忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    神保町で朝から仕事。
    それでひさびさ、「おむすび茶屋」で朝にする。

    85be6170.jpeg「メダカのがっこう」っていう農業生産者のNPO法人が経営しているおむすび屋さん。
    生産者の顔が見える…、っていうお店が最近、増えては来たけど、生産者と完全に「直結」しているお店はこの東京には珍しい。
    駿河台下の路地に面して、朝早くから営業してる。

    田んぼを作ることからはじめる米作り。
    当たり前のことなんだけど、なかなかそれが難しい「農業の基本」を守って出来た素性正しいお米を使ったおむすび屋さんをするにあたって、東京という街の「田」のつく街を探してそれでここに出店。
    千代田区神田。
    千代続く「田」でもあり、神の「田」であり。
    なんともめでたい。
    水道橋にいたころは、ここでおむすびを食べてテクテク、一駅散歩でむかえる朝で体のリセット、ときおりしてた。
    場所が移ってここしばらくは、「おむす人」にておむすび買う人。
    おむす人の大きくできてて「頬張る」ことをたのしむおむすびもいいけれど、ご飯の粒のひとつひとつを「味わう」ようなここのおむすびもまた趣き深い、おごちそう。

    27d4d222.jpeg一本釣りの鰹をつかった鰹節。
    「一本釣りの」とわざわざ唄うところにひかれて食べてみる。
    昔、こだわりのうどん屋さんが出汁をひくのに一本釣りの鰹節指定で仕入れてた。
    地引き網でとられた鰹は、鰹同士がこすれたり網で傷がついてしまってそのストレスが体に酸味やエグミを蓄えてしまう。
    一本一本、釣り上げた物とはまるで別物の味なんですよ…、ってそう言う理由。
    なるほど同じようなことにこだわる人がいるんだって、ちょっと感心。
    一緒にシンプルの極みのおむすび、塩むすび。
    塩の旨味をたよりに、だからご飯の味がそのままドッシリ、口の中に広がってくる。

    それから味噌汁。
    これも豆からこだわった自家製味噌を使った手作り。
    出汁をあまり使わない。
    具材の野菜と味噌の旨味で味わうとても素朴な汁で、最初はちょっと物足りない。
    けれど一口、一口ごとにじんわり野菜の味が主張しはじめ、甘味がどんどん強くなる。
    しみじみ味わうありがたさ。
    ガツガツ食べて勢いづけるような料理じゃないけれど、お腹の底から力がジンワリ湧いてくる。
    やさしいごちそう、朝とした。

    打ち合わせ前の待ち合わせをかね、近所のスタバでお茶を飲む。

    steammilk.jpgやさしい朝のご飯に続いて、やさしい飲み物いただこう…、と。
    それでスティームミルクを飲んだ。
    ミルクをエスプレッソのスティーマーで温めただけ。
    泡が立ってる。
    だから普通のホットミルクにつきものの、膜が出来ない。
    乳脂肪の膜がネロンと唇に貼り付くかわりに、フンワリとしたミルクの泡が髭にフワッとつくのがたのしい飲み物。

    キャップをとると、モワンとお乳の匂いが鼻を撫で回す。
    ボクらの体を作ってくれるタンパク質のこの匂い。
    実は昔、好きじゃなかった。
    ロンパールームのお昼寝タイムのその前に、うつみみどり先生がみんな配って飲ませてくれるご褒美ドリンク。
    それがホットミルクで、それをゴクゴク、口の周りに白い髭をつけながら飲んでるみんながとても大人に思えた。
    今も一口目だけはちょっとウェってなるのだけれど、それを我慢できるとゴクゴク。
    やさしい力がお腹の中に流れ込むのを、たのしむことができるようになりました。
    大人になったネ…、って、自分を褒めてあげられる。
    そんなご馳走。
    お腹あったか、寒い朝。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    年賀状
    今日から受付を開始しましたね~。私はもう早々と投函済みです♪サカキさんは年賀状はパソコンで作成ですか?それとも…手書き?ちなみに私はどちらもしましたね~。
    りりこりあさん / 2009/12/15(Tue) /
    手書き派
    > りりこりあさん
    ボクは手書き派です。
    とはいえ、年賀状よりクリスマスカード派っていう、ちょっとへそ曲がりではありますが。
    それにしてもどんどん2010年が近づいてきますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    鰹節
    「地引き網」では無く「巻網」では?
    仕入は、たぶん知り合いの鰹節問屋さんだと思うので、ちょっと気になり書きました。
    余計なことだったら、すみません。
    ん?さん / 2009/12/15(Tue) /
    うる覚えでした…。
    > ん?さん
    もしかしたら「巻網」だったのかもしれません。
    もう30年近くも前の話しで、「網でとった鰹は身の一部がどうしても劣化してしまうので」というような話しであったように記憶します。
    ご指摘どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    恐れ入ります。
    サカキさま
    返信有難うございます。
    もし、機会があれば、おむすび茶屋を会場にした出汁とり教室にご参加ください。
    その味にきっと驚かれると思います。
    ん?→ん!さん / 2009/12/15(Tue) /
    出汁とり教室!
    > ん?→ん!さん
    コメント、本当に勉強になりました。
    感謝です。
    それにしてもこのお店での出汁とり教室。
    ステキすぎます。
    是非、参加したいなぁ、と思いました。
    重ね重ね、ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/16(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    グランでお昼、ムネイッパイ HOME スープ炒飯、慶楽の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]