忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    地下鉄を淡路町で降り、「あけびの実」に来る。

    akbnomi.jpg今、ボクの中では一番のハイコストパフォーマンスバフェの店。

    ホテル聚落って昔からある古くさいツアー客目当てのホテルが改装。
    部屋もモダンなデザインホテル風になり、ホテルジュラクって名前も漢字からカタカナになる、その改装の一番成功した部分が多分この店。
    バフェレストラン。

    ホテルの中。
    だから朝から晩まで営業してる。
    しち面倒くさい自然派じゃなく、ましてや哲学的なオーガニック流でもない、とてもおおらかな料理スタイル。
    なるべく出来立て。
    中には目の前で料理を作ってくれるコーナーもあり、料理だけじゃなくサービスもよい。
    大きすぎないお店もいいし、ユッタリとしたテーブル配置も落ち着ける。
    中でも朝ののんびりとした雰囲気は極上クラスであります。
    オキニイリ。

    目についたものをお皿に盛ります。

    455fc359.jpegここの食材は逞しそうに見えるものがとても多い。
    例えばベーコン。
    分厚く切ったショルダーベーコンの、よく見れば厚さが不揃い。
    塊のままのをここで削ぎきって、それで焼いているのでしょう。
    脂がジュワッと噛むと口をすずしくさせる、脂ののった豚のグリルを食べているよう。
    玉子の黄色も強くて濃厚。
    バターをたっぷり練り込みながら、ツヤツヤ仕上げたスクランブルエッグ。
    朝の体のエネルギー。

    キュウリをサイドにどっさりのせます。
    いろんなキュウリがおかれてて、大きく斜めにぶったぎられた生のきゅうりや、サラダ用のスライスキュウリ。
    あるいは糠漬けキュウリ等など全部で5種類。
    どれもおいしくみずみずしくて、けれど切り方違いで味の印象、歯応えがまるで違って面白い。

    f6a545e7.jpegすごく立派な梅干しめっけて、それを五穀米にのっけて食べる。
    見た目酸っぱく、匂いがこれまた酸っぱくて、それ眺めつつ口一杯によだれを溜める。
    ご飯に梅干しの色が移って桜色になる、そこだけほじって口に奥。
    ほんのり酸っぱい。
    紫蘇の風味と梅の酸味がお米の甘味を引き立てる。
    身はシットリで、かなりジューシー。
    まだ若々しい梅の実の名残りを感じるみずみずしさが、たのしい朝の潤いになる。

    イリコの風味がかなり力強い田舎風の汁。
    味噌は白味噌、具はジャガイモと、ボクの好みの味噌汁タップリ。
    うどんを見つける。
    ホテルのバフェの定番みたいになりましたよね…、うどんやおそば。
    朝の寝ぼけた喉にこうしたスベスベとした麺。
    やさしくたのしく、食欲なくともズルズルすすれるありがたい一品なのでありましょう。
    七味をタップリふりかけて、大人味にして目を覚ます。

    akb.jpg間もなくバフェがクローズします…、ってお店の人がやってくる。
    実はやってきたのがちと遅く、だから徐々にバフェカウンターの上の料理のいくつかが品切れ状態。
    昔のバフェの常識は、お客様がいなくなる寸前まで料理がタップリ用意されてることがいいこと…、だったのだけど、「勿体ない」と思うことが恥ずかしくはない今の時代。
    ユックリ少なくなっていく料理をみても、さみしくはない。
    しょうがないなぁ…、と思うだけ。
    無くなった料理って一体、どんなのだろう…、って、ぼんやり商品説明札を眺めて回る。
    もずく酢、今日の焼き魚。
    それに「唐揚げ」っていう札みつけて、あぁ、しまった、残念なりぃ…、ってかなり後悔。
    ここの唐揚げは天下一品、ボク好み。
    空っぽのお皿の上にちょっと散らかる揚げ衣の跡をぼんやり見てた。
    かなり呆然としてみえたんでしょう…、お店の人が近づいて来て、何個かお揚げしましょうか?って。

    e22d8475.jpeg好意に甘えて三個だけ。
    揚げてもらって、キュウリとご飯。
    そこにタップリ、スクランブルエッグを乗っけてケチャップたらり。
    朝のお子様ランチみたいにして、食べる。
    ガッシリとした大きめの鶏の切り身に、生姜醤油の風味がしみて表面サクサク。
    さすが揚げたて、一口噛むとポワっと湯気がやってくる。
    中はシットリ。
    朝からわがまま聞いてもらって、ご馳走ありつく、ご満悦。

    それにしてもここの近所の淡路町。
    大規模な再開発が決まったようで、町中、工事囲いに包まれている。
    囲いの上に貼られたビルの完成図。
    40階を超える立派な超高層のビルが出来るんだと言う。
    昭和の風情がいまだに残る、この界隈もやがてすっかり平成になる。
    それも現実、未来なり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    唐揚げうどんにカッフェの抹茶 HOME フロスティーに折り詰めの鮨
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]