忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    有楽町駅前の高架下。
    JRの身内だからこその好ロケーションに出店している回転寿司。
    駅の中やら周りやらに続々、出店している「うず潮」ってチェーン店のココがなんと、回転朝食をはじめてた。

    kaitenchoshoku.jpg東京駅構内にある系列店がずっと前からやっていた。
    出張前のまるで時間のないときなんかに、重宝してた。
    結構人気もあるようで、たまにウェイティングの行列ができていたりもするちょっと話題のコンセプト。
    お店の外のポスターみると、11月1日から朝食時間の営業はじめた…、って書いてある。
    同じ家賃を払うなら、ちょっとでも営業時間を延ばして売り上げ増やしましょう。
    …、っていうのがチェーンストアの原理原則。
    その際、人件費が余分にかかるということは棚上げしちゃう。
    それが企業経営の残酷なとこ。
    まぁ、しょうがない。

    お店に入ると、20席ほどの小さなお店。
    驚くほどに短いベルトが健気にまわるまるで回転寿司屋のミニチュアみたいなかわいらしさに、思わずニッコリ。
    朝ということもあるのでしょう。
    ベルトの中もレジの前にも女性が立ってる。
    やわらかい。

    111e6aa7.jpeg座るとご飯と味噌汁と海苔がまずはやってきて、あとは3皿。
    ベルトの上を流れてくるおかずの中から好みを選んで500円。
    東京駅のお店とおんなじシステム。
    料理はほどほど。
    クルクル廻る20種類ほどの料理の中から選んだ、鮭の塩焼き、ぶり大根に冷奴。
    悪くはない。
    びっくりしたのがぶり大根に手を伸ばしたら、レジにたってた人がそっと近づいてきて、温めましょうか?って聞いてくる。
    小さいお店ならではの、こうした気遣い。
    食べ手としてはとてもうれしい。
    電子レンジでチンしてホカッと湯気立てる大根、口に含むとクチャっとぶりの旨みをたたえた出汁が口一杯に広がっていく。
    結構、いける。
    ところでこの店、場所が目立たず苦戦してる…、ように思える。
    回転朝食ってお客様がどんどん回転しなくちゃ儲からない。
    限りなく出来立てのおいしい料理を回すためには、お客様が多く集まる場所じゃなきゃ駄目。
    けれど、ここだと料理を廻せどお客様が回ってこない。
    ちとかわいそうかなぁ…、ってそんなことを思ったりした。

    537bcf1e.jpeg電車を乗り換え千石につき、ビーズコーヒーでコーヒーを買う。
    今朝は思いのほか暖かかった。
    それにちょっと喉に潤いが欲しくって、それで冷たいコーヒーにする。
    冷たいクセして香りが豊か。
    深くてとても芳醇で、ゴクゴク飲むのが勿体ないほど。
    空気と一緒に一口、含む。
    ユックリ舌の上ころがしつつ、冷たい香りをまずは味わい、ゴクンと飲んでお腹の中から香りが戻ってくるのをたのしむ。
    そして再び一口啜り、今度はジックリ。
    口の温度にコーヒーが馴染んでくるのを待って味わう。
    香りの変化。
    舌のいろんなところに残ってしがみつく、渋味や苦みや甘味を感じる。
    ちょうどワインをたのしむような、そんなそんな気持ちで味わうと水筒一杯のコーヒーで、丸半日が上等になる。
    さてさて、仕事とまいりましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うず潮が
    回転朝食とは(笑)。
    何品選ぶというのが社食っぽいなと思いつつ、
    棚じゃなくて回ってるというだけでおかしみがありますね。
    相方は子供の頃回転寿司(だけでなく外食全般)に連れて行って
    もらえず、勤め始めてから回転寿司デビューしたのが
    ここのうず潮なんだそうです。
    あーたさん / 2009/12/09(Wed) /
    品川店は
    > あーたさん
    うず潮の回転朝食には二つの流儀があって、たとえば品川のお店だと、50円皿とか100円皿とかっておかずがベルトを流れてくる。
    それを好きなだけとって後会計ってやり方なんだそうなんです。
    おもしろい。
    回転寿司システムって、本当はいろんな応用の仕方があるんだろうなぁ…、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/09(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    九龍酒楼(北千住にて雲呑喰らう昼のコト) HOME ビーフン東で〆の〆
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]