忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    北千住のオキニイリレストラン、「九龍酒楼」

    kowloon.jpg数ヶ月前にメニューが変わり、料理の味も安定した…、ということでずっと来たくてしょうがなかった。
    近所に用事がちょっとあり、それで顔を出すことにした。
    駅前というにはちと遠い。
    商店街のちょっと外れに立地する、隠れ家感が結構強い小さなお店。
    大衆的なお店がならぶ通りにあって、ちょっと入りづらいかなぁ…、ってちょっと第一印象は堅いけれども一歩入るととても気軽でたのしい雰囲気。
    おいしいお店が沢山揃う香港の、中でもとても大衆的でけれど気概ある地元の人に愛されているお店が多い「カオルン地区」をテーマに作ったお店であります。
    お酒も飲める。
    仲間とワイワイ、たのしく過ごせる。
    けれど同時に一人でフラっと訪れて、ラーメンずるずるたぐってお腹いっぱい。
    そんな気軽な使い方もしてほしいよね…、とココでは麺に力を入れてる。
    今日は麺の試食をしましょ…、とそれであれこれ。

    ここ一番の売り物商品、エビワンタン麺。

    13d81a77.jpeg塩味スープ。
    驚くほどに透き通ってて、上にきれいな油がキラキラ浮かんでなければお湯かもしれない…、って思ってしまうほどの透明スープ。
    けれどフワッと漂って鼻をくすぐる香りはドッシリ、おいしい匂い。
    鶏のスープ。
    塩の旨味にネギの風味を移した油の香り鮮やか。
    細く縮れた玉子麺。
    固めに茹でてそっと沈めて、そこにポッテリ、太ったワンタンが浮かんでる。
    薄い皮でやさしく包まれ、淡いピンクが透けてみとれるエビのすり身がタップリの、フルフルプリプリ。
    雲を呑むと書いて雲呑。
    まさに空を流れる雲をレンゲにすくいとり口に運んで弄ぶよなそんな食感。
    こりゃ、ご馳走です。
    ラーメンじゃない。
    中国料理のお店のごちそう麺で、ガツンと舌を蹂躙するような味じゃない。
    とてもやさしく上品で、キレイな旨味がササっと広がる上等な麺。
    ワザワザ食べに来たくなるよないい料理。

    9cbaa060.jpeg体をほっこりあっためる季節の麺も作ったんです、と「サンラータン麺」をごちそうになる。
    タプンとトロミを持ったスープにタップリ茸。
    ワンタン麺より、固めに仕上げた麺を沈めて、ラー油を注ぐ。
    ケホケホ、お酢でむせぬようにとおそるおそるすすり上げると、おやおや、まぁまぁ。
    酸っぱさよりも甘味が強い。
    お酢を結構いれてはいるけど、シッカリ熱を通して仕上げる。
    だから喉や鼻を尖った酸味がいたぶるようなコトにはならない。
    むしろスープの旨味と甘味が際立つ、まろやかにしてふくよかな味になってくれてる。
    こりゃおもしろいねぇ…、とズルズルハフハフ食べ続けると、徐々に酸味があとから襲う。
    それに胡椒の風味と辛味。
    舌にはまるで辛くない。
    けれどどんどん体がポカポカ、中からどんどん温かくなる。
    食べ続けるとグイグイ美味しさ募ってくるのが、なんともたのしい。
    おもしろい。

    54c308f0.jpeg麺と一緒に食べておいしい料理をいくつか。
    例えば焼売。
    豚ひき肉とエビのすり身を合わせてギッシリ、皮でくるんで蒸し上げたもの。
    噛むとプチュンと前歯にはじける。
    皮の存在を瞬時に忘れて、口の中がひき肉、すり身の存在感で一杯になる。
    ブルブル、プリプリ。
    かなり逞しい歯ごたえで、旨味がジュワッとほとばしり出る。
    他にも小龍包を試食して、どちらも旨味がシッカリ活きた正直な味。
    黒酢の風味と合わせて食べてると、いくらだって食べられる。
    危険なおいしさ。
    食べ過ぎのことをまるで心配せずにすむなら、こんな危険はvery welcome。

    2a7d35f3.jpegそれから揚げ物。
    鶏の手羽先、それから手羽元。
    中華スパイスをきかせたタレに漬け込んで、バリっと揚げる。
    そこに旨味と香りをタップリ吸わせたパン粉を煎ってカラカラにして薬味がわりにパラっと添わせる。
    火の入り具合が抜群で、身はシットリ。
    皮はパリパリ、まるで煎餅。
    スパイス風味が行き過ぎてなく食べ易いクセして、なぜだか印象的な味。
    本格的に作るコトって、案外簡単。
    けれど、地域の普通のお客様に食べてもらってそれで美味しいと褒めてもらえる料理にするのはかなりむつかしい。
    試行錯誤でやっとそうした、地元に根ざしたおいしい料理になったねぇ…、って。
    みんなでニッコリ、うれしくなった。

    本格的な冬に向け、来週からは火鍋がはじまる。
    またこなくっちゃ…、ってそう思う。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    サンラータン麺
    こんにちわ。
    おいしそうですね!!
    とろみ…麺と絡み合っておいしそう><
    寒い、この季節…味のこってりしたものやとろんとしたもの。そして辛いものなどなどやたら食べたくなりますね。
    えびワンタン麺もサンラータン麺も湯気まで伝わってきてます(*^^*)
    fmittyさん / 2009/12/09(Wed) /
    今年の冬
    > fmittyさん
    今年の冬のテーマは「とろみ」。
    そんな感じがなんだかしてます。
    温度が持続する上に、体の隅々にまで潤いが行き渡るような食べ物。
    おいしいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/09(Wed) /
    香港
    海老ワンタン麺、蒸篭に入った焼売、鶏の揚げ物・・・
    時々むしょうに返還以来行っていない香港に、
    そして日本でもいいから飲茶のお店に行きたい!って思います。
    サンラータン麺もおいしそうですね!
    お酢でむせ返る、分かります(笑)
    あーたさん / 2009/12/09(Wed) /
    香港で
    > あーたさん
    ボクが香港に行ってまず真っ先に食べるのがワンタンめん。
    エビの香りと鶏スープの匂い。
    それを体の中に入れると、帰って来たぞ!って感じがする。
    なつかしいです。
    長い間、ご無沙汰です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/09(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    はしごご飯にGoogleのコレ HOME 回転朝食、有楽町
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]