやミューズリなんかのシリアルもちゃんと揃ってて、日本のホテルというよりも、日系ホテルの海外支店の朝のバフェ…、みたいな感じがおもしろい。
    国際線中心のエアラインを親会社にもつホテルだからかなぁ…、なんて思いながら、トーストを焼く。

    そういえば最近、この街の歩道をゴロゴロ、大きなスーツケースを転がす外国人の姿を結構、見ます。
    彼らが飲み込まれていく先がココだったんだ、って思うとたのしい。
    おもしろい。

    0814632e.jpegこんがり焼けた分厚い食パン。
    ここのベーカリーで焼いてるんでしょうか…、分厚い癖してギッシリ生地の目が詰まってて、甘み控えめ。
    小麦の旨みと香りがします。
    焼け焦げてしまう寸前にまで両面焼いて、バターをのっけて耳だけはずして中のふんわり部分だけ、食べる。
    大人喰い…。
    許してください。
    ごめんなちゃい。

    バフェラインにパンフレットと一緒に並んでたこれ。

    5f0a8cfe.jpegカゴメの「やさいしぼり」というパッケージジュース。

    タレントのYOUさんがテレビコマーシャルで一口のんで、あれって顔する、どんな具合に「あれっ」なんだろうって気になっていた。
    なかなか飲む機会がなくってはじめて、今朝、飲んだ。

    なるほど「あれっ」でありますね。
    野菜の青臭さがまるでない。
    甘くてトロンとなめらかで、フルーツジュースのような飲み口。
    けれど舌の上にしばらく留め置き、ユックリ目を閉じ味わうと、パプリカだったりトマトだったり。
    それもそれぞれ完熟のベストな状態の野菜の風味が展開してく。
    今まで飲んでた野菜ジュースが、サラダ野菜だとすれば、これはグリルして甘みと風味を引き出した温野菜のよな味がする。
    ゴクゴク飲むのがもったいない。
    そんな上等。
    朝!になる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    最近、出張に良くいく大阪に、朝ごはんがとっても美味しい
    ビジネスホテルができまして、はまっております。
    ホテルユニゾというのですが、和食系のビュッフェで美味しいのです。
    おかず関係も丁寧に作られたもので充実しているのですが、それ以上に
    ご飯が白いご飯と「高知産新生姜の炊き込みご飯」の2種類あったり、
    お豆腐にかけるポン酢がゆずの香りの高い、ちょっといいものだったり、
    お漬物がありきたりなものでなくて、ゆず大根やちゃんとしたしば漬け
    だったり、、、ツボを押さえていて、グッときます。

    今までは出張の朝はご当地のパン屋さんでアレコレ買ったりするのも
    楽しみで、朝食ナシプランにしたりしていたのですが、
    しばらくはあのホテルで朝食つきだな~!と今月も宿泊予定です。
    tonamiさん / 2009/06/03(Wed) /
    苦手・・・。
    野菜ジュースってどうも苦手です・・・。特にトマト系が。トマトそのものはOKなんですけどね。「やさいしぼり」のサイトを見ても、「ジュースの味が甘くてトマトの後味が残るのが好きじゃない」と言った意見があったりしますね。まだ飲んだ事はないですが、果たして「おいしい!」と感じられるのかな?
    りりこさん / 2009/06/03(Wed) /
    ホテルユニゾ
    > toamiさん
    和食のビュッフェっていうのが、なかなか興味深いところ。
    ホームページをチェックしてみましたら、新橋、神田、浅草と東京にもあるホテルなんですね。
    ただ東京のホテルたちの朝ごはんはあまり期待できなそう。
    次の大阪出張で狙ってみようか…、と思っております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/03(Wed) /
    トマトって奴
    > りりこさん
    ボクも本来、トマトは苦手なんです。
    特に生。
    ソースになったりジュースになったりすると食べられるので、多分、正体不明の食感が駄目なんだろうと自己分析。
    たしかにこのジュース。
    トマトが苦手だとかなり厄介な代物でしょう。
    好きな人にとってのLOVEは、嫌いな人にとっての苦手ですものね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/03(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    肉の昼 HOME ウドントモスラ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]