忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を家で料理をつくる…、まずはサラダを。



    レタスをバサバサ、ざく切りにして小さなトマトと一緒にボウルに入れる。
    朝のホットドッグに使ったソーセージを輪切りにし、切った断面がカリカリになるまでオリーブオイルで焼き上げる。
    そしたらそれを油ごとジャジャっと野菜を入れたボウルにうつし、サウザンアイランドドレッシングをかけまわし、手でザクザクと混ぜ合わす。
    お皿に移して茹でたアスパラガスを散らして出来上がり。焼けたソーセージのカリカリとした食感がレタスにトマトの食感ひきたてる。

    それからカレー。



    玉ねぎたっぷりをニンニクと一緒に炒めて、そこに牛肉。和牛のばら肉をそれこそどっさり。よぉく炒めて、ブイヨンスープでコトコト煮込み、あくをとる。
    カレー粉を入れ、クツクツトロミがでるまであっためて、最後にスパイス。
    ご飯の上に薄く伸ばした仔牛の肉を揚げたカツレツをのっけてタラリとカレーをかけてハフっと食べる。
    見た目がまるでハヤシライスのように見えるほどの肉たっぷりで、堂々としたメインディッシュの資格十分、オゴチソウ。



    ちなみにカレーの最後にパラリと振ったスパイスは、ほぼ日さんからもらったコレで、ピンクペパーが色鮮やかでしかも香りがとても華やか。
    こうしてカレーにくわえてやるのもいいけれど、これをスープや炒め物にちょっとくわえるとオモシロイんじゃないかと思った。
    おいしい料理のほとんどの部分を香りや風味が作っているんだろうと、フレーバーの大切なコトをあらため実感…、アリガタイ。



    今日も土鍋でご飯を炊いて、カレーに合わせてパラパラご飯にしてやろうといつも以上の強火で作った。
    それでおこげがたくさんできて、そうだ、おこげスープを作って〆にしようと土鍋の中にお水を入れる。そして弱火でコトコト煮込み、木べらでこそげてスープにしていく。かまぼこ刻んでパラリと入れて、味は塩だけ。
    なのにお米の旨味や甘み、おこげの香りで十分おいしいスープになった。
    今日はいささか寒い夜…、風邪引かぬよう注意しましょう。養生す。

    ところでこれ。
    ディズニー映画のキャラクターのモノマネをしながら、「アナと雪の女王」の主題歌、Let it Goを歌うおじさん…、なのかおにぃさんなのかの動画でござんす。



    果たしてそれぞれが似ているのかどうかは不明なところも多々あるけれど、たのしそうでオモシロイ。
    画面右下のワイプに入る真似をしているキャラクターのイメージ画像に、顔が不思議と似てくるところが、これ一番の見所でしょう。
    それにしてもこういうスタジオが簡単に、使えるならばボクも歌ってみたい歌がたくさんあるのであります。うらやまし(笑)。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スマッシュヒット HOME 春のそば
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]